第1回関西歌声ペトラ




 3月21日、第1回関西歌声ペトラが開催されました。何人かの有志を中心とした、十数名のボランティアの方々の働きがあり、開催の運びとなりました。会場を提供してくださったのは大阪城東基督教会。


大阪城東基督教会
西勝寺ではありません

大阪城東基督教会


 まず第1回目ということで50人程の参加を見
込んでいたのですが、ふたを開けてみれば会場いっぱいの93人の方々がおいでくださいました。まさに驚きのひとこと。それだけで感動しました。

 さてここまでのい
きさつを説明しましょう。いつからかこのホームページの掲示板MAKOTO・CLUBに関西の方がよく書き込んでくださるようになりました。やがてOFF会というわけではないのですが、その方々が私のライブで顔見知りになり、交流が生まれてきました。

 昨
年の秋、リーダーのひとりである村山さんのお店[キッチンムラヤマ]で歌声ペトラもどきの集まりが開かれました。


キッチンムラヤマでの写真を探したのですが
こんなのしかありませんでした
これが誰かはご想像にお任せします

誰?


上の写真だけではあんまりなので
今回の歌声でも手伝ってくれた
Jelmasterのお嬢さん

お手伝いありがとう

 この時のプログラムは、コンサートと歌声ペトラが合体したような内容で、私
的には過酷なプログラムとなりました。なぜかというと1時間半程、リクエストされっぱなし、歌いっぱなし、という状態だったからです。でもそこにある空気はとても楽しいものでした。

 この集まりからしばらく
して関西歌声ペトラ開催の夢が現実性をおびてきて、第1回関西歌声ペトラに至るのです。インターネットからこのような出来事が実現するとは時代ですね、時代。
 
 さて当日の様子ですが、3時にはスタッフが集まり機材を搬入。私が着いた頃にはほとんどの準備が終わっていました。


全曲が入った楽譜集やらなにやら
ここまでの準備もさぞかし大変だったと思います

会場準備の風景


 ミュージシャンが揃ったところでリハーサル開始。今回は事前に練習
をしてくださったこともありスムーズにリハーサルが進みました。もちろん関西ならではの、ギャグ込みのリハーサルでしたが・・・。

 五時前に関根先生到着。本番が近づいてきます。


あわただしく駆け込む関根先生

関根先生到着


私達も打ち合わせ
けっこう珍しい写真です

打ち合わせ


 こころなしか緊
張しているスタッフの顔も。6時、開演時間となり、司会者のコメントがはじまりました。やがて私にバトンタッチされ、歌い始めます。最初は「リジョイス」、そして「キリストが私の味方」、「愛することを学ぶこと」、「あながそこにいて」と歌いました。初めてのかたが多いはずなのに、みなさん大きな声で歌ってくださいました。


こんな感じでした

会場の風景


 次は今月の新曲
披露です。東京よりもはやいお披露目です。曲名は「キリストの中に生きるなら」。この曲で81曲になります。

 新曲ご披露に続いて一夫先生のお話。「GOD BLESS YOU」の詩が誕生したときのエピソード、「あなたがそこにいて」の生まれる背景など、笑ったり、少しうるっとしたり、心に響くお話でした。

 お話の後は新曲の練習です。いつ
もは西原氏の独壇場ですが、今回は私の役目。四苦八苦しながらでしたが、みなさんよく歌ってくださいました。ちゃんと四声でハモりましたよ。

 最後はリクエ
ストコーナーですが、比較的若い番号の曲がリクエストされました。「神の奇跡」「ひとり神の前に」「沈黙の中に」などです。

 リクエストコーナーが終わると、今月の歌を歌い、「
GOD BLESS YOU」でしめ、終演間際に1時間半も道に迷いながら駆けつけてくださった方のためにもう一度みんなで今月の歌を歌うというハプニングのおまけもつきました。

 お客様が引けてほっとした頃、もう
あとかたづけも終わっているのですが、スタッフのみんなが帰るそぶりをみせません。ひとりの方がぼそっと「名残惜しいんてすわ・・・」。


全員で記念写真

記念写真


 本当にそうでしたね。初めてお会いする方もあったのに「第1回関西歌声ペトラ」の時間を共有できた充実感がひとりひとりにあり、それをことばで確認しあいたいような空気がありました。でも体の疲れもあるし解散することに・・・。

 春にしてはちょっと肌寒い夜、心だけはあったまっていました。次回は6月の予定を考えているようです。その
時はあなたも一緒に歌っているかもしれませんね。

Tadaimaのメニューへ戻ります。