● プレイレポート 11 ●

 Windia War 完成記念ということで、12/28 の夜にプレイした様子をレポートします。今回は、ゲームには慣れているもののこのゲームは初めてというプレイヤー 4人の協力を得ています。

- 1ゲーム目 (5人, 変則) -

 全員が始めてということで、カードセットは変則的にプレイしています。最初の 3戦は Basic のみで、それ以降はあずまんがコートの Expansion から Amplyfy と All Draw 1 をのぞいたセットでプレイしています。
 最初はゲームに慣れるために、Basic セットでプレイしました。私も Basic でプレイするのはひさしぶりでしたが、昔のテストプレイ時とそんなに構成が変わっていないので、プレイスタイルを大きく変えることはないという印象を受けました。
 実は、この試合のしばらく前にテンポアップのために Basic セットから Shot Draw 2 を抜いたらどうなるかという意見をもらっていたので、そのあたりも見ながらプレイしていました。個人的には Shot Draw 2 よりも、Wild などで場を停滞させるほうがプレイ時間に対しての影響が大きいという結論に達しました。
 私が 3ラウンド目に事故を起こしました。Draw 2 の連鎖をさばききれずにカードを 6枚引いたのですが、高得点カードがたくさんあり、なおかつターンを 1回飛ばされたまま上がられてしまいました。失点はなんと 200点で個人記録を更新しました。Basic の最高記録かもしれません。
 4ラウンド目以降は、夢のあるカードがたくさんはいってのゲームになりましたが、Chain の連鎖も、Wild Number Chain の連鎖もあまり伸びず、比較的地味な展開になりましたね。大量失点もほとんどなく、かなりしまった場になりました。
 結局、10ラウンドでゲームが終了し、トップは 219点でした。私は、5ラウンド上がりを出したものの、200点と 99点の失点が響いて 385点で 3位でした。「上がることよりも大量失点を取らないこと」のほうが総合点はよくなりますからね。

- 2ゲーム目 (5人、変則 Expansion) -

 アンコールがあったので、もう 1ゲームやることにしました。今度は追加カードも入れようということで All Draw 1 と Amplify を追加しました。さらに、モンスターパークの追加カード Sleep と Return も 3枚ずつ入って、その代わりに Skip と Reverse が抜けています。
 モンスターパークの Expansion といいたいのですが Search を抜くのを忘れていました。ちなみに、Sleep と Return は実際のプレイするのは始めてのカードです。
 ラウンドの流れですが、こちらも全体的に落ち着いた展開になりました。100点以上の大量失点もあまりなく、高得点カードをいかに処分できるかが勝負の分かれ目になっています。
 Search の使い道ですが、上がられそうになって 0 を探そうとしたけど出ていなく、仕方なく 1 を持ってきたという使い方がありました。Search は使い方が難しいという意見が多かったですね。私は、Wild Number Chain と 2が 3枚の 4連鎖に対応できず、Search を手札に残したまま上がられてしまいました。119点でした。
 All Draw 1 は、早めの使い方が多かったみたいです。一方 Amplify は解除のタイミングが難しいという意見が多かったです。これも、Escort からのカードが欲しかったので Amplify を解除したらよりによって Curse を引いてきてそのまま上がられてしまいました。このラウンドは 87点でした。
 試合は、2回の事故に巻き込まれて私が 8ラウンド目に 439点になってから、トップからの猛攻撃をうけてそのままゲームが終わってしまいました。とはいっても 497点からの 10ラウンド目を勝利して 11ラウンドまで持たせましたが。
 新しいカードですが Sleep も Return もけっこういい感じに使われていたので、目的は果たされたと思います。心配された Chain への影響もそこまで大きくはなかったです。自分で使ってみて思ったのは、効果を「発動しない」ことを選べたほうが面白いかと思ったくらいです。あと、枚数は 2枚でもいいかもしれません。


 今回は簡単なプレイの概要だけをレポートしました。ひさしぶりに変な方向で目立つプレイをしてしまいましたが、得られるものは大きかったと思います。やはり、プレイスタイルによってかなり状況は変化します。相手も考えた打ち回しが必要なのかもしれませんね。


Bridge Over のトップへ