東町整骨院

ボディケア外来



◎トレーナー部門



  東京マラソン で、

 NPO-JATAC(ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会)の一員として、

   ゴール後のランナーのボディケアを行いました。





NPO法人ジャパンアスレチック・トレーナーズ協会より、

東京マラソン2019においてボディケアを行ったことが表彰されました(2019年3月吉日)



当院は、予防医学の観点から、ボディケアを行っています。


※スポーツ または 労働の ボディケアの料金は、
  
初診料1520円+処置料2200円

大麻・文京台地区の予約限定で訪問可能です(訪問料2000円



スポーツ ボディケア


 小学生、中学生、高校生、大学生、一般のスポーツを行って
いる方が対象


 第一に、スポーツ外傷とスポーツ障害の予防、

 第二に、スポーツ外傷とスポーツ障害を負った患部の再度の
 
 負傷の予防

 第三に、選手の最大限のパフォーマンス(身体機能)を発揮

できる、という観点から、マッサージなどの手技療法

ストレッチ、キネシオテーピング、トレーニングなどを必要に

応じて行います。


       1回15分(処置時間):2,200円(初診料1520円別)

     *初診料には身体状況の検査が含まれています。



労働 ボディケア


 サラリーマン、パート、アルバイト、自営業などお仕事をしてい

る方が対象


 労災のうち、運動器(骨、筋・腱、靭帯、関節、神経)のケガ

使いすぎ症候群(オーバーユースシンドローム)を予防する

ことを目的としています。


 疲労した筋肉はこった状態(筋肉の収縮と弛緩が不十分)に

なりやすく、筋肉が本来の持っている筋力と柔軟性が十分に発

揮できません。したがって、脳から命令が出てもうまく反応でき

ず、ケガ(=労働災害)が起きやすくなります。


 使い過ぎ症候群のなかで、デスクワークによくみられる静的

労働では、筋肉の長時間の緊張により、頚肩腕症候群(頭痛、

肩こり、肩・腕・手・手指の痛みやシビレ)を起しやすい状態に

なります。


 上記以外にもたくさんある労働災害を予防するために、マッ

サージなどの手技療法、ストレッチ、運動療法、キネシオテー

ピング、トレーニングなど必要に応じて選択していきます。



 フィジカルチェックは、佐野先生、片岡先生、小山内先生らが

行ってきた、筋や腱などのチェック、関節可動域のチェック、簡

単な循環機能のチェックを行い、潜在的な労働災害リスクをチ

ェックします。


       1回15分(処置時間):2,200円(初診料1520円別) 
 

      *初診料には身体状況の検査が含まれています。


私の研究の師である佐野裕司先生(東京海洋大学)、

片岡幸雄先生(前千葉大学)は、東京都多摩スポーツ会館

おいて「健康体力づくり事業」を行っており(現在は行っていません)

佐野先生は現在もある企業の労働者の健康づくりに関わってい

ます。

 また、両氏の師となる小山内博先生((財)労働科学研究所、

著書:健康づくりの基礎-予防医学の立場から-(財)労働科学


研究所出版部,1987)は、労働者の健康管理の専門医です。



東町整骨院Top|新着情報