ふすま同窓会 本文へジャンプ
会長挨拶




 

         

      ご    挨    拶                                             

         ふすま同窓会会長 野村一芳

 会員の皆様には、お元気でお過ごしのことと思います。29年度は役員改選時期でしたが、昨年度に引き続き会長を務めさせていただくことになりました。新しい役員共々よろしくお願いします。
 昨年同窓会名簿を発刊いたしましたが、住所の把握できない方が増えております。行事に参加する会員も増えておりません。各支部活動が活発化することが、同窓会の発展に繋がります。各支部のご意見もいただきながら、会員相互の連携を深め親睦を図って参りたいと考えております。また、大学との交流連携が活発になって来ております。学部と連携し後輩学生の支援を通じて母校の発展に寄与してまいりたいと考えております。 
 さて、今年度から、母校山形大学は新しい学部体制になり、人文学部が人文社会科学部になりました。新人文社会科学部生については、人文学部生を引継ぐ形でふすま同窓会学生会員として入会することになりました。同窓会としても大変嬉しく、人文社会科学部・理学部の新入会員の皆さんを大いに歓迎いたします。
 また、山形高等学校創立から百年となる2020年まで後3年となりました。節目の記念祭になります。記念祭実行委員会を立上げ、実行委員長に人文2回卒の橋節さんをお願いしました。各支部の協力をえて、多くの会員の皆様に参加していただける記念祭をめざして、準備活動を進めてまいりますのでご支援ご協力の程お願いします。
 会員皆々様のご健勝を祈念しご挨拶とさせていただきます。




                  ( 人文学部 第1回 )