トップ > がらくた置き場 > フリートーク

● ボードゲームのススメ (Hammer Version) ●

 このコラムは 2000/12/25 に公開されました。年末年始の季節ネタということで掲載したわけですが、このまま撤去するのももったいないと思い、再収録しました。


 年末年始、コンシューマにとってボードゲームの季節がやって参りました(私の中では11月〜2月がボードゲームの季節になっています)。人の集まりやすい季節と言うことで、多人数でわいわいやるのにはもってこいの、コンシューマのボードゲームについていろいろと書いてみました。

 先にネタばらしなのですが、このコラムはねーぽんさんのふりーとーくに触発されて作りました。こちらでは、「経験者が一見さんに勧める」といった切り口から、「一見さんに優しいか」、「プレイ時間が手頃か」、「邪魔などで人間関係が険悪にならないか」の3点を中心に、書いていこうと思います。

 「一見さんに優しいか」はルールの分かりやすさ(何をすれば勝ちに近づくのか)に重点を置いています。何をしたらよいか分からないままプレイしたのでは大変です。分かりにくいゲームをプレイするときは、経験者からそれなりのフォローが必要です。

 「プレイ時間」はボードゲームなら、だいたい60〜120分はかかるものと思ってください。午後から半日遊ぶとしたら、2ゲームが限界でしょう。ボードゲームを誘うときは「時間に余裕があること」をちゃんと確認しましょう。思わず時間が過ぎてしまいますから。

 「人間関係が険悪にならないか」はプレイヤーに依存するところが大きいでしょう。こればかりは、「けんかにならないように十分気をつけてプレイしてください」としかいえません。一応、妨害のしやすさで評価してあります。


桃太郎電鉄

一見さんに優しい: ★★★☆☆ [そこそこ優しい]
プレイ時間が手頃: ★☆☆☆☆ [10年で5時間くらい]
険悪にならない : ★★★☆☆ [妨害は必要悪]
一見さんにお勧め: ★★★☆☆ [そこそこおすすめ]

 ルールは簡単なので、一見さんにもやさしめですが、勝てるかどうかは別問題です。初心者が運だけで勝ち上がるのにはちょっときついのではないのでしょうか? マイナス数十億まで落ちたりといったことがなければ、プレイしていてきつい感じはしないのですが。

 プレイ時間はデフォルトでは、4人の5年で160分、10年で320分といわれます。1年32分ということは、ひとりにつき8分で、1ターンに40秒くらいかかることになります。全員が人間だとそんなものでしょうか?

 5年では、桃鉄の本当の面白さが見えてこないので、やはり腹をくくって半日モードでしょう。1日モードなら20年くらいでしょうか? プレイ時間自体は経験で多少短くなりますが、改めて計算してみるとあまり短くならないような気がしました。

 邪魔のしやすさは、貧乏神のなすりつけがほとんどです。これは「必要悪」なので、そんなに悪い感じはしません。カードによる邪魔は、1回動けないことや「ブロックカード」の存在もあるので、そんなにされないと思います(カード自体は強力なので、トップでガードが甘いとやられますが)。


いただきストリート

一見さんに優しい: ★★☆☆☆ [経験が必要]
プレイ時間が手頃: ★★★☆☆ [1プレイ90分くらい]
険悪にならない : ★★★★☆ [妨害はあまりできない]
一見さんにお勧め: ★★☆☆☆ [興味がありそうなら]

 ルール自体はそうでもないのですが、株とインサイダーの仕組みを覚えるのは1回のプレイでは難しいです。初心者を混ぜる場合は、「左半球」あたりでプレイするのがいいかと思います。株を駆使しないと勝てないだけに、一見さんには厳しいでしょう。

 プレイ時間は、株関係でやりすぎなければ90分を切るでしょう。対人戦はプレイヤーにも依存するのですが、2時間弱で終わる場合が多いようです。

 邪魔のしやすさは、10株売りの頻度によります。私は、初心者が入っている場合は10株売りをしない方針でいきます(これをやってしまうと、プレイしてくれなくなるので)。普通にやっていればそこそこでしょうが、最終的にはプレイヤーに依存ですね。競技「いたスト」ならかなり邪魔が入るのでしょう?


