トップ > コンシューマー > ゲームリスト

● じぱんぐ島 ●

タイトル ハード 発売時期
じぱんぐ島 PS 1999/11
時間:60分 (「いたスト3」の標準的なマップ)
難度:3 (普通)

- 紹介 -

 このサイトではカタン重点的に取り上げているのでちょっと変な感じがするのですが紹介します。じぱんぐ島は、城から得られた材料を用いて道や新たな城などを造っていき、石高(勝利点)を上げるゲームです(やはり、カタンの説明とあまり変わらないなあ)。本当にカタンタイプのゲームです。ゲーム雑誌の新作の広告を見て思わず笑ってしまったほどです。

 せっかくのカタンタイプのゲームなので、カタンとの比較を中心に書きます。このサイトを見ている方の中でカタンを知らない方は少ないかと思いますが、知らない方がいたらごめんなさい。

 カタンとの相違点は、兵を作って城を攻め落とすことができることです。相手の城に兵を移動させ(移動には材料が必要)サイコロ勝負に勝つと城を奪うことができます。また、称号の数も豊富でいろいろな条件で石高を上げることができます。

 しかし、残念なことにこのゲームもランダムイベント(1ゾロやラウンドのはじめ)があり、その効果はゲームを覆すほど大きいです(全部の数字を入れ替えたり、すべての材料を0にしたり)。マップの数字も意外と偏っている(同じ数字が隣接している)ことが多いような気がするのですが、気のせいでしょうか?

 カタンの醍醐味は交渉にもあるので、同じタイプのゲームをコンシューマで作るなら、システムをうまくアレンジする必要があると思うのですが、それがまだ練りあがっていないのでしょう。イベントの大きさもふまえながらやれば、軽くやるぶんにはそれなりにおもしろいかとは思います。ぜひともカタンを知っている人に見せたいゲームです。


トップ > コンシューマー > ゲームリスト