55歌声ペトラ
ご報告

2001年 12月 4日
 
ソングリーダー
市原 康

お話
関根一夫

歌唱指導
西原 悟

奏楽
ペトラストリート
歌唱曲目


一人神の前に
真実な方と呼ばれ
愛することを学ぶこと
永遠の慰め
あなたがそこにいて
戦いを捨てて

---------------------------

-今月の新曲披露-

主は言われます


---------------------------

お話1
(詩ができた背景など)

お話2
(曲はこんな風にできました)

---------------------------
新曲の歌唱指導
-------------------------

God bless you

 
 まず始めに、お詫びでございます。なんとペトラクラブでの「ファイナル歌声」の報告を、忙しさにかまけてサボってしまったわたくしをお許しください。この気楽さが歌声を長く続けてこれた秘訣かも…。(かってな言い訳を申しました。)

 仕切り直して、20名!OCC(お茶の水クリスチャンセンター)に会場を移しての歌声ペトラは、20名の参加者があり、全員ステージ上でというシチュエーションからは免れました。が、主催者サイドもお客さんもまだなんとなくよそゆきな感じ。ペトラクラブでの「我が物顔」状態は何回目くらいから見られるようになるかな?

 実はOCC前夜、大勢の人が会場に詰め掛ける夢を見ました。現実となることを願っています。そうそう今回からペトラライブではもうすっかりおなじみのベーシスト、万年諭氏(実は牧師)も加わって充実した奏楽チームでお送りしております。

 今回の新曲は55曲目、「主は言われます」。ちなみに54曲目は「愛を忘れずに」でした。2曲の歌詞を掲載します。


「愛を忘れずに」

私は父なる神様のめぐみと
愛を喜びます
私に奇跡がおこせなくても
道がけわしく とぼしくても
父なる神様からの愛を忘れずに
喜びあがめます
感謝します


「主は言われます」

私達の罪を赦し
もはや思い出すことはないと
主は言われます
私達の罪を赦し
傷もいやしてくださいます
*主なるイエス様に知られている喜び
主なるイエス様に赦されている喜び

私達の存在を
永久に忘れ去ることはないと
主は言われます
私達に愛を注ぎ
共に歩んでくださいます
*主なるイエス様に知られている喜び
主なるイエス様に赦されている喜び



 今回の「主は言われます」は、OCCの会場をイメージしながら大人っぽい感じの曲を作ろうと努力しました。メチャメチャ歌のうまい大人の女性が包み込むような歌唱力で歌い上げる!そんな感じかな...。

 作詞者・関根一夫先生のお話は、「知られている喜び」。私達は、「私はイエスキリストを知っている!」と声高に言ってみても、ちょっとし
た小さなことがきっかけで、見る影もなくしょぼくれて元気を失ってしまうことがあります。私達がイエスキリストを知っていることの幸いはもちろんですが、それ以上に主なるイエスキリストに知られていることは素晴らしいことです。私達の必要も、喜びも、悲しみもすべて知っていてくださる神様は、仮に私達が痴呆症などになって神様を忘れても決して私達を忘れないでいてくださるのです。このことを確信できるならば本当に安心ですね。状況が変わらなくても、落ち着いて生きていけます。

 続いては西原悟氏による「ほな、お稽古しましょ」の歌唱指導のコーナー。この人物は会場が変わっても相変わらずのノリ。「僕たちも今初めて聞いたばかりだけど、ナインスのレの音から始めるなんて、ちょっとカッコつけてる感じでいいねえ〜、ほんといいねえ〜」と仲間内で誉め合いながら、なごやかにお稽古は進みます。今回は男性が多く、ハーモニーもいい感じでした。会場も適度な響きぐあいで、うまく聞こえて大満足!

 次回は、2002年1月15日(火)。OCC8階ホールでお待ちしています。着物でお出かけの方は無料です。(もともと無料だけどね)

Tadaimaのメニューへ戻ります。