カルドセプト

一見さんに優しい: ★☆☆☆☆ [かなりの経験が必要]
プレイ時間が手頃: ★★★★☆ [1プレイ60分くらい(前準備をのぞく)]
険悪にならない : ★★☆☆☆ [気をつけてプレイすること]
一見さんにお勧め: ★☆☆☆☆ [プレイヤーを選ぶこと]

 ルールもそうですが、カードの効果をある程度知らなければゲームになりません。この手のゲーム(トレーディングカードゲームやボードゲーム)の経験があるプレイヤーを選んで誘う必要があります。慣れていない人にいきなりプレイさせるのには厳しすぎます。

 プレイ時間は、マップとブック依存ですが、普通のブックなら60分程度でしょうか? 中にはゲームが終わらないブック(の組み合わせ)が存在するので気をつけて下さい。

 邪魔のしやすさは、かなり高いでしょう。侵略も意図的に行いますし、スペル攻撃も相手を指定して行います。効果も強烈なものが結構あるので、友達をなくさないようにしましょう。


ドカポン

一見さんに優しい: ★★★★☆ [ゲームがわかりやすい]
プレイ時間が手頃: ★★☆☆☆ [1プレイ120分くらい]
険悪にならない : ★☆☆☆☆ [けんかしないように]
一見さんにお勧め: ★★★★☆ [かなりおすすめ]

 ルールは桃鉄っぽいマップと普通のRPGなので、そんなに難しくはないでしょう。一見さんにはそこそこ優しいです。実力の差はちょっとしたことを知っているかどうかくらいです。乱入のタイミングや、レベルの上げ方、呪文の使い方、戦闘のコマンドあたりが差のつくところでしょう。

 プレイ時間は、怒りの鉄剣!ならば Chapter 1 だけで120分くらいでしょうか(あまり自信はありません)? 対人戦で完全クリア(最終章まで)をする人はいるのでしょうか? Chapter 1だけで10週弱はかかります。それで2時間ですから、Chapter 4まででだいたい40週弱かかり10時間くらい、最終章までだと100週強はかかりますから、30時間くらいはかかってしまうのではないのでしょうか? まあ、普通にプレイする分には Chapter 1 だけで十分でしょう。

 邪魔のしやすさは、最高レベルです。考えられる邪魔のほとんどできます(対戦相手の名前を変えることだってできます)。これは、友情破壊ゲームといっているだけのことはあるでしょう。対人戦では、さじ加減に十分注意してください。また、邪魔をしすぎるといろいろなところで跳ね返ってきます。


天空のレストラン

一見さんに優しい: ★★★☆☆ [そこそこ優しい]
プレイ時間が手頃: ★★☆☆☆ [1プレイ120分くらい]
険悪にならない : ★★★☆☆ [妨害は必要悪]
一見さんにお勧め: ★★★☆☆ [そこそこおすすめ]

 ルール自体はそんなに難しくありません。一見さんには、そこそこでしょう。勝てるかどうかになると、レシピの展開ができるかどうかにかかってくると思います。これは、経験者がある程度コツを教えてやるといいかと思います。

 プレイ時間は120分くらいだと思います。全員が人間だともうちょっとかかるかもしれません。長い時間のプレイで面白いと感じるかどうかは、最高の料理を作れるかどうかと、料理を作る楽しみが見いだせるかどうかで決まるでしょう。早いうちに「北京ダック」とかの最高級の料理ができてしまうと、どうしようもなくなります(私は被害者にも加害者にもなったことがあります)。

 邪魔のしやすさは、ゲームシステム的には邪魔しほうだいです。しかし、実際に勝とうとするならば自分で料理を作る必要があるので、「相手に2000G以上の高いレシピが立った」ときにつぶすくらいでしょう。これは必要悪なのではないのでしょうか。


タワードリーム

一見さんに優しい: ★★☆☆☆ [経験が必要]
プレイ時間が手頃: ★★★☆☆ [1ゲーム75分くらい]
険悪にならない : ★★★★☆ [妨害はほとんどできない]
一見さんにお勧め: ★★☆☆☆ [興味がありそうなら]

 ルール自体はそんなに難しくはないのですが、何せ勝ち方が分かりにくいゲームです(もととなったゲームがそうですから)。一見さんには厳しいでしょう。会社の取り方や、ビルの建て方、合併のタイミングなど高度なテクニックが要求されます。これは、すぐに分かるようなものではありません。その割には、運の要素が大きくなっています。

 プレイ時間はマップ依存ですが、90分くらいでしょうか(あまり自信がありません)? 下手をすれば、1周目に破産ということもあります。この場合はやり直した方がいいのではと思います。

 このゲームは相手を妨害してもしょうがありません。まずは自分の利益です。自分がトップの会社をつぶすか、自分がトップの会社に合併するかのどちらかにならない限り、合併はしないほうが無難でしょう。もちろん、それで相手のビルが崩せるならいいのですが。妨害はやるとしても必要悪でしょう。


ガイアマスター

一見さんに優しい: ★★★★☆ [ゲームがわかりやすい]
プレイ時間が手頃: ★★★★☆ [1ゲーム60分くらい]
険悪にならない : ★★★☆☆ [妨害は必要悪]
一見さんにお勧め: ★★★★☆ [かなりおすすめ]

 ルールはそんなに難しくありません。勝ち方もそこまで分かりにくくはないので、一見さんには優しいでしょう。難しいところは、建物の建て方と戦闘のタイミングくらいでしょう。順位が低ければ低いほどイベントが良くなるので、逆転も夢ではありません(そこら辺は意図的なのでしょう)。

 プレイ時間は、30ターンで1時間ちょっとといったところでしょうか(これも自信はありません)? あまり長い時間だらだらとプレイしても、戦闘ばかりになってしまうのでそのくらいで切るのがいいと思います。

 対戦相手への妨害は、カードと戦闘があります。どちらもゲーム的に言えば「必要悪」ではないのでしょうか? 土地を奪うのには戦闘しかありませんが、戦闘も条件が必要ですし、状態をちゃんと整えておかないとリスクが大きいからです(でも、攻め側が有利なのですが)。このゲームをプレイする際には、戦術などをあまり気にせずに、さくさくとプレイするのがいいのではと思います。


ディオラムス

一見さんに優しい: ★★★★★ [とても単純]
プレイ時間が手頃: ★★★★★ [1ゲーム20分くらい]
険悪にならない : ★★★☆☆ [妨害は必要悪]
一見さんにお勧め: ★★★★★ [一見さんにぴったり]

 ルールは相手を倒すだけですから簡単です。RPGをやったことがあれば、すぐになじめるでしょう。一見さんにはかなり優しいのではないのでしょうか。勝てるかどうかは、読みあいと、若干の戦術です(運も絡みますが)。

 プレイ時間は、1戦闘なら15分から20分くらいでしょうか。さくさくと進むのも特徴でしょう。回復マスのあたりをあまりうろうろしなければ、長引かないでしょう(飛び地にはまることもあります)。

 対戦相手への妨害は相手が倒すことが目的ですから、完全に「必要悪」になります。移動などをうまくすれば、本当に妨害になるでしょう。

 マイナーどころではありますが、一見さんに勧めてもいい感じだと思います。逆にゲーム慣れしているプレイヤー同士だと、ちょっともどかしく思うかもしれません。


テナントウォーズ

一見さんに優しい: ★★★☆☆ [そこそこ優しい]
プレイ時間が手頃: ★★★★☆ [1ゲーム60分くらい]
険悪にならない : ★★★★☆ [妨害はほとんどできない]
一見さんにお勧め: ★★☆☆☆ [興味がありそうなら]

 ルールはあまり難しくないので、一見さんにはそこそこだと思います。ただ、資金に合わせてテナントを入れるのは多少の技術が必要になるでしょう。乗っ取りのタイミングもそうです。

 プレイ時間はスムーズに行けば60分ちょっとで終わると思いますが、イベントカードで泥沼化するとかなり時間がかかってしまうでしょう(状況をリセットするようなカードがあるので)。

 対戦相手への妨害は、そこそこあります。ポイントのイベントで、いろいろと妨害することができます。でも、ポイントはどちらかと言えば自分のために使う方がいいと思います。

 個人的にはこのゲームを一見さんに勧めるのは、どうかと思います。さくさくとプレイするのには、ちょっと時間がかかりますし、逆に本格的にプレイするのには物足りない感じがするからです。この手のゲームだったら、深い世界に引きずり込むつもりで「いただきストリート」をするか、「ガイアマスター」でさくさくとプレイするかの選択になります。


じぱんぐ島

一見さんに優しい: ★★★☆☆ [そこそこ優しい]
プレイ時間が手頃: ★★★★☆ [1ゲーム60分くらい]
険悪にならない : ★★★★☆ [妨害はほとんどできない]
一見さんにお勧め: ★★☆☆☆ [興味がありそうなら]

 ルールは意外と複雑です(もとのゲームは説明に15分くらいかかります)。しかし慣れてしまえば、そんなに苦にはならないので、一見さんにはそこそこでしょう。ただ、本当に勝ちたければいろいろなテクニックが必要になります。あと、いったん不利な状況になるとドツボにはまるおそれがあります

 プレイ時間は、60分弱くらいでしょうか。目標を100万石にすると、ゲームが本格化する前に終わってしまうので、120〜150万石でプレイした方がいいと思います。

 対戦相手の妨害は、戦闘ができるところと妨害するカードがあるので、そこそこできると思います。問題は、妨害ばかりしていると勝てないことです。

 このゲームも一見さんに勧めるのには、ちょっと大変かと思います。ゲームシステムが(コンシューマであるような)従来の形式とあまりにも離れているからです。一見さんとこのゲームをやろうとするきっかけがつかみにくい気がします。一見さんを含めてプレイヤーが4人いたら、思い切って「カタン」をやってしまうような気がします。


 最後までお読みいただきありがとうございました。参考になりましたでしょうか? こういったゲームでは勝敗もありますが、何よりも「みんなで楽しくプレイする」というところに意義があるのではと思います。仲間といっしょに楽んでみてはいかがでしょうか。


トップ > がらくた置き場 > フリートーク