東町整骨院

トレーナーとしての活動(主にボランティア)



原始林クロスカントリー大会(江別市)

 1997年から、トレーナールーム責任者として設置し、スタート前とゴール後の選手へのコンディショニングを行なっています
   
写真左:原始林クロスカントリー大会案内パンフレットより

                  写真右:トレーナールーム受付の様子



記事↑:北海道新聞江別版で紹介されました。(2004年)





 
写真:
2014年と2015年の大会スタート前のトレーナールーム利用者の皆様から

 大学院の修士論文の研究データのご協力をいただきました。





たかすジョギングフェスティバル(鷹栖町)

 2003年から、トレーナールームスタッフとしてスタート前とゴール後の

ランナーへのボディケア、スポーツ障害の治療を行なっています。


 
北海道メディカル・スポーツ専門学校柔道整復師学科の学生(希望者)

をボランティアで引率し、移動車内講義 と 現場体験実習 

を行いました。

   
       2016年                   2017年

 ※2016年、2017年ともに、あいにくの雨天のため、
                           利用者は例年の1/3ほど。

       
               2019年 (最後の引率)



北海道空手道選手権大会(道内各地)
 
医務係・救護係として、負傷した選手の応急手当てを行なっています。

  

写真は、2014年 北翔大学大学院 生涯スポーツ学研究科 在学時

写真左:空手大会の医務・救護担当歴約40年の大先輩と。

写真右:5カ所で同時に行われる試合を観察し、ケガ対応に備えます。





東京マラソン(東京都)
 
 NPO-JATAC会員として
  
ゴール後の選手へのボディケアを行なっています。


写真↑:東京マラソン2009 小野清子NPO-JATAC会長と




    

 写真左 東京マラソン2011     写真右 東京マラソン2018





走り方教室(5月)小学生陸上教室(2月)

                      北海道立野幌総合運動公園


  2013年から始まった北翔大学の大宮準教授らによる

 小学生の運動会前の走り方の教室では、

 救護担当として依頼されています。






過去の活動


大麻宮町公団自治会 健康体操教室(江別市)
 大麻宮町公団自治会の「愛のふれあい」事業の一環で、高齢者の転倒予防、肩こり・腰痛予防などの健康づくりに関する「講話」と「体操(ストレッチを含む)」を月二回のペースで行なっていました。
    
                

写真↑:健康体操教室風景




北海道マラソン2009(札幌市)
 収容バスに乗車しましたが、2009は天候が曇り、気温も高くなく、
完走率が高かったため、乗車した収容バスには11名の選手が乗車
しましたが、座席間が狭く、トレーナーとして技能が生かせませんで
した。



当別町健康まつり(当別町) 清水町健康まつり(清水町)
 「健康スポーツ相談」コーナーで、健康づくりのアドバイス、肩こり・
腰痛などの体操指導を行なっていました。(1994年〜2000年)

   
  写真:当別町健康まつり「健康スポーツ相談」コーナー (1999年)




東町整骨院Top|新着情報