台風・台風・台風3号

 7月8日(土)、関東各地には台風3号による大雨洪水警報が発令され、交通期間にも遅れが出ていました。この日私は台風の進路にあたる、福島県いわき市へ出かける予定です。早朝に起きて天気予報のチェックをしたところ、今日私が出かける先は台風の進路と一緒で、しかもコンサート開始時刻の15時頃には、台風もコンサート会場にやって来そうな予報がでています。とりあえあず家を早めに出て向かった上野駅。そこには無情にも常磐線は運転の見こみがたたないとのアナウンスが流れています。しょうがないのであらかじめ教えていただいていた高速バスでの移動に切り替ええることにし、東京駅八重洲口へと向かいました。

 結果、めったに乗らないバスの旅になりました。ここはHPの為に、デジカメで写しておこうなどと、やめればいいのに、わざわざデジカメをスーツケースから取り出し、手に持ってバスの到着を待ちました。やがてバスが到着。右手にギター、左手にスーツケースを引っ張りながらデジカメを握り、バスに乗りこむのですが、これが以外に困難。バスの入り口は狭い、ギターがぶつかる、知らず知らずのうちに私は汗だくになり、席を見つけ、やっとのことで荷物を置いて一息、はっと気がつくと・・・・・デジカメがない!タラ!・・・・・・・。どこにいったのマイデジカメ!・・・・・・。もうバスは動き出していますし、回りを見てもありません。慌てふためいた挙句がこれじゃな・・・・・。アー!デジカメ・・・・。車窓を過ぎる景色も目に入らず、30分くらいはすっかり動揺してしまった私です。
 
 結局デジカメは見当たらず、これ以上探していると、乗客の皆さんを疑っているような妙な感じにならぬとも限らず、ひとまず忘れることにしました。(できないできない)

 バスは時々氾濫した川を見ながら北上します。水戸を過ぎ、もう風は収まった様子、台風は過ぎた・・・・。少しほっとした気持ちがしてきました。

 さあ目的地が近づいてきました。事前にコンサートの為の打ち合わせをしてくださっていたTさんが迎えにきてくれることになっています。Tさんにはこの日始めてお会いするので、Tさんの顔は知りません。

 バスから降りてしばらくすると、一台のスペアタイヤをつけた車がやってきました。運転している方が私を見て微笑んでいます。どうやらこの方がTさんのようです。
 
 簡単な挨拶をして荷物を積み込み、車に乗ります。Tさんの話では今朝突然タイヤがパンクしてしまって、大雨の中、スペアタイヤに取り替えて迎えにきてくださったとのこと。私はデジカメをなくしたことは決して言うまいと心に決めていたのですが、タイヤがパンク、という話を聞いた途端に「実はさっきデジカメをなくしてしまったんですよ」と言ってしまったのです。Tさんも「エッそうなんですか〜」と言いながら、車が交差点にさしかかったとき、なんと左側の車線を走っていた車が、突然私達の車線に入ってきたのです。あれよあれよという間にガツンとぶつかってしまいました。

 Tさんは私に「申し訳ありませんでした、身体は大丈夫ですか」と何度もあやまるし、がっくりしているのはTさん本人であろうことは私にもよくわかるし、慰めの言葉もありませんでした。私がうっかりデジカメ紛失の話などして、驚かせなければ良かったんですよね・・・・・・・・・。Tさんごめんなさい。

 台風直撃、デジカメ紛失、タイヤパンク、車追突、これがこの日のコンサート前に起こった出来事でした。

 でもご心配なく、コンサートはとってもあったかな雰囲気、とても良い感じで終えることができました。

 しかし、コンサート終了後に車に乗っていても、他の車が突然曲がってぶつかってくるような恐怖感がありました。その恐怖感は翌日まで続きました。これくらいなんでもないと思っていても、けっこうショックを受けるものなんですね。

 とにかく怪我もなく、無事にコンサートを終え、帰ってきました。だから本当に「ただありがとう」ですね。

 いわきのコンサートのこと、そしてTさんをはじめ、出会った皆さんを忘れることがないと思います。その夜、ホテルの窓から見える月はにっこりと笑っていました。
Tadaimaのメニューへ戻ります。