■ いただきストリートの戦略 - 第1部 ■

- 総資産の増やし方 -

 まず最初に、このゲームで総資産を増やす方法を紹介します。 資産を増やすのには大きく分けると次の3種類の方法があります。

1. 株でもうける
2. サラリーをもらう
3. 対戦相手から買い物料を奪う

 ただ漠然とプレイしていても、高い買い物料を払わない限り資産はどんどん増えていくわけですが、 それだけでは勝利には及びません。 いかにうまく資産を増やすかという点で、さまざまな戦略が考えられるわけです。 これから紹介する戦術はこのような考え方で述べていきます。


- ストリート -

 戦略を考える上で、ストリートはかなり重要な要素になります。 対戦相手から買い物料を奪おうとしても、 高いお店をよけやすいストリートではまず成功しないでしょう。
 ここでは、ストリートを大きく3つの性質に分け、 それぞれの戦略についてを述べます。

1. ルートが選択しにくいストリート
 銀行にちょうどで止まらないと方向転換ができないストリートです。 かいがら島レイクマウンテンフリーウェイなどがそうです。
 このようなストリートは、高いお店を回避することが難しいので、 買い物料を奪う作戦でもうまくいきます。 早く高いお店を作ったプレイヤーが、より有利になるのです。 もちろん株を買っておけば、それでもうけることもできます。

2. ルート選択がしやすいストリート
 1とは逆に、分岐点が多く高いお店をよけて通ることができるストリートです。 摩天楼左半球太陽系クイーンバニー号などがそうです。
 このようなストリートでは、高いお店を作ってもすぐに回避されてしまいます。 買い物料を奪うことはあきらめて、株でもうけるのがいいでしょう。 しかし、高い買い物料の店は周回を遅らせるという効果があるので、 全く役に立たないわけではありません。

3. 飛び地のあるストリート
 ワープマスから、離れ島に行けるストリートです。 スラリン日本列島アメリカ大陸スペースコロニーなどがそうです。
 ストリートによって飛び地の条件が、飛び地では移動が制約されるため、 お店の回避がしにくくなります。また、飛び地の特定のお店に飛ぶカードもあります。 もちろん、飛び地以外の部分は重要なのですが、 一発逆転に賭けて飛び地のお店の買い物料を上げるのも手です。
 しかし、飛び地にばかり気をつけていると、 飛び地から出たときに自分のお店がないということもあります。 使用法には十分にご注意を。


- 周回とサラリー -

 サラリーはマークを4つ集めるともらえます。金額は周回を重ねるほど増えていきます。 いかに効率よく周回するかが、サラリーをより多くもらえるかに直結します
 ちなみにサラリーは、マップによる固定金額(200〜400Gくらい)に、 周回ごとのボーナス(100〜200Gくらい)と、持っているお店の価格の10%が加算されます。

● 早く周回する
 サラリーをより多くもらうためには、早く周回する必要があります。 自分が進める数はサイコロ次第なのでどうしようもありませんが、 ストリートによってはうまくルートを選ぶことで、 サラリーをもらうまでのマス数を少なくすることができます。
 銀行から一筆書きで4つのマークを通って銀行に戻る道を考えるとわかりやすいでしょう。 一般的に交差点の多いマップ(摩天楼やクイーンバニー号)などで重要になります。

● 飛び地に注意
 基本的にはワープに入らないほうが早くマークを集められます。 ワープで飛び地に行ってしまったのでは、サラリーが大幅に遅れます。 スラリンドリームワールドアレフガルドアメリカ大陸などの飛び地は特に序盤では入らないほうがいいでしょう。
 逆に飛び地にマークのあるストリートでは、 飛び地に行ったほうがサラリーが早く得られるマップもあります。 ソフィーの洞窟呪いの館はワープマスが避けにくいので効果的です(特に私の場合、 ソフィーの洞窟のスタート時に飛び地に誰もいない状態で、 5〜7が出たら迷わずワープします)。

● 序盤(1〜2周目)は特にサラリー重視
 序盤では、エリアを集めるよりもサラリーを優先した方がいいと思います。 序盤のサラリーは追加の店や安い株を買うのに使うため、 あとになって価値が何倍にもなるからです(海底都市の1周目でいきなり自力独占したことがありますが、 資金が全然なくて株もろくに買えないまま終わったことがあります)

● 高いお店は回避する
 中盤以降、高い店が並び出すとサラリーをあきらめたほうがいい場合が出てきます。 当たり前の話ですがサラリーをもらうために、 サラリー以上の買い物料を払ったのでは意味がありません
 私は、1周目で100G以上、2周目で200G以上、 3週目以降で500G以上の買い物料は高いと判断しています。 このためマークを集める際に、 序盤では200G以上、中盤以降では500G以上の買い物料の店は回避しようとします。


目次 | Light > 第2部
Index Consumer