ダイエットを科学的に検証する産後ダイエット骨盤矯正

産後ダイエットによる簡単骨盤矯正へようこそ
TOPページにもどる

 骨盤がゆがむ原因

 骨盤がゆがむ原因はなんでしょう?
 
 骨盤が歪むといっても、骨そのものが変形することはありません。骨盤の周りの筋肉が不均衡につくため筋肉につながる骨が引っ張られ、骨盤を構成する骨が正しい位置に収まることができなくなります。この状態が「骨盤がゆがんだ」状態です。

  • いつも同じ側でカバンを持ったり、片方の手ばかりを使う
  • いつも同じ足を上にして足を組んだり、片方の足ばかりを使う
  • いつも同じ方向を向いたり、傾いた姿勢で座る
  • いわゆる女の子座りをする
  • 仕事で長時間イスに座る
  • かかとの高い靴を履いている
  • いつも同じ側の歯で食べ物をかむ
  • いつも同じ向きに横になり寝る
  • 合わない(小さい)下着をつける
  • 運動不足による筋力の低下
  • 老化、出産、ストレス、など
 人は無意識のうちに同じ側の手足を使う場合が多いです。それが「骨盤の歪む(ゆがむ)」もっとも大きな原因であると考えられています。
 いつも右手で重いカバンを持つ人は、意識的に左手でカバンをもつよう心がけてみましょう。日頃のほんの少しの意識の改善が骨盤の矯正につながります。

 「腰痛・便秘・下痢・生理痛・不妊・肌荒れ」骨盤や腰椎が何らかの原因によって「ゆがむ・ズレる・傾く」と、腰痛・便秘・下痢・生理痛・不妊・肌荒れなどの症状をおこしやすくなります。

 骨盤のゆがみチェック

骨盤のゆがみチェック法
 仰向けに寝て両足を腰幅に開き、左右の骨盤の一番高いところに親指、床に中指をつけ、左右の高さを比べる。
 正常な人は左右の高さが同じになります。どちらかが高いときは、低いほうに骨盤がねじれています。また足首から下の開き具合を見て、どちらかの開き具合が大きい場合は、大きい側の骨盤が開いています。

 さらに背筋を伸ばして正座し、肋骨の下に親指、骨盤の上に中指をあて、長さを比べます。
 正常な場合は長さが同じになります。どちらかが長い場合は、短いほうに骨盤が傾いている可能性があります。

 骨盤の開きチェック
 
 仰向けになって腹筋だけで起き上がる
 正常な人は腹筋だけで起き上がることができます。起き上がれない場合は腹筋力が低下しているため、骨盤が開き気味になり内蔵が下垂、冷え性や肥満の症状につながっている可能性があります。

 また日常の中でも簡単にチェックすることができるので、気がついたときにやってみてください。

  • まっすぐ立った状態で肩の高さが違う
  • 左右の足の長さが違う
  • ネックレスがいつも同じ方向にズレる
  • 片方の靴の外側だけ、すり減るのがはやい
  • ウエストくびれの高さが左右で違う
  • 下半身が痩せにくい(お尻が大きい)
 などの場合、骨盤のゆがみ・ズレ・開き、などが原因の場合が多いので注意してください。

 >> 次のページへ
 


 
 当サイトの記載する内容について 
  当サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、必ずしも記載されている内容が正しいことを保証するものではありません。
  ご了承いただきますよう、お願いします。
  また掲載している内容に関する著作権は(C)Kotsuban Diet Sango Dietが所有します。事前に許可なく内容を転載することを禁止します。