ダイエットを科学的に検証する産後ダイエット骨盤矯正

産後ダイエットによる簡単骨盤矯正へようこそ
TOPページにもどる

 朝バナナダイエットとの紹介

 朝バナナダイエットとは
 
 バナナに含まれる豊富な酵素作用により、体内に溜め込んだ毒素を排出させるのが「朝バナナダイエット」です。

 生のバナナを食べたいだけ、常温の水と一緒によく噛んで食べます。また、午前4時〜正午が最も排泄に適している時間帯であることも、朝食にバナナを食べる理由の一つになります。

 この排泄の時間帯に肉や魚を食べてしまうと、体はこれを消化・吸収することにエネルギーを費やしてしまい、完全な消化活動ができなくなってしまいます。酵素が豊富なバナナは熟す段階で既に消化が済んでいるため、胃を10〜20分で通過しエネルギーを補充してくれます。

 バナナの7割は水分であることや、繊維が豊富であることから便秘にも非常に効果的と考えられます。また、「むくみ」や「冷え」は、塩分の多い食事を続けることにより体内の水分バランスが乱れ、細胞が水ぶくれ状態になることが原因です。

 このような塩分過多の体には、カリウムを摂取することが重要です。 バナナにはこのカリウムが豊富に含まれているので、効率よくナトリウムを排出、「むくみ」や「冷え」を改善していきます。

 さらに朝食以外でも味覚改善を図るため、水をこまめに飲むことをお勧めします。味のあるものばかり飲んでいると味覚が鈍くなり、食事で満足感が得られない体質になりがちですので注意が必要です。

朝バナナダイエットの方法

朝食にバナナをゆっくりよく噛んで食べる
本数は制限はありません、バナナ、または他の果物を1種類だけ摂取するようにしてください。
飲み物は水のみ
朝バナナを食べたあと、常温の水を無理のない程度に飲みます。水道水は避け、浄水器を通した水を飲むようにしてください。ミネラルウォーターを購入する必要はありません。
昼食は普通に食べる
昼食は、副食よりお米の割合が多いほうが良いと考えられます。食後に苦しくならない程度であれば、好きなだけ食べてください。また、早く効果を出したい場合は、和食がいいでしょう。 特に、ミネラル・繊維・酵素が豊富なお米の割合を多くする事が重要です。
おやつは食べても大丈夫
りんごやみかんを皮ごと食べるのがお勧めです。おやつは毎日食べても大丈夫。ただし1日1種類で、チョコレートや和菓子を摂りましょう。また、胃腸を冷やしてしまうアイスや、日本人には消化しづらい乳製品は避けたほうがよいでしょう。さらに、おやつを果物にすれば、より早い効果を期待できます。
夕食は18時台に食べる
できれば夕食は早めに食べ、早く寝る習慣をつけてください。夕食は18時になるべく近い時間、遅くても20時までには食べる習慣をつけましょう。
夕食後に食べるなら、果物を単品で
どうしても我慢できないときは果物を単品で食べてください。

 肥満の原因の大半は遅い時間の夕食にあります。朝バナナダイエットを実践しても、深夜の食事が続けばダイエットの効果は期待できません。遅い時間帯に食べると、胃腸が消化中のまま睡眠に入り快眠できません。

 快眠できないと疲れが取れず、体調悪化やむくみの原因になります。また、体に溜まった老廃物は寝ている間に排出されるため、質の悪い睡眠で疲れが溜まると老廃物も排出されません。結果、太りやすい体質につながると考えられます。
 


 朝バナナダイエットのメリット

午前中に十分な水分補給が得られる
水をこまめに飲む習慣と、生の果物を食べることで、十分な水分補給が得られます。バナナの場合、7割が水分で、その水分には、優れた栄養素が含まれています。
※水の量は、1日2リットルといわれていますが、それにこだわる必要はありません。また飲み方に注意してください。一気に飲んだのでは、一気に排出され水分補給になりません。少しづつ飲むようにしてください。
ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富
様々な栄養素が含まれているため、期待できる効果も多岐に渡ります。
ポリフェノール・ファイトケミカルの摂取
ポリフェノールには、強い抗酸化(老化防止)作用があります。ファイトケミカルは、強いストレスを感じた時に体内で発生する活性酸素を消去する働きを持っています。
消化酵素の摂取
果物から十分な消化酵素が摂取できるため、消化に使う酵素が節約できます。体内酵素の節約は、排泄など他のことへ割り当てることができ重要です。
午前中の排泄サイクルに胃腸を休める
果物は、消化・吸収がしやすく、胃腸の負担が軽くてすみます。排泄サイクルに適した食物です。栄養バランスは1食ではなく、1日全体で考えることが重要です。
甘いものを食べられる
バナナは、しっかりと食べ応えもあるので、果物の中でも満腹感を得られやすいです。果糖により、適度に甘いものを摂りいれることで、糖の摂取量を低減させる効果が期待できます。
※よく噛まなければ、効果は半減します。ゆっくりよく噛んで食べる習慣はダイエットでは必須です。

 バナナには、脂肪を分解するための酵素がたくさん含まれています。酵素は43℃以上になると壊れてしまうので、加工食品での摂取は意味がありません。あくまでも生のバナナに限られます。単品摂取のメリットは「消化が早い」ということです。

 午前中という時間帯は、夜食べたものをまだ消化している、いわゆる消化のサイクルにあたります。
だから胃を休めたいのであれば、果物のみというのが効果的になります。

 果物というのは、食べてもほとんど胃液は出ず、そのまま腸で消化されます。同じ果物でも種類によって消化時間が異なるために、単品で摂るのがベストと考えられます。

 このように、すぐれたダイエット方法である「朝バナナダイエット」、上手く取り入れることで、あなたのダイエットにぜひお役立てください。 

 >> 次のページへ

 


 
 当サイトの記載する内容について 
  当サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、必ずしも記載されている内容が正しいことを保証するものではありません。
  ご了承いただきますよう、お願いします。
  また掲載している内容に関する著作権は(C)Kotsuban Diet Sango Dietが所有します。事前に許可なく内容を転載することを禁止します。