PETRA LIVE
ご報告

2001年 6月29日
 
ライブに来てくださった皆様。
ありがとう!

ほうほう、掲示板に登場するSEN君が写っているぞ。
ペトラのお客様

Dr.市原 康 Key.西原 悟 Ba.万年 諭

PA 岩井 寛
制作管理 楠 章二
運営 岩渕由美子
演奏曲目
    
流れのほとり
今が過ぎる前に

果樹園

きてよクリスマス
ペトラ通り
喜びの季節

Amazing Grace

そこに命があれば
心の勇士
やさしく眠ろう

驚くばかりさ
永遠鉄道
HEAVENLY

(Encore)

FUJIYAMA
   GOD BLESS YOU


 今回は「MAK0TO CLUB」に書きこまれたりクエスト曲を演奏MENUに加えて選曲してみました。そうすると普段あまり歌わない曲を歌うことにもなるし、どんな曲が人気があるのかを知ることもできるし、けっこう楽しむことができました。

 さてライブの中身の方ですが、一曲目は「流れのほとり」。もう20年前の歌ですが、昨年「HEAVENLY」でセルフカバーしました。この曲は、間奏がギターでは弾きにくいので、普段はあまり歌いません(自分でアレンジしたのですが弾きにくい)。リハーサルで歌っていると万年氏がうすくハーモ二一をつけてくれたり、西やんが軽くピア二力(本当はホーナー製でピア二カという名前じやない。ピア二カと言うと西やんは怒る)を吹いてくれたりして。何か良い感じなので本番も途中から合流ということに。

 2曲目はメールでリクエストをいただいた「今が過ぎる前に」。この歌はけっこう歌ってきたので適当に熟成してきて良い感じ。ペトラストり一トの面々は非常に歌を大切にした演奏をしてくれるので、4人で歌っているという感じがします。大人ですよねみんな。

 3曲目は「果樹園」。来年発売予定のレコーディングアレンジのお披露目になりました。キーボードのPADが霧のように湧きあがってくる中、アコースティックギターのスリーフィンガ一が聞こえてくる、少し70年代っぽい雰囲気といえるかな。

 4曲目の「きてよクりスマス」は4月にできた曲。リハーサルの中で、あーでもない、こーでもないとアレンジを考え直しての演奏。もう譜面が書き込みだらけになってしまいました。コンサート後のアンケートに、この曲が好きという文字を見つけた私。いやー、久しぶりに努力が報われたという感じがしました。

 その後は曲つなぎで「ペトラ通り」「喜びの季節」と続きます。「喜びの季節」の後半は大アドりブ大会。ソロはまず西やんのピアノからスタート。思わせぶりな前振りの後、二ュ一オーリンズ近辺をうろついているようなフレ一ズが続く。いくつかの山を越えて本日のチョモランマへと登りつめてゆく西やん。何が憎いのかピアノを腕でこずきまくり、楽譜に書けない世界へ突入。
最後は椅子から落ち、軽失神状態。会場でも心配して立ち上がる人が。1分程して正気に戻りソロはめでたく終了。

 続いては万年氏。万を持してのべ一スソロは軽快に展開してゆきます。会場からもヒュー、ヒューと歓声が上がる程。そういえば早いものでこの6月で、万年氏がメンバーに加わって1年が過ぎました。ますます色々な意味で輝きが増していますな。

 最後はお待ちかね、市ちゃん。ドラムソロのどまんなかで市ちゃんの目の色が変わるのをみんな楽しみにしています。彼の目が座った時には、なんびとたりとも彼を止める事はできません。スティックを華麗に操りながら、ひとり宇宙へと旅立ってゆくのです。軽いET症状です。今回は近場の成層圏あたりまで行ったらしく、安外早く帰ってきました。

 ソロの後は会場も一緒に♪〜数えれば 数えれば〜♪の大合唱。これぞペトラライブという時間でした。

 7曲目は「Amazing Grace」。珍しいでしょう。実は5月からブルースハープで吹いているのです。まだまだミストーンの危険性大ですが、あの有名な太郎君に負けないように頑張る所存であります。(太郎君とはブルースハープの天才少年?子供?スパルタ親父を持つ。)

 さあ、ライブも後半にさしかかり、「そこに命があれば」「心の勇士」「やさしく眠ろう」と雰囲気のある曲が続きます。

 最後は工レクトりックギタ一にもちかえて「驚くばかりさ」「永遠鉄道」「HEAVENLY」の3曲を歌いました。このへんまでくると頭の中の温度も上昇しまくりです。
 6月のペトラは心も会場も熱くなったライブでした。自分達の歌と演奏が聞いている人の心に届いていることが感じられた夜でした。

 アンコールは「FUJIYAMA 」と「GOD BLESS YOU」。アンコールが終わっても拍手が止まりません。今度のペトラライブは8月。待ち遠しいですね。

 おっとどっこい、7月19日には仙台でのソロライブ。7月26日には吉祥寺MANDA-LAUでのライブがあります。よろしく。

Tadaimaのメニューへ戻ります。