- 日本選手権の日程 -

 2001年の日本選手権の日程は以下の通りです。

開催日 場所 大会名 予選通過枠
8/26 仙台 東北地区予選 1名
9/2 福岡 九州地区予選 2名
9/8 札幌 北海道地区予選 2名
9/16 名古屋 中部地区予選 2名
9/23 新潟 信越地区予選 1名
9/30 大阪 近畿地区予選 4名
10/7 福井 北陸地区予選 1名
10/14 東京 関東地区予選 12名
10/21 広島 瀬戸内地区予選 1名
11/11 東京 決勝大会 -

 予選大会に複数回出場してもかまいませんが、すでに決勝大会進出が決まった方は以降の大会には出場できません。
 決勝大会には予選通過者の他に、日本モノポリー協会会長、2人の世界チャンピオン、前年度の日本選手権の 1 〜 3位、5/13 に行われた会長杯、7/18 に行われた名人戦の勝者がシードとして参加し、予選通過者とあわせて約40名で、モノポリー日本一を競うことになります。
 また、この日本選手権で優勝された方は 2004年開催予定のモノポリー世界選手権の日本代表決定戦に出場することになるそうです。

- 競技ルールのポイント -

 日本モノポリー協会の競技のルールはほぼ通常のルールに従いますが、競技を円滑にするためにいくつか変更がなされております。Hammer が調べた範囲でポイントとなるルールを押さえておきます。公式ルールは Web 上にありますので、そちらもあわせて確認されるとよろしいかと思います。
● 競技時間は 90分
 大会では 90分の時間制限が設けられております。ゲームの展開などにもよるのですが、モノポリー勝ちにならないケースも予想されます。時間が限られているので、円滑な進行を心がけましょう。
 時間切れになった場合は、時間切れ以降の「ダイスが止まった」時点でプレイヤーの手番でゲームが終了します。時間切れ以降の「交渉」「建設」はできません。また、未完了の「交渉」「競売」は取りやめます。
● 所得税は一律 $200
 ゲームを円滑に進めるために、所得税は一律 $200 になっています。止まったら、ただちにバンカーに支払いましょう。

- 大会ポイント制 -

 日本モノポリー協会の大会では、トーナメント形式で行われる「テーブルポイント・ドル制」を採用しています。なじみのないポイント制なので、ここでその仕組みを紹介します。
● 順位ポイント
 各ゲームの順位ごとにポイントが与えられます。大会では 5人ゲームと 6人ゲームの場合があり、それぞれはいるポイントが異なります。

人数 1位 2位 3位 4位 5位 6位
5人 28 17 10 5 0 -
6人 28 19 13 8 4 0

 モノポリー勝ちをしても、$1 の差で勝っても入るポイントは同じです。ただし、総資産はポイントが同じときのタイブレーカーになります。
● テーブルポイント
 日本選手権の場合、各プレイヤー 3試合ずつプレイします。1回戦の組み合わせはランダムに決まりますが、2回戦以降は(ポイントと総資産でみた)成績順に組み合わせが決まります。成績が上位のもの同士でゲームが行われるので、その見返りとして順位ポイントにテーブルポイントが加算されます。
 予選の場合は、第2戦は 0 〜 4点、第3戦は 0 〜 8点のテーブルポイントが与えられます。当然1位のプレイヤーがいる1番テーブルが最高得点になり、後はテーブル数に応じて均等にテーブルポイントが割り振られます。同じ 1位 2回、5位 1回でも、1-1-5 の順で取るのと、5-1-1 の順で取るのでは 8ポイントくらいの差があるのです。


「2001年モノポリー日本選手権」Topへ
Index Board