虫歯の発生

 虫歯の発生 プラークのPH

虫歯になるまで

 ミュータンス菌 ミュータンスと糖
  歯に付着した食べ残しにミュータンス菌が増殖すると砂糖を栄養分とし酸を排出します。
 プラークから酸 エナメル質溶解 
  プラークが長時間歯に付着していると酸により歯のエナメル質は溶け出しますこれが虫歯の原因ですこの段階では歯に痛みは感じません。初期であればブラッシングと唾液により再石灰化(虫歯の自然治癒)が期待できます
  C2
  さらに放置すると虫歯は象牙質に進行し痛みを感じる様になります
  この状態まで進行すると治療しなければ治癒しません
  歯科医院での治療が必要です。