トップ > がらくた置き場 > フリートーク

● 自作カードの作り方 ●

 オリジナルのカードゲームを作る際に、どうやってカードを作るかは大きな問題です。今回は、私が行っているテストプレイ用のカードの作り方を紹介します。


● 準備するもの

 カードを作る際に、多少準備するものがあります。

- ベースになるカード
- カードを入れるスリーブ
- カードの内容
- はさみ or カッター

 ベースになるカードは、ある程度の強度を出すためには必要不可欠です。私には MAGIC のあまりカードがたくさんあるので、それを利用することにします。TCG をプレイしない方でも、100円のトランプがあれば十分です。

カードの山

ベースになるカード
(MAGIC のカードを使用)

 カードを入れるスリーブがあるととても便利です。スリーブがあれば、のりづけすることなくカードをつくることができますし、カードの効果を替えたときも差し替えがとても簡単にできます。スリーブについては、フリートークの「カードを守る」に詳しく書いてあります。買うときは、カードのサイズを確認することをお忘れなく。

カードの内容

カードの内容
(B5 用紙にプリントアウト済み)

 一番大事なのは、内容となるカードです。ワープロソフトを使って制作するのが一番簡単だと思います。カードの大きさより一回り小さい(レイアウト/文章)枠を作成して、その中に文字やイラストなどを入れます。私は、一太郎で行っていますが、Word でもちゃんとできるはずです。

 あとは、プリントしたものを切り取るものが必要です。私は生産効率を上げるために、カッターを使用しています。


● 作り方

 必要なものをそろえたら、カードの内容をすべてプリントアウトします。枚数が多い場合は、かなり時間がかかるので気をつけて下さい。

 プリントアウトが終わったら、枠に沿ってカードの内容を切り取ります。できあがりを美しくするためには、枠の少々内側を切るといいでしょう。スリーブに入れるので、多少サイズが違っても問題ありません。ちゃんとカードよりちょっと小さいサイズで作っていれば、プレイ中にはみ出ることもありません。

カードを切り取る

カードを切り取る

カード

カード

スリーブ

スリーブ

完成品

完成品

 カードを全部切り取ったら、スリーブの中にカードと切り取った内容を入れていきます。全部入れたら完成です。


 カードの作り方を簡単に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。もし、作り方で分からない点がありましたら、BBS かメールでお願いします。できる範囲で質問にお答えします。


トップ > がらくた置き場 > フリートーク