CSS(スタイルシート)を読み込む

<head>部をスッキリさせるために、ページに書かれているCSSを外部に置き、それを読み込ませるようにします。「ファイル」→「新規」→「一般」→「基本ページ」→「CSS」を選択して「作成」をクリック。

新規CSSファイルが作成されました。「mystyle.css」(好みの名前を付けてください)で、「homepage」フォルダへ「新規保存」してください。そして、作成中のページの<head>部に書かれている<style type="text/css">〜</style>の「〜」(内容)の部分だけをコピーしてください。これを今作った「mystyle.css」にペーストし、上書き保存します。(CSSファイルの拡張子は「.css」)

再び、作成中のページに戻って、<style type="text/css">〜</style>迄、全て削除してください。それに変わって、<head>部内に<link href="mystyle.css" rel="stylesheet" type="text/css">と記入します。これで外部リンクが貼られました。

JavaScriptを読み込む

やり方は、CSSと同じです。「ファイル」→「新規」→「一般」→「基本ページ」→「JavaScript」を選択して「作成」をクリック。新規CSSファイルと同様に、「myjava.js」(好みの名前を付けてください)で、「homepage」フォルダへ「新規保存」してください。そして、作成中のページの<head>部に書かれている<script type="text/JavaScript">〜</script>の「〜」(内容)の部分だけをコピーしてください。これを今作った「myjava.js」にペーストし、上書き保存します。(javascriptファイルの拡張子は「.js」)

再び、作成中のページに戻って、<script type="text/JavaScript">〜</script>迄、全て削除してください。それに変わって、<head>部内に<script type="text/javascript" src="myjava.js"></script>>と記入します。これで、CSSと同様に、外部リンクが貼られました。

外部リンクを貼ると便利なこと

保存された「外部CSS」や「外部javascript」のファイルは、使い回しが出来ますので 、次のページを作成するときにも、<head>部にリンクを貼れば、使用可能になります。

共通の内容を持つページへは、全て利用できます。また、例えば、あるページだけ特別な「javascript」を使うときなどは、別名で、もう一つ「外部javascript」のファイルを作成し、<head>部に、<script type="javascript" src="nextjava.js"></script>(ファイル名は変わっている)と記入し、リンクを2つ貼ることも出来ます。