はははの新聞 はははのニュース
第519号 2021.10.10
発行 関口歯科医院
はははのニュース

ビッグニュース

関口歯科医院が移転してから12年目を迎えました!。温もりの医療に向けてますます頑張っています。

2021年4月

◎医院・診療室に米国NASAが開発した空気清浄機ReSPR3001(レスパー3001)を設置しました。
 これはNASAの宇宙ステーション内でも採用されている空気清浄機です。一般的なフィルターを使用した空気清浄機はフィルター自体が菌やカビの温床になってしまう危険性があります。レスパーから発生する微粒子イオンは、室内にある椅子、机、ドアノブ、雑誌、窓ガラス、本だな、飾り物、など全ての、空気に触れている物体からウイルス・細菌・
有害粒子を分解除去するという画期的な清浄機です。
 安心して来院してください。

2020年9月 

◎医院・9年半勤務された歯科衛生士の岡田さんが退職し、歯科衛生士・井上ひとみさんが勤務しています。よろしく。

◎8月、24年間使用した私のお気に入りのユニット・SIRONA M-FをGC社のEOM REGALOFSSニ替えました。

2019年
◎院長・九月五日・「QOL向上に貢献できるパーシャルデンチャーを目指してー痛くない動かない義歯を実現するための問題解決方法ー」・東京歯科大学パーシャルデンチャー補綴学教授・山下秀一郎氏講演参加
◎田村・須貝・九月七日・横浜市歯科医師会永年勤続者表彰式・ローズホテル・田村和美・20年勤務 須貝 静・15年勤務

2018.1月、6月:院長が釜利谷中学校歯科校医30年間勤めたことに対して、横浜市教育委員会、横浜市歯科医師会より感謝状を頂きました。

2017年も5〜12月まで、日本大学歯科病院より研修医の先生が研修に来ました。

歯科の専門雑誌「日本歯科評論」という雑誌の2015年9月号に「歯科医は患者が何を求めているか知るべきだ」という関口歯科医院の取り組みを紹介しました。当医院で行っている患者満足度調査を中心に述べています。

また、2014年の「アポロニア」7月号には、はははの新聞の紹介が5ページに渡って、掲載されています。

2015年2月25日:院長が東京歯科保険医協会にて講演して来ました。「スタッフと患者さんの定着を目指して」。文京シビックの小ホールでしたが、当日はわざわざ八丈島から聴きに来られた先生もおられて感激でした。

2014.5月31日:院長が保険医協会新入会員懇談会にて講演しました。「地域密着型医院を目指して」
2013.10月13日:保団連医療研究集会にてランチョンセミナーにて院長が講演しました。「スタッフと患者さんの定着を目指して」
2013.11.3日:院長大学卒後(日大歯学部)45周年クラス会。ホテルオークラにて。2013年8月4日:箱根駅伝第10区を走ってきました。これで箱根駅伝の全10区217.9qを走りぬいたことになります。61歳で始めた箱根駅伝への挑戦も、70歳になってようやく終了しました。
関口似奈先生.日本顎咬合学会認定医に。
*関口歯科医院の院内新聞「はははの新聞」が 日本歯科新聞社主催の第3回広報コンクールで個人部門の「優秀賞」を受賞しました。
これは昭和53年からの25年300号という継続が評価されたものです。
院長が日本心療内科学会の「認定登録医」に認定されました。
* 歯科の診療においても心身医学の分野の知識を必要とする場合が沢山あります。
開業の歯科医師では、非常に珍しい認定登録医です。 
休日、祝祭日の急患の方は金沢区三師会休日急患診療所、(金沢区金沢町48)
Tel.782-8785へ。

ランニング写真
ホームへ戻る