ダイエットを科学的に検証する産後ダイエット骨盤矯正

産後ダイエットによる簡単骨盤矯正へようこそ
TOPページにもどる

 骨盤矯正体操

 もっとも一般的で自宅でできる骨盤矯正方法、それが骨盤矯正体操(ストレッチ)です。
  
骨盤を左右に回す
 両足を肩幅に開き両手を腰に当て、腰を大きく右に回します。上体はまっすぐに顔は前を向いたままにします。次に腰を左に大きく回転させさます。腰を回すときに、かかとやつま先が床から離れないように注意。

上半身を前後に倒す
 両足を肩幅に開いて立ち、上体をゆっくり前に倒します。体が硬い人は、軽く勢いをつけて倒します。体を起こして腰に手を当て、上体をゆっくり後ろにそらします。

骨盤を押しこむ
 両足を肩幅に開いて立ち、大腿骨上部の丸い突起に手を当て、腰を大きく右方向へ押します。手で骨盤を押し込むようなイメージです。左側も同様に行います。腰を倒したときに、上体が後ろや前に倒れないように注意してください。

お尻を引き締める
 両足を肩幅に開いて立ち、両手は頭の後ろで組みます。上半身は伸ばしたまま、おしりを突き出すようにしながらゆっくりと腰を下げます。ひざが90度になったら元の位置に戻します。上半身が前に倒れたり、背中を丸めたりしないよう注意してください。

太ももの筋肉を鍛える
 壁から1m程離れた場所に、両足をそろえひざをついて座ります。両手をまっすぐ伸ばして壁につけ、まず右足を立てます。両手で壁を強く押しながら、左足をアキレス腱を伸ばすように後ろへ出します。そのまま、太ももに力を入れ十秒くらいこの姿勢を保ちます。逆側も同様に行ってください。

日頃使っていない足を使う体操
 腰幅に足を開いてまっすぐ伸ばし、両腕は体のやや後ろにつき、足の指で「グー・チョキ・パー」を2〜3分間行います。
 人は無意識のうちに片方の体だけを使ってしまいます。意識的にいつも使っていない方の手や足を使うことで骨盤が矯正されます。

仙骨を鍛える体操
 うつ伏せに寝て、両手は前に出し肘は約90度に立てます。足のひざを約90度に曲げて立たせ、左右にゆっくり振ります(息を吐いて右へ、息を吸いながら真ん中の位置へ、息を吐いて左へ、息を吸いながら真ん中の位置へ、これを繰り返します)。



骨盤のゆがみを矯正する体操
 両足をやや開き気味にまっすぐ伸ばして座り、右手は指を広げて後ろについて、左手は股間の前へ、息を吐きながら右側に体をひねり左手を右手の上に重ねるようにして、息を吸いながら元の位置に戻します。
 これは骨盤が左に歪んでいるときの矯正で、右に歪んでいる場合は逆に行ないます。ひねりづらいほうに骨盤がゆがんでいます。

腰椎のゆがみを矯正する体操
 足をまっすぐ腰幅に開いて伸ばし、両手で足の指をつかみます。息を吐きながら左(右)へ体をひねり、息を吸いながら元の位置に戻す。
 腰椎の歪みを取ることで腰痛を抑えることができます。

※ これらの骨盤矯正体操は、毎日繰り返し行うことが大切です。一度ですぐ骨盤のゆがみが矯正されるわけではありません。自分でできる範囲で、無理なく毎日行うことが大切です。

 >> 次のページへ

 


 
 当サイトの記載する内容について 
  当サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、必ずしも記載されている内容が正しいことを保証するものではありません。
  ご了承いただきますよう、お願いします。
  また掲載している内容に関する著作権は(C)Kotsuban Diet Sango Dietが所有します。事前に許可なく内容を転載することを禁止します。