ダイエットを科学的に検証する産後ダイエット骨盤矯正

産後ダイエットによる簡単骨盤矯正へようこそ
TOPページにもどる

 産後ぶとりの原因
 
 産後の女性に訪れる様々な体の変化。抜け毛、白髪、顔のシミ、中でも一番変化するのが体の体型です。
 産後のおなかまわりや下半身の脂肪が、まさにそれです。
どうすればこの産後太りを解消できるのでしょう?

 妊娠・分娩により体に生じた変化が、妊娠前の状態に戻るまでの期間を「産褥(じょく)期」といいます。だいたい6〜8週間かかるといわれています。
 産じょく期は母体の回復を行う大切な期間ですので、体の回復は十分な状態ではありません。

 産後におこる体の変化

子宮の変化
 出産直前には胃のあたりまで膨張していた子宮も、出産後は急速に収縮しヘソの下まで縮みます。
妊娠していない子宮の内側の長さは通常なら7cm程ですが、妊娠末期の子宮底長は30〜35cmです。
分娩直後には、子宮は球状に固く収縮し、子宮底は20cm ほどあります。
その後、一週間ほどでヘソと恥骨の中間ほどの大きさになり、産後4〜6週くらいで元の大きさにもどります。

悪露(おろ)の変化
 産後におこる生理のような出血を「悪露」と呼びます。悪露は分娩時に産道、子宮、膣から生じた出血、胎児の卵膜や子宮内膜などが混ざったものです。
悪露は4〜8週間ほどで無くなります。しかし、異常な出血やにおい、痛みや発熱があるときは感染症のおそれがあるので医師に相談してください。 

骨盤底筋群の緩み・尿失禁
 出産後は骨盤底筋群が緩むため尿失禁を訴える女性が多いです。骨盤底筋群を鍛えるエクササイズで改善することができます。

体重の変化
 出産直後には胎児、胎盤、羊水分の6kg前後の体重が減少します。その後も体重は減少し、妊娠前の体重に近づいていきますが、胸やおなかまわりに脂肪がつくため妊娠前より見た目が太ったように見えてしまいます。

 産後太りの原因は?

食事の変化
 授乳期には授乳によって、摂取カロリーの多くは新生児に与えられます。
しかし授乳期が終わってもそのままの食事を続ければ、当然摂取カロリーがオーバーしてしまいます。

骨盤のゆがみと開き
 妊娠中はリラキシンという妊娠ホルモンが分泌されます。リラキシンは骨盤や全身のじん帯をゆるめる働きをします。
 このリラキシンの作用で開きやすくなった骨盤、骨盤周辺の筋肉、腹筋は、出産後もそのままの状態でほっておくと皮下脂肪を蓄えることで内臓を守ろうとする体の機能のため、余分な脂肪を蓄えてしまいます。
 現代の女性は家事の自動化や交通機関の発達で、昔ほど足腰を動かさなくてよくなりました。そのためリラキシンの作用が昔より強めに出てしまうことも原因の一つになっています。
 開いた状態の骨盤の中には胃や腸が落ち込み、下腹部が大きく出たり、お尻が大きくなります。
 妊娠前と体重は変わりませんが、体脂肪率が増える場合が多く見られます。

基礎代謝量の低下
 妊娠中あまり動かせなかった体は、運動不足になりがちで筋肉量も減少しています。その分、脂肪の割合が増え基礎代謝量が低下しています。つまりカロリーを消費しにくい、太りやすい体質に変化しているため注意が必要です。

腹筋のゆるみ
 妊娠中の長期間にわたり伸びた状態になっていた腹筋は、出産後すぐに元の状態にもどりません。本来、内臓を守る役目をしていた腹筋が、その機能を十分に果たせなくなるため、身体は皮下脂肪を蓄えることによって内臓を保護しようとします。
産後太りでおなかの周辺に脂肪がつきやすい原因の一つはこのためです。

 >> 次のページへ

 


 
 当サイトの記載する内容について 
  当サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、必ずしも記載されている内容が正しいことを保証するものではありません。
  ご了承いただきますよう、お願いします。
  また掲載している内容に関する著作権は(C)Kotsuban Diet Sango Dietが所有します。事前に許可なく内容を転載することを禁止します。