ピックの持ち方<写真>

ピックを持つフォーム ピックは指からこれくらい出ているのが良いでしょう。
指に力が入り過ぎないように、ピックと指とがなるべく広い面で接するように持ってください。
ピックが指から出ている長さによっても音質が変わりますので、いろいろと試してください。
ピックを持つフォーム ピックを指先で持つのではないことがわかります。ピックと親指がたくさん接しています。
ピックを持つフォーム。 ひとさし指も指先ではなく、横腹で押さえます。
髪の毛のように細いもの、小さいものをつかむ時のように、指先と指先でピックを握らないようにしましょう。
Guitar no kotonado MENU