トップ > がらくた置き場 > フリートーク

● 手札 ●

 シャッフルの話題を書いたあとで、BBS 上で手札の持ち方などが話題になったので、ちょっと掘り下げてみようと思います。主にマナー関係の話になりますが、ゲームの基礎的な部分になるだけに大事だと思います。


● カードが配られるまで

 まずは、シャッフルをしてからカードが配られるまでを考えてみます。以前にシャッフルのところで書いたことと重複するかもしれませんが、再確認の意味でもう一度書きます。

 マナーではなく個人的な意見なのですが、カードを配る際は、ルールに明記されていない限り1枚ずつ配って欲しいと思います。カードの偏りを防ぐのと、枚数のミスをなくすためにやって欲しいと思うわけです。

 カードを配る際は各プレイヤーの前に配るのではなく、自分の前にプレイヤーの数だけ山を作るのがいいと思います。カードを飛ばすようにして配る方もいらっしゃいますが、テーブルから落ちたり、表向きになったりするおそれがあるのでやめたほうがいいと思います。

 トランプのようにプラスチックのカードや、スリーブ入りのカードでは滑りやすいことを考えてください。自分の前で山を作るときは、山どうしが混ざらないように注意する必要があります。

 配っている最中にカードが見えてしまったら、切り直したほうがいいと思います。1枚くらい見えても問題のないゲームで、仲間内でプレイしているのならいいのですが、基本的には「見えたら切り直す」と思っていただければいいでしょう。なかには、カードが見えただけでゲームに大きな影響を与えるものもあります。

 カードが配り終わるまではカードに触れてはいけません。これもぜひ守って欲しいです。配っている最中に手を出されると配りにくいですし、枚数のミスや、カードが見えてしまう原因になるからです。

 ディーラーが配る枚数を間違えたかもしれない場合は、配り終わったらすぐに全員に枚数を確認するように告げましょう。枚数を確認するときは、裏向きのまま数えてください。足りない場合はいいのですが、配りすぎたときに問題になるからです(カードを見てから数える人は意外と多いです)。

● 手札の持ち方

 手札として配られたカードは他のプレイヤーに見えないように持ってください。持つときの角度や、手の位置によっては隣に座っているプレイヤーに見えてしまう場合があります。手札は自分にだけ見えればいいので、あまり遠い位置に手を持って行かなくても見えるはずです。

 ルール上明記されていない限り、手札を見せるのはマナーに反します。相手の手札を見るのは論外ですが、相手に自分の手札を見せないようにしましょう。見てしまった対戦相手にとっても、ゲームがつまらないものになってしまうからです。

 ちょっと話は逸れるのですが、ルールに示されていないのに手札の情報を公開するのもマナー違反です。他のプレイヤーからカードを引かれるときに、特定のカードを持っていないという情報を与えるのはゲームを壊す行為になります。ゲーム上、見えないものは見えないことに意味があるからです。

 不正防止のため、手札は相手の見えるところに持っている必要があります。テーブルの下とかに隠してはいけません。また、手札の枚数は基本的には公開情報です。手札の枚数を聞かれたら、正確に答えてください。

 一時的に席を離れる場合は、手札を見えないように伏せてください。このとき、通る方向にいるプレイヤーも手札を伏せておき、戻ってくるまではそのままにしておきましょう。

● 手札の並び替え

 プレイをスムーズにするために、手札の並び替え(ソート)は必要だと思います。種類、強さなどをキーにソートします。自分がわかりやすいようにしましょう。似たような色のカードはなるべくはなしておくと、種類間違えなどの事故が起こりにくいです。

 また、ソートする際には漏れがないようにしましょう。伏兵(ないと思っていたカード)が発見されるといろいろと面倒なことになります。

● 手札からランダムでカードを引くとき

 手札からランダムでカードを引くときは、引かれる前に必ずシャッフルするようにしましょう。カードの並び順などから、意図的に欲しいカードが抜かれる場合があるからです。

 カードの並び順や、カードをプレイする場所から手札の位置を推測する方もいらっしゃいますが、これはマナー違反だと思います。もともと手札は秘密情報ですし、ランダムにカードを引く場合は、ゲーム上意味があってランダムにしているからです。とうぜん、駆け引きを楽しむためにルールに明記されている場合は別なのですが。

 若干効率の悪い方法ではありますが、ランダムでカードを引く方法で私が見たやり方を1つ紹介します。

 手札を持っているプレイヤーは、枚数を報告したあとで自分の手札を(ヒンズー)シャッフルします。カードを引く相手は、適当なところで「ストップ」をかけ、シャッフルを止めさせます。そのあとで引く場所を指定して、その場所のカードを持っていきます。

 面倒くさい方法ですが、カードが痛んでしまったりして裏からある程度カードが分かってしまうような場合に有効です。シャッフルに不正がなければランダムな方法になります。

● 手札を他のプレイヤーに渡すとき

 ゲームによっては、手札をすべて他のプレイヤーに渡す場合があります。このような場合は、渡す側が相手に渡す前にシャッフルをしたほうがいいと思います。

 極端な話、渡された手札をそのまま持っていると、どのカードがどの位置にあるかが分かるわけです。最も、このようにカードを判別するのはマナー違反だと思うのですが、そういうことを防ぐためにシャッフルしているわけです。

 渡す側がシャッフルするのは、「カードの位置からカードの判断はしませんよ」という意思表示だと思ってください。受け取る側がするよりも個人的にはいいと思います。


 手札に関するお話をしていきました。手札は「自分にしか分からない秘密の情報」という前提で作られたゲームが多いです。その前提が崩されるようなことをしないほうが、ゲームをより楽しめるのではないでしょうか。

 なお、ここで取り上げた話は私の経験をもとに書いています。いろいろと見ていて、これはやらないほうがいいのではと思ったこともこの機会に書いてみました。

 話題が話題だけに、ちょっと堅苦しくなってしまったかもしれませんが、基本的なマナーを押さえておけばどこに行っても楽しくプレイすることができると思います。そういった意味で大事なことだと思うのです。


トップ > がらくた置き場 > フリートーク