::: Contents :::
Step1
買っちゃおうと思った理由
&おおまかな予算をたてる
Step2
物件の情報収集
Step3
現地(モデルルーム)見学
&資金計画
Step4
契約・重要事項説明会
Step5
オプション・インテリア販売会
Step6
入居説明会
Step7
引越準備
Step8
金消契約会 (ローン契約・登記)
Step9
建物内覧会
Step10
残金・諸費用振り込み
&住民票の移動
Step11
引き渡し
Step12
入居
&ローン実行・諸費用精算
Tax
不動産にかかる税金

番外編〜入居後〜
生命保険の見直し
アフターサービス
管理組合
年末調整&確定申告

固定資産&都市計画税
ローンの繰上返済

Link 
Guest Book - Closed -

 

Amazon.co.jp

+ げっとまいほ〜む +
 
http://www4.plala.or.jp/dax/myhome.htm

Step8 金消契約会(ローン契約) <2000年3月1日(水)10:00〜11:30>

  契約時にローン申込みをして審査が通ったあとの手続きで、借入金融機関とローンの貸借契約を行う。
  また、管理費等の振り込みについての説明なども同時に行ったが、まず最初に受け付けでチェックシート
  をもらい順番に手続きをしていく。

当日持参するもの

@実印(収入合算や共有者がいる場合は、実印をもって一緒に出席する必要がある)
Aローン引き落とし金融機関の通帳と印鑑
  
銀行・支店が指定されていて、もっていない場合は当日までに口座開設しておく。
  ↑もっていなかったので、インターネットのオンラインで口座開設しておきました。(便利!)
B金銭消費貸借契約書貼付収入印紙代 ¥20000
  当日、印紙は用意してあるのでお金のみもっていく。
C売買契約書(原本) ←もっていったけど、結局使わなかった。
D身分証明書(免許証・パスポート・健康保険証など)
E登記の持分設定書類(入居説明会の時に配られた物)
  単独名義か共有名義か(共有名義なら持分の比率)を記入し、署名・押印して提出
  委任状にも署名、持分を記入し、司法書士に提出。
(その他) 銀行の提携ローンを利用する場合は、印鑑証明書1通。

 

金消会手続き内容

受付 収入印紙を購入。
住宅金融公庫 1)融資承認通知・返済条件確認表の控えをもらい、借入金額・返済期間など
  内容を確認。
  *この際、ボーナス増額返済の月の変更などもできる。(6月と12月から7月と1月
  に変更して押印)
2)金銭消費貸借抵当権設定契約証書に収入印紙をはって署名・押印。
  *公庫ローンの借入れの担保。
3)団体信用生命保険の確認。
  *公庫を利用する場合、加入する保険。死亡したら全額返済してくれる。
4)火災保険手続き
  *公庫を利用する場合に加入。地震保険もセットで勧めるけどどっちでもいい
  みたいなのでパス!
5)第1回返済日と諸費用についての説明などを受ける。
司法書士 登記の持分設定書類を提出。 (*登記については下記の表参照

管理会社

管理費・修繕積立金・駐車場代の振込みについて、入居月日割分(3月)+翌月(4月)の請求書の配布。

各種保険

生命保険・家財保険などの説明(勧誘?)
これは、あらためて自分で見直し・検討しようと思っているので、資料のみもらってくる。

住宅ローンを組むと団体信用保険に加入するので、万一のときはローンの残額が返済され負担はなくなるので、その分現在加入している生命保険の死亡保障を減らして、その分入院した場合などの医療特約を厚くするか損保の所得保証保険に入ってカバーするのが良さそう。詳しくは「番外編」で紹介しているので参照してください。

 

マンションの登記について
マンションを購入すると、建物の専有部分(購入した部屋)、建物の共有部分(廊下やエレベータなど)、土地の持分について所有権を取得、登記の必要がある。
法律上、建物の専有部分の登記をすることにより、建物の共有部分、土地の持分について登記したことになるので、次のような登記を司法書士が管轄の法務局に申請する。
1)建物の表示登記 所在、家屋番号、種類構造、床面積、持分など不動産の物理的現況を登記。 ←建物完成後に登記申請
2)所有権保存登記 所有者の住所・氏名などを登記。これにより権利証ができあがる。
←建物引渡し後、登記申請。登記した日に自分名義に変わる。
3)抵当権設定登記 住宅金融公庫などローン借入の担保として抵当権を登記。
←建物引渡し後、住宅金融公庫の指定する日に登記。
引渡しが3/15なので、3月末〜4月上旬に行うとのこと。登記が終わり、登記内容を確認した後、約2ヶ月後(予定)に権利証・登記簿抄本が送付されてくる。抵当権設定登記は、完了後、司法書士事務所から公庫と手続きをした金融機関に直接届けられる。
<追記> 2002年10月、Saeki Familyさんよりご指摘がありました。
表示登記は土地家屋調査士、保存登記・抵当権設定登記は司法書士が行う」 とのことです。

もどる   トップページ   つぎ

©2000-2006 Copyright Yumi. All right reserved.