ダイエットを科学的に検証する産後ダイエット骨盤矯正

産後ダイエットによる簡単骨盤矯正へようこそ
TOPページにもどる

 ヒアルロン酸効果

 ヒアルロン酸効果とは。
 
 ヒアルロン酸は1934年にアメリカコロンビア大学教授のマイヤーとパルマーによって牛の硝子体から発見され、硝子体を表すギリシア語の「ヒアロイド」と多糖体の構造単位である「ウロン酸」からヒアルロン酸と名付けられました。

  ヒアルロン酸とは。

 ヒアルロン酸はアミノ酸の一種であるムコ多糖で、炭素、水素、酸素、窒素から構成されています。分子構造はアミノ酸の基本構造と一緒で、アミノ酸の中にあるいくつかの酸素が窒素に置き換わってできます。それがいくつもつながってできるのがムコ多糖です。ムコ多糖は分子量が大変多い糖類です。

 また、ヒアルロン酸には動物などから抽出する天然ヒアルロン酸と、バイオ製法によって作られる人口ヒアルロン酸があります。

 ヒアルロン酸の水溶液は非常にネバネバしていて粘度が高く「粘弾性物質」と呼ばれます。この「高い保水力」と「高い粘性」がヒアルロン酸の特徴です。
 ヒアルロン酸が欠乏すると、さまざまな欠乏症状が現れます。肌に水分がなくなり、肌のハリがなくなり、乾燥肌や肌荒れの原因になります。また関節には屈伸などすると痛みが生じたり、五十肩などになりやすくなります。目に関しては、乾燥して疲れ目になりやすく、視力低下にも繋がる恐れもあります。

 ヒアルロン酸はコラーゲン、エラスチンなどの成分で構成されています。そのヒアルロン酸効果として期待されるものに、皮膚の老朽化の予防や肌荒れ、乾燥肌の予防効果があげられます。
 ヒアルロン酸は私たちの皮膚や関節、眼の硝子体などに存在しています。ヒアルロン酸はとても保水力・粘弾性にすぐれているので、肌や細胞にみずみずしさとうるおいを与えてくれる成分です。
 ヒアルロン酸効果は、肌の潤いを守り、みずみずしさの原動力となります。通常、細胞と細胞の間に存在し、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守っています。

 体全体の50%のヒアルロン酸が集まっている皮膚(真皮)は、ヒアルロン酸によりみずみずしいハリを作っていますが、加齢と共に減少してしまいます。関節が痛んだり、目の乾き、肌の乾きが起こることはその兆候になります。 ヒアルロン酸は1gで6000ccの水分を保つことができます。
 


 ヒアルロン酸の補給

 美しい肌を守るためには、ヒアルロン酸の補給が必要になってきます。

 ヒアルロン酸は、食事で必要な量を摂取することが難しい成分であるためサプリメント等で補給していく必要があると考えられます。

 ヒアルロン酸の1日の摂取量の目安は20〜40代で、1日250mg〜400mg、40代より以降は400mg以上とされています。
 食事から摂取できますが、ヒアルロン酸は身近な食品だと、魚の目玉やニワトリのトサカ、海草のヌメっている部分や、豚の足、サメの軟骨、中華によくあるフカヒレなど、普段の食卓ではなかなか食べることのない食品に含まれており、日常的に摂取することは困難です。
 そのため現在ではサプリメントなどを利用して、ヒアルロン酸不足を補う人が増えてきているのです。

 ダイエット補助食品の中にも、このヒアルロン酸を配合したものが多くあります。ダイエットしながら、同時にヒアルロン酸で美しい肌を守ることができれば、まさに一石二鳥です。
 ヒアルロン酸を配合したダイエット食品には、クッキータイプのもの、ドリンクタイプのもの、サプリメントタイプのものなどがあります。ヒアルロン酸と共に配合されている成分も様々で、ビタミンCや、イソフラボン、コラーゲンや、コンドロイチン、プロテインなどが配合されています。

 ヒアルロン酸効果として代表的なものに、肌のカサカサ、目元や口元のツッパリ、皮膚のかゆみ、乾燥によるヒリヒリ、吹き出物やブツブツ、これらの症状を劇的に改善するということが挙げられます。
 人間の場合、身体の60%近くを水分で占めています。水分により、体内の細胞の隅々まで酸素や栄養を補給したり、不要物を回収しています。また発汗作用により、汗をかいて体温の調節を行うなど、必要不可欠でなくてはならない存在です。
 しかし人間は加齢とともに、体内の水分が減少してしまいます。
これは身体の中の水分を維持するためのヒアルロン酸が減少てしまい、水分を維持する保水力がなくなってしまうためです。
 いくら水分を取っても、ヒアルロン酸の減少によって保湿力を失った体内に水分を維持することはできません。体内の水分を維持するためにはヒアルロン酸は必須の成分といえるでしょう。

 ヒアルロン酸は人間の身体の中で絶えず作られています。ただヒアルロン酸自体が大変壊れやすく、すぐになくなってしまいます。また加齢とともにヒアルロン酸が作られる量は減少してくるため、体内で生産されるヒアルロン酸の量よりも、壊れて失われるヒアルロン酸の量のほうが多くなってきます。そのために体内全体のヒアルロン酸が減少し、その影響が出てくるようになるのです。
 また、ヒアルロン酸の急激な減少により、肌のみずみずしさを著しく低下させるだけではなく、肌のはりもも低下させ、乾燥肌やしわ、シミの形成の原因になってしまいます。

 ダイエット時には、この大切なヒアルロン酸の補給のことも考え、サプリメントを選ぶとよいでしょう。
 
 >> 次のページへ

 


 
 当サイトの記載する内容について 
  当サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、必ずしも記載されている内容が正しいことを保証するものではありません。
  ご了承いただきますよう、お願いします。
  また掲載している内容に関する著作権は(C)Kotsuban Diet Sango Dietが所有します。事前に許可なく内容を転載することを禁止します。