トップ > がらくた置き場 > ギャラリー

- 箱を作ってみる [2003.06.01] -

 昨日から「ことばであそぼ」のルール変更とともに、チップ作りなどもやっていたのですが、せっかく時間をかけて作っているのだから、ボックスまで作ってしまおうと思って急遽箱を作ってみました。

 とりあえずカードの寸法を測って、箱のサイズを決めて A4 の厚紙にざっくりと設計図をかいて、プロトタイプを作ってみたら、いい感じに収まりそうだったので、本格的にチップ用の紙で作ってみました。

 手作業ではどうしても誤差が出るので PC を使って、設計図を作り型紙にプリントアウト。型紙からチップ用の紙にトレースして、切断、接着して下地の箱を作りました。型紙から箱ができるまでおよそ 30分で、生産性はそこそこです。

 ただの箱では面白くないということで、設計図のデータから軽く箱絵をつくって貼り付けてみました。完成した箱はこちらです。

箱の外観 箱の中身

 ちなみに、このバージョンの「ことばであそぼ」の制作時間とコストを紹介しましょう。

 カードは厚手のカード用の用紙を 15枚使っており、560円かかっています。手作りのカードはどうしても強度と精度に問題が出てしまうので、スリーブに入れています。これが 120枚分で 600円です。カード制作の時間は印刷に 90分、切断に 60分、スリーブ入れに 30分かかりました。

 お次はチップです。チップは 1枚の紙に印刷して、厚手の紙の両面に貼り付けてテープでコーティングしてあります。コストは 110円程度です。制作時間は印刷も含めて 45分ほど。最後の外箱の費用は 120円程度で、制作時間は 60分くらいになるでしょう。

 費用は、消費税やインク代なども考えると 1600円ほどかかっています。1セット作るのにかかる時間は 6時間くらい、印刷時間を除いても 4時間くらいになりますね。

 自作ゲームを大量生産するのは難しいものだと実感させられた結果になりました。120枚のカードが費用としても、時間としてもネックになっていますね。


トップ > がらくた置き場 > ギャラリー