PETRA LIVE
ご報告

2000年 6月 20日
 
Dr.市原 康 Key.西原悟 Ba.万年 諭
演奏曲目
永遠鉄道
ぺトラ通り
眩しい翼
今が過ぎる前に
FUJIYAMA(新曲)
驚くばかりさ
そこにいのちがあれば
ただありがとう
喜びの季節
漁師になろう
HEAVENLY
願い
輝く明日

ドキドキスキップ
GOD BLESS YOU
 
 リハーサルの時でしたが、久しぶりに「眩しい翼」のイントロのフレーズを弾き始めたとき、以前はこの曲の中でフルートを吹いていた中谷望氏のことを、ふっと思い出してしまいました。中谷氏は昨年11月、病のために天国へ帰っていきました。その彼のフルートが私の耳の中で鳴り出したような気がしたのです。キーボードのNishiyanも「なんかそんな気分になる」とうなずいていました。

 ベースの万年氏が加わって2回目のライブ、数年続いているメンバーの中に加わるのはなかなかしんどいだろうなと思いつつ、リハーサルが進んでいきます。長年演奏をしている同士は、言葉なしでいろいろなやり取りをします。なおかつそれが言葉であったかのような確信を持ちながら・・・・・。だから万年氏がひとり置いてけぼりをくったような感じにならぬとも限りません。まあゆっくりとなじんでいきながら、ゆっくりと新しいサウンドを作ってゆきたいと思います。ヨロシク!

 本番で言いたくて言えなかったことです。実はリハーサリストという新語を考えついたので、みんなの前で言ってみたかったのですが・・・・。「リハーサリスト」それは私達のように、びっちりリハをやり、本番は体力低下気味ミュージシャンのことを指します。あのミュージシャンはリハでは最高だなんて言われたらもうおしまいですかね?

 「喜びの季節」の演奏では、おなじみの大アドリブ大会、ねえどこへ言ってしまうの?(ミュージシャンがアドリブの中、それぞれの世界に突入してゆくさまを表現してみました。)タイムがありました。今日もみんななかなか聴かせ、楽しませてくれました。

 20日はCD「HEAVENLY」の発売日、「HEAVENLY」「願い」も歌い、ライブが終盤を迎え、恒例のアンコール。最後は「GOD BLESS YOU」を会場のみんなと掛け合いながら、しっとりとステージの明かりがおとされました。

 来月のライブは11日(火)です。今年はなるべく火曜日、金曜日と交互に開催をと願っていましたが、結果火曜日が多くなってしまい、金曜日派の方には申し訳ありません。

 ではまた来月のお越しをお待ちしています。
Tadaimaのメニューへ戻ります。