サフランのうた

きく
ヒマラヤユキノシタ

かきどうし
まつたけ
夏の終わり
椿の実
鶏頭の花
わらう
つばき
悲しみの意味・サフラン

コスモス
たいさんぼく

2009 ライフクリエイション


詩:星野富弘 曲:岩渕まこと
編曲:西原悟

歌:岩渕まこと・岩渕由美子

岩渕まこと:アコースティックギター・エレクトリックギター 
西原悟:アコースティックピアノ・エレクトリックピアノ・オルガン・アコーディオン・コーラス
市原康:ドラムス・タンバリン
谷源昌:アップライトベース・エレクトリックベース

宮池正子:ヴァイオリン
宮崎明生
ソプラノサックス
コーラス:ペトラストリート

サウンドプロデュース:MAKOTO BOX
ディレクター:岩渕由美子

 星野富弘さんとのコラボ第三弾、このアルバムでシリーズが完結ということになります。一作目の”ぺんぺん草のうた”が星野さんとのお見合い的な要素があるとすれば、二作目の”日日草のうた”は音楽的なチャレンジも加えた世界といえるでしょう。そしてこの”サフランのうた”は、互いに気心を知り合えたコラボが展開できたと言って良いと思います。星野さん自身の語りまで収録されるという展開に、そのことが実証されています。
 「まつたけ」は岩渕が最初から作曲をしたがっていた作品です。当時は「これは自分のために書かれたような詩だ」と何度も口からもらしていました。
 しかし、一作目にも、二作目にもメロディーはできませんでした。この三作目の制作に入って、不思議なようにメロディーがつきました。”思いがけなくできた”と言っても過言ではないかもしれません。
 ”サフランのうた”は良い意味で力が抜けた仕上がりになっています。岩渕自身の心境の変化もあったようですが、星野ワールドと岩渕ワールド、そして編曲の西原ワールドとペトラストリートの多彩なサウンドが最良に組み合わされた作品に仕上がっています。
 実力派シンガーとして活躍されている国分友里恵さんが、あるレビューでこんな風に書いてくださいました。

―岩渕さんの音楽に彩られた星野さんの詩画の世界を改めてじっくり味わいました。ひとつひとつ、それぞれのシーンが物語の様に伝わってくる、言葉が優しく降り積もってくる、そんな感覚に浸りました。日本語の美しさが、上質な読み聞かせのように心にストレートに入ってくるのです。聴き終わった後、音楽であるのにもかかわらず、本を読んだような気持ちにもなりました。(国分友里恵)―。

 詩と音楽とが結びついて、新しい命が生まれたような作品となった”サフランのうた”。コラボレーションという言葉がふさわしい一枚になりました。

お店へ戻る