トップ > コンシューマー > ゲームリスト

● カルドセプトシリーズ ●

タイトル ハード 発売時期
カルドセプト・エキスパンション PS 1999/ 5
カルドセプト・セカンド DC 2001/ 7/12
カルドセプト・セカンド エキスパンション PS2 2002/ 9/26
時間:60分 (「カルドセプトエキスパンションセカンド」の標準的なマップ、時間制限なし)
難度:5 (難しい)

- 紹介 -

 カルドセプトはもともとSSのゲームだったのですが、1999年5月にPSに移植されました。ちなみにこのゲームはSSのゲームの中で、一番PSに移植して欲しいと思っていたゲームでした。ゲームシステムは簡単に言うと、いたスト + TCGですが、両方のおもしろいところをうまく融合させたという点で高く評価できます。

 基本的に、土地にクリーチャーを配置することでその土地を獲得し、レベルアップをしたり他人から通行料を取ることでもうけていきます。相手の土地に止まると通行料を払わなければなりませんが、自分のクリーチャーで戦闘を仕掛けて、相手のクリーチャーを倒すとその土地を奪うことができるというのが大きな特徴になります。

 マップ上の移動にしても、戦闘にしても「持っているカードをいかにうまく使うか」が重要になってきます。 ゲームに使うデッキを組むことができるというTCG的な楽しみもあります。

 1マップのプレイ自体にはそんなに時間がかからないのですが、デッキ構築やカード収集などのTCG的な要素はやり始めるときりがありません。テーマがテーマだけに、けっこうマニアックで取っつきにくいゲームだとは思いますが、戦略性がけっこう高いので、ボードゲームが好きでなおかつTCGも好きな人にはたまらないでしょう。


- 追記 (カルドセプト・セカンド エキスパンション) -

 2002年9月にカルドセプトセカンドが、DC から PS 2 に移植されました。移植版ということで大まかな作りやシナリオは DC 版とかわりありません。

 今回も移植に際して、カードバランスが再調整されています。また、新カードもかなり多く追加されています。新しいカードは、結構面白いものが多いですね。移植前に強力だったカードはやはり弱体化しています。セカンドの場合は特に、最強なブックが 1つには定まらないですからね。

 DC版で慣れている方は、主力カードの入れ替えが必要になるかもしれません。新たな戦略を探すというのが、このゲームの楽しみ方になるのではと思います。もちろん、これから始める方にも最新のバランスでプレイできるのでおすすめです。


- 追記 (カルドセプト・セカンド) -

 2001年7月に待望の続編、「カルドセプト・セカンド」が DC で発売されました。基本的に前作のシステムを踏襲しつつ、カードの種類が増えたり、バランスの調整がされたりしました。

 前作で強力だったカードは、ほとんど弱体化されており新しい戦略を考えなければなりません。また、新たな要素が多少増えたため、構築するブックの幅も広がりました。今のところ、カード単体で「ものすごく強い」と思うものはあまりないので、TCG 的な楽しみもアップしています。

 前作からプレイされる方は、特に前作で愛用していたカードについてはもういちど見直した方がいいでしょう。以前強かったブックも、再構築の必要がありそうです。いずれにせよ、続編としてはかなりいい出来だと思います。


トップ > コンシューマー > ゲームリスト