ダイエットを科学的に検証する産後ダイエット骨盤矯正

産後ダイエットによる簡単骨盤矯正へようこそ
TOPページにもどる

 単食ダイエットとは?

 単食ダイエットとは?
 
 単食ダイエットの実践方法は簡単です。
 朝昼晩を問わず、一日一回だけ食事をとるだけです。

  単食ダイエットの実践

 単食ダイエットは、その方法がシンプルなのでダイエットのルールを覚える手間はほとんどかかりません。ダイエット法の中では確実性が高いといえるでしょう。

 ただし、絶対に行ってはならないことがあります。
 一回の食事を果物だけとか、卵だけなどのように単品にしないことです。人間が生きていくうえで必要なすべての栄養素を、単品で備えている食品は残念ながらありません。そのような行為を続けていくことで、深刻な健康被害が発生する可能性があります。

 特に不足しがちな栄養素は、たんぱく質です。女性でも一日に最低50g程度の必要量があります。一日一回の食事に必ずたんぱく質を多く含む肉類や魚類、豆類などを素材とした食品を取り入れてください。

 また、たんぱく質以外にビタミン類やミネラル類、その他脂質の一部も健康維持のために必ず食事に取り入れなければなりません。そういった意味でも、単食ダイエットを実行する際には、摂取する食品にバリエーションを持たせ、極端な偏食をしないようにすることが重要です。

 単食ダイエットで痩せるかどうかの分岐点は、一食で摂取する食事量です。つまり三食の食事量(これまでの食事の総量)と同程度、またはそれ以上食べるかどうかにあります。

 「一日三食を二食や一食にしたら太りやすくなる」とよく言われます。これは、一日で食べる総量が同じだと仮定すればまさにその通りになります。

 人間が一定の単位時間にエネルギーとして使用できる栄養素の量には限界があります。そこで、短時間にたくさんの栄養素を摂取すれば、使い切れなかった分はとりあえず体脂肪(備蓄形態)として蓄えることになります。

 しかしながら、いったん体脂肪として備蓄された栄養素は、その後優先的には使われないという恐ろしい事実があります。

 単食ダイエットは食べる食品の種類を制限しなくてもよいという魅力がある一方で、先ほどのような理由で、一日一回の食事でも必要以上の量を摂取することで太る可能性があるというところに注意してください。
 


 単食ダイエットに向く人・向かない人

 多少の空腹感があっても、苦にならず、とにかく痩せたい人にはおすすめします(一週間程度実行することで、たいていの場合、空腹にも慣れます)。

 一方向かない人というのは、空腹感に弱い人や単食ダイエットを機にお酒を飲むことが習慣になりそうな人です。アルコールは食品の中でもエネルギー量が多い食品です。そのため、単食ダイエットで食事内容に制限がなくなったことを幸いにアルコールを頻繁に飲めば、摂取するエネルギーの総量が気がつかないうちに極端に増える場合があります。

 単食ダイエットのポイント

 単食ダイエットには消化器に負担をかける可能性があります。次にあげるポイントに注意することで、消化器官に負担をかけずに効果的な単食ダイエットを行うことが可能になります。普段の食事の仕方でも、このようなことに気をつけたほうがより健康的な生活を送る上で重要です。

 単食ダイエットのポイント一覧

@ 味噌汁やスープなど流動物をとるようにします。
A 炭水化物をしっかり採るようにします。
B たんぱく質やビタミン・ミネラルを補給できるおかずを中心するよう心がけます。
C 就寝5時間前までに食事を済ませ、空腹状態で睡眠をとるようにします。
D 就寝時間を含めて18時間前後の絶食時間を作るようにします。

 単食ダイエットの成功のコツ

 さて、単食ダイエットを行いずいぶん減量にも成功しました。
 単食ダイエットで難しいのは実はここから、単食ダイエットをやめた途端リバウンドしてしまう恐れがあることです。人間の体は飢餓状態が続くと、ただでさえ栄養を吸収しやすい状態になっています。
この状態で、いきなり単食ダイエットをやめ、元の食事状態に戻したら必ずリバウンドしてしまうでしょう。

 では、どうすればいいのか? 単食ダイエットの終了に合わせて、運動などで基礎代謝量を増やしていく必要があります。食事の量もいきなり三倍にするのではなく、単食ダイエットでとっていた食事を一日に三等分してとるようにします。

 単食ダイエットで空腹感になれているので、このような食事量でもそれほど空腹感を感じずに過ごすことができるでしょう。あとは、体重の状態を確認しながら食事量を調整していきます。

 単食ダイエットは即効性があり、必ず痩せるダイエット法ですが、大事なことは一時的に痩せることではなく痩せた状態を維持することです。
 このことを必ず肝に銘じて、単食ダイエットに取り組んでください。
 
 >> 次のページへ

 


 
 当サイトの記載する内容について 
  当サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、必ずしも記載されている内容が正しいことを保証するものではありません。
  ご了承いただきますよう、お願いします。
  また掲載している内容に関する著作権は(C)Kotsuban Diet Sango Dietが所有します。事前に許可なく内容を転載することを禁止します。