ダイエットを科学的に検証する産後ダイエット骨盤矯正

産後ダイエットによる簡単骨盤矯正へようこそ
TOPページにもどる

 豆乳クッキーダイエット

 豆乳クッキーダイエットについて解説します。
 
 豆乳クッキーのダイエット効果は?

 豆乳クッキーダイエットは低カロリーでお腹にたまる?
豆乳クッキーは個人差があるようですが、ゆっくりと食べることでそれなりの満腹感が数時間継続します。
 ダイエット用なので甘さは控えめですが、市販されているものは有名ホテルのシェフがプロデュースした味付けで、かなりおいしいものに仕上がっています。

 クッキーの味もいろいろな種類が用意されているので、いろいろな味のものを購入しておいたほうが長く継続できるでしょう。(種類が少ないと味に飽きてしまいます)

 食べ方としては、コップ2杯程度の牛乳と一緒にとるのが理想的です。
ゆっくりと時間をかけて食べましょう。(そのほうが少量でも満腹感が得られやすいです)

 満腹感の継続は3〜4時間程度なので、8時ごろに摂取すると、深夜まで満腹感が持続します。

 一食あたりのカロリーはかなり低めです。市販されているお弁当が900〜1000kcalであるのに対して、豆乳クッキーはわずか150kcalです。
 また、栄養成分はマイクロダイエットよりも低いため、サラダや野菜スープを一緒にとるか、ビタミンをサプリメント等で補ってやる必要があります。

 豆乳クッキーダイエットの大豆イソフラボン含有量は一食(33g)あたり2.1〜2.14mgです。大豆イソフラボンの1日あたりの摂取上限値は77〜75mgとされていますので、まず問題ありませんが、一食の摂取量を守りながら食べることを心がけてください。

 ダイエット効果としては便通が良くなることが知られています。
 また、体重の減少はゆるやかですので、その分お腹のたるみや顔のしわなどが目立つといったことはありません。

 腹もちという意味ではおからクッキーもお勧めします。
 こちらは原材料の80%が"おから"でできていて、乾燥したおからがおなかの中で膨張するため、十分な満腹感があります。

 またおからの食物繊維が便通をとても良くします。宿便などが排出されてダイエット効果が期待できます。
 さらに、おからに含まれる大豆サポニンの効果で、小腸の内側に無数にある絨毛が細くなることにより腸の機能が正常化します。このため栄養分を過剰吸収しなくなり、ダイエット効果を発揮します。

 豆乳クッキー、おからクッキーは業者より購入してもよいのですが、それなりに高価です。
やる気があれば、自分でも作れますので下記レシピを参考にしてください。



 材 料 
おから 250g  ベーキングパウダー 小さじ1 
小麦粉  50g  卵 1個 
バター  10g  ダイエット甘味料(熱に強いもの) 適量
ゴマ・抹茶・ココア・野菜粉末・カレー粉など適量

 作り方 
@おから250gを電子レンジに入れ2〜4分、150〜200gにする。 
A@をかき混ぜ、パラパラにする。 
B卵を解きほぐし、溶かしたバター・甘味料を加える。 
CAにふるった小麦粉・ベーキングパウダーとBを加える。 
DCをいくつかに分け、ゴマ・抹茶・ココア・野菜粉末・カレー粉などお好みのものを加える。 
E小さく丸め、平らにつぶし、160度のオーブンで20分焼く。 


市販されている豆乳クッキーダイエットについて
 

 ただ市販のクッキーは低温で通常のクッキーの2倍の時間をかけて焼きあげ、独特な触感と噛み応えをもたせているようです。

 また市販のものはそれなりに栄養成分を調整されており、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなどがクッキー中に含まれているようです。

全成分表示:(ビタミン11種とミネラル6種)

 小麦粉,上白糖,大豆おから,鶏卵,マーガリン,豆乳,バター,難消化性デキストリン,ドロマイト(炭酸カルシウムマグネシウム含有物),ベーキングパウダー,クエン酸第一鉄ナトリウム,酵母,ビタミンC,ビタミンE,ナイアシン,ビタミンA,パントテン酸Ca,ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンD3,葉酸,ビタミンB12

 また味のほうも、原料にこだわったり(北海道十勝産"トヨマサリ"厳選)、実績のある有名ホテルのシェフがプロデュースするなど、こだわったものが多いです。

 業者によっては、全額返済サービスなども行っているようですが、返金されないなど消費者とのトラブルもあるようです。
 購入の際には、よく確認して購入するようにしてください。

 また豆乳クッキーダイエットを注文した後には、自動発送を停止しておいたほうが良いでしょう。
 自動発送停止や発送日変更は、「商品発送のご報告」メール内にページへのリンクがありますのでそちらで変更すると良いでしょう。

 >> 次のページへ

 


 
 当サイトの記載する内容について 
  当サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、必ずしも記載されている内容が正しいことを保証するものではありません。
  ご了承いただきますよう、お願いします。
  また掲載している内容に関する著作権は(C)Kotsuban Diet Sango Dietが所有します。事前に許可なく内容を転載することを禁止します。