ダイエットを科学的に検証する産後ダイエット骨盤矯正

産後ダイエットによる簡単骨盤矯正へようこそ
TOPページにもどる

 加圧トレーニング・ダイエットの紹介

 加圧トレーニング・ダイエットの紹介
 
 加圧トレーニングは、カラダに本来備わっているメカニズムを利用したまったく新しいトレーニング方法です。

 加圧トレーニングのポイントは、腕・太腿の付け根などを適度な圧力をかけることで、血流を適度に制限することです。これにより、ハードなトレーニングをしたときと同じ効果が得られ、成長ホルモンの分泌が促進されます。

 従来のウエイトトレーニングなどでは、高い負荷によってしか得られなかった効果を、加圧トレーニングでは、短時間かつ軽い負荷の運動で得ることができます。しかも、実際に重い負荷をかけているわけではないので、筋肉組織が破壊されることがなく、関節や靱帯にかかる負担が軽くすみます。

 加圧トレーニングのポイント

1.腕、太ももを加圧(ベルトで締める)します。 加圧によって適度に血流を流れにくくするだけで、血流を止める(止血する)わけではありません。

動脈から新しい血液が流れ込んでいく一方、静脈から血液が戻りにくくなります。腕・脚に血液が多くなり、普段は使われていない毛細血管にまで血液が流れるようになります。
2.約10分間、軽い運動をします。 加圧した状態で10分程度、筋繊維や関節を痛めない“軽い負荷の運動”を行います。

疲労物質である乳酸が溜まり出します。この状態を脳が感知すると、成長ホルモンの分泌の促進がはじまります。

筋肉中には乳酸などの代謝物が蓄積され、運動終了時にピークに達します。これは重いウエイトを持ち上げるなど、高負荷トレーニングを長時間した後と同じような状態です。
3.除圧(ベルトを緩める)します。 運動終了後、ベルトを緩め、血流を制限していた圧力を取り除き、血流を元通りに流れやすい状態に戻します。

「加圧トレーニング」開始直後から成長ホルモンの分泌が活発になりますが、トレーニング終了から約15分後に、その分泌量はピークに達します。

成長ホルモンは血流に乗って全身に運ばれ、「加圧トレーニング」開始から約1時間後に、体脂肪を分解しはじめます。また、2〜3時間後から筋肉合成が始まり、1〜2日かけてゆっくり進行します。

 加圧トレーニングの原理

 加圧トレーニングの特徴は加圧ベルトで腕や太腿の付け根を加圧して、血流を適度に制限できるということです。決して、血流を完全に止め、止血するわけではありません。
 実際に加圧すると、加圧された腕や手の平は赤くなります。それは、普段使っていない毛細血管にも血が行き届いたからです。
 
 加圧した状態で運動をすると、軽い運動にも関わらず、普段使用していない筋繊維までもが広範囲に活動し、筋肉に疲労物質である乳酸が蓄積されます。筋肉がこのようなストレス状態であるという情報が脳のホルモン中枢を刺激し、脳の視床下部で成長ホルモンが分泌されるのです。
 
 この成長ホルモンの分泌量は加圧しない場合よりも多くなります。血流によって運ばれた成長ホルモンは全身に行き渡り作用するので、血流を制限した腕や脚だけでなく、全身の脂肪を分解し、筋肉をつくってくれます。
 ※ 体脂肪の減少や筋肉の増加などの効果については個人差があります。 
 


 加圧トレーニングの効果

 加圧トレーニングは、軽い運動で大きな効果が得られますが、そのメカニズムはどうなっているのでしょうか?
 東京大学石井直方教授らの研究などから、効果的なトレーニングをするために、加圧トレーニングのメカニズムを紹介します。 

1、加圧によって、筋肉に乳酸が蓄積 
加圧トレーニングを行うと、疲労物質である乳酸が溜まってきます。
しかし、腕や脚の血流を加圧ベルトで適度に阻害しているため、乳酸は出るところを失い、筋肉の中にどんどん蓄積されていきます。 
2、成長ホルモンが多量に分泌 
溜まった乳酸は、筋肉にある、刺激を受け取る細胞である受容体を刺激します。
脳は、刺激を受けて損傷した受容体を再生するために成長ホルモンを多量に血中に分泌します。
そのときの成長ホルモンの血中濃度は、なんと通常のトレーニングの約10倍、安静時の290倍にもなります。
3、 ダイエット・アンチエイジングに大きな効果 
血液にのって全身に多量の成長ホルモンが運ばれると、脂肪細胞に作用して、脂肪を分解したり、体の老化を遅くしたりします。
また、成長ホルモンには、美肌効果や骨粗鬆症の働きもあると言われています。 

 加圧トレーニングの注意点

加圧トレーニングを行う際には、必ず次のことを守ってください 
1、専用の加圧ベルト以外のものを使用しない  加圧するための道具として、家庭にあるゴムなど、専用の加圧ベルト以外のものを使用すると、虚血状態になりやすくなります。
必ず、加圧トレーニング事務局で取り扱っている加圧ベルトをお使いください。 
2、加圧時間を変えない 加圧トレーニング初心者の加圧時間は腕用5分、脚用15分です。時間がたったら必ず除圧してください。
加圧トレーニングを始める場合は、加圧ベルト購入時に専門のセミナーを受ける必要があります。
セミナーの内容を守り、加圧値、加圧時間などトレーナーの指示に従い、勝手に変更をしないでください。 
3、次に該当する人は、医師に相談してから行ってください ・心臓に障害のある人
・悪性腫瘍のある人
・妊娠中や生理中の人
・急性疾患、化膿性疾患、むくみや痛みを感じる人
・骨折、脱臼、肉離れ、骨粗鬆症の症状がある人
・熱のある人
・皮膚疾患のある人
・安静を必要とする人
・高血圧症の人
・この他にも身体に異常を感じる人 

 以上、加圧トレーニングは正しく行えば、短時間で絶大なダイエット効果を生むものといえます。
 ぜひ、正しいトレーニング法を熟知してご利用ください。
  
 >> 次のページへ

 


 
 当サイトの記載する内容について 
  当サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、必ずしも記載されている内容が正しいことを保証するものではありません。
  ご了承いただきますよう、お願いします。
  また掲載している内容に関する著作権は(C)Kotsuban Diet Sango Dietが所有します。事前に許可なく内容を転載することを禁止します。