ダイエットを科学的に検証する産後ダイエット骨盤矯正

産後ダイエットによる簡単骨盤矯正へようこそ
TOPページにもどる

 骨盤の役割

 骨盤矯正・仙骨ダイエットについて
 
 骨盤がゆがむ・ズレる・傾く・開く
 仙骨ダイエット、骨盤矯正とは、骨盤の歪み(ゆがみ)をチェックし、骨盤がゆがむ原因をつきとめ、体操や器具を使用して骨盤の歪みを強制することです。

 骨盤が歪む(ゆがむ)ことで、便秘・下痢・肥満・下半身太り(ぶとり)・冷え性・生理痛・生理不順・腰痛・肩こり・不眠・O脚・肌荒れなど、さまざまな症状が発生します。

 骨盤の役割

 骨盤は、腸骨(ちょうこつ)・恥骨(ちこつ)・坐骨(ざこつ)・仙骨(せんこつ)の4つの骨の総称です。
 骨盤はまわりの筋肉によって支えられています。骨盤を支える筋肉の中でも最も重要なのは「大腰筋」と「腸骨筋」です。
 大腰筋は背骨と両足の付け根を結ぶ筋肉、腸骨筋は骨盤と足の付け根を結ぶ筋肉です。
 しかし、骨盤唯一の関節である「仙腸関節」は強い圧力にとても弱く、持続的な力が加わったり何かの拍子に強い力で押されたりすると、この結合部が開いたりゆがんだりしてしまうことがあります。
 骨盤は身体の中心にある骨で、腰椎だけでなくさまざまな骨と連動しています。
 骨盤は、人間の骨格のちょうど中心にあたり、上半身と両足をつなぐ結合部に位置します。複雑な骨が組み合わさって、S字形に湾曲した上半身の重さとバランスを支えながら、股関節と連動して足を前後左右に動かすという、人間骨格の「かなめ」としての役割を、骨盤は果たしているのです。

  さらに骨盤は、内臓や生殖器などを守る「容器」としての役割も持っています。この容器である骨盤がゆがめば、生理痛など代表的なトラブルの他に、内臓などの不調や腰痛、肩こり、肥満やO脚などのトラブルを引き起こします。
 仙腸関節が開いてしまうと、仙骨にかかる力のバランスがくずれます。このバランスのくずれをカバーしようとするために骨盤にゆがみが生じ、最終的にはこのゆがみが体全体へと広がって、さまざまなトラブルを起こす原因となるといわれています。

腰椎(ようつい)
 腰椎は、骨盤の上に5つ並んだ椎骨と椎間板のことで、身体を支え脊髄(神経)を保護する重要な役割をもっています。腰椎に負担がかかる姿勢を続けていると椎間板ヘルニアなどを発症する可能性が高まります。

寛骨(かんこつ)
 寛骨は、「腸骨・恥骨・坐骨」の3つの骨からなっています。

腸骨(ちょうこつ)
 腸骨は骨盤内の内臓や生殖器を守る役割があります。腸骨は1日の中で何度も開閉し、この開閉がうまくいかない場合に「肥満・便秘・不眠・生理痛」などの症状が出やすくなるといわれています。

恥骨(ちこつ)
 恥骨は陰部付近にある骨で、骨盤の中でもっとも前面にある骨です。

坐骨(ざこつ)
 坐骨は骨盤の下にあり、座ったときにイスの座板に触れる部分です。坐骨で座ることで理想的な姿勢が保たれます。

仙椎(仙骨)せんこつ
 仙椎(仙骨)せんこつは骨盤中央で腸骨と腰椎を繋ぐ逆三角形の形をした骨です。仙椎(仙骨)せんこつが何らかの原因によってズレることで、さまざまな症状を引き起こすといわれています。

上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)
 上前腸骨棘は骨盤のもっとも外側の骨のことで、骨盤が開き気味の人は通常よりも外に飛び出しています。


 骨盤の開閉について

 骨盤は呼吸に合わせて開いたり閉じたりします。また生活のリズムに合わせて、何度も開閉を繰り返しています。
 たとえばリラックスしているときや睡眠中は、骨盤が自然と開いた感じになります。趣味に熱中しているときや好きなことをしているときも開き気味になっています。
 その逆に、緊張しているときや集中しているときは、骨盤は閉じています。勉強に集中しているときや仕事に集中しているとき、ストレスを感じているときなども骨盤は閉じ気味になっています。

 腹筋力の低下などで常に骨盤が開き気味になると、肥満・冷え性・O脚・生理不順につながります。逆に常に閉じ気味の場合は、不眠・ストレスにつながります。
 また骨盤は一度にゆがまずに段階を踏んでゆがんでいきます。
 まず腸骨が段々と開いていきます。腸骨が開くと、腸骨と仙骨の結合部分が外れやすくなり、腸骨が仙骨の上にずり上がっていきます。
 仙骨の上に乗った腸骨は、徐々に上方向に移動していくため、このとき骨盤の左右の高さが違ったり、左右の足の長さが違ってきます。

 また、骨盤周りの筋肉が衰えて骨盤を支えきれないため、骨盤の角度・位置がずれていくゆがみもあります。
 筋肉が弱い人は、現時点で骨盤がゆがんでいなくても、将来ゆがむ可能性が高いといえます。

 >> 次のページへ

 


 
 当サイトの記載する内容について 
  当サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、必ずしも記載されている内容が正しいことを保証するものではありません。
  ご了承いただきますよう、お願いします。
  また掲載している内容に関する著作権は(C)Kotsuban Diet Sango Dietが所有します。事前に許可なく内容を転載することを禁止します。