ここでは当園で育成している果物がどういったものなのかを簡単に紹介しています。

分かりにくい事などがあったらお気軽にお問い合わせください。



幸水梨(こうすいなし)

8月中旬

早生品種で8月中旬より収穫ができ、肉質はやわらかく酸味がなく甘い品種です。
酸味がないため日持ちは5〜7日間くらいですのでお早めにお召し上がり下さい。


真寿梨(しんじゅなし)

8月下旬

『二十世紀梨』と『新水梨』を交配して誕生した梨です。
一言で言うなら凄くフルーティな20世紀梨といった感じの梨です。
見た目はそんなに良くないですが、甘味と酸味のバランスが抜群ですごく美味しい梨で人気急上昇中です。

※直売所店頭限定販売

二十世紀梨(20せいきなし)

9月

甘味と酸味のバランスが抜群に良い品種です。
一般的な20世紀梨の糖度は9〜11%ですが当園では11〜13%と高糖度な梨作りをしています。
暑い日に食べる果汁たっぷりの二十世紀梨は最高です。

大阿太高原特有の他の産地では食べられない二十世紀梨の味をご堪能下さい。
二十世紀梨の価値観が変わりますよ♪

豊水梨(ほうすいなし)

9月上中旬

赤梨の代表的な品種です。
肉質が良く糖度も高く日持ちも良い品種です。
酸味と甘味のバランスが抜群に良い人気の高い品種です。
完熟させた豊水梨は本当に美味しいですよ。

南水梨(なんすいなし)

9月上中旬
『越後梨』と『新水梨』を交配して誕生した赤梨です。
果肉が良く、とても甘いのが特徴です。
「砂糖のような甘さ」が味わえますよ