"

 Music Room

   レッスン室の写真と音楽豆知識コーナーのページです。

   今回の特集・・・・  

Lesson Room

Grand Piano

Electronic Organ

    レッスンは落ち着いた雰囲気の中で・・・・・

 

  1.ヒーリングミュージック

ストレスの多い現代社会において、今注目をあつめているのが”ヒーリング”という言葉です。
このつい最近まで耳慣れしなかったこの言葉の意味は、英語の"heal・・・(病気や傷を)癒す、直す”
からきています。
つまり、ヒーリングミュージックとはまさに、”癒し系”の音楽ということになります。

・どうして、ヒーリングミュージックを聴くと、心がリラックスし”癒されるのか?

これは、太古から人間が生活していた、自然界とこれらの音楽の持つリズムやメロディーに共通
する何かが有るからだと言われてます。
つまり、近代社会になり激変した生活環境の中で、知らず知らずのうちに受けているストレス
自然界に存在するゆらぎリズム、メロディーそして、耳には聞こえない超音波などで、癒される
からです。

・ヒーリングミュージックの楽しみ方。

ネイチャー系・・・・
鳥のさえずり、小川のせせらぎといった自然界と音楽の対話を上手く融合させているこのシリーズは、
心地のよい目覚めの為、 にコーヒーでも飲みながら聴くことをおすすめします。  

  インストゥルメンタル系・・・  
高い音楽性や、独特のアレンジで人の心をなごませるこのシリーズは、一日の疲れを癒すために  
仕事や家事を終え、のんびりとお風呂につかった後、就寝前に聴くことをおすすめします。

いずれにしても、忙しい毎日の中でリラックスする時間を少し造って、その中でのんびりと聴くと
よりいっそう、効果があるようです。


 
ヒーリングミュージックのアルバム、曲の紹介は、随時行っていきたいと思います。

  2.バロックの巨匠、バッハ豆知識

バッハ 本名”ヨーハン・セバスチャン・バッハ”ドイツ(1685〜1750)

バッハは、ヘンデルとならんでバロック音楽の頂点に立つ作曲家です。
彼らの功績は、それまでの音楽を自分のなかに取り入れ、バロック音楽を
最後の高みへともたらしたことでしょう。
 特にバッハは、生涯ドイツからから出ることなく、自分のスタイルを
守りながら、名誉を持ってドイツの宮廷や教会に仕えた音楽家です。
 その反面、新しい試みをすることを惜しまず、声楽と器楽、それぞれ
の、独立を促し、コンツェルタート様式を完成させた後、もう一度
声楽と器楽を一つの様式に取り入れてバロック音楽をまとめあげました。
 またバッハは亡くなった、最初の妻と2度目の妻の間に、あわせて
20人の子供がいましたが、そのうち男の子は、すべて音楽家になるよう
熱心に教育し、その子供達も偉大な音楽家になったのも有名なエピソードです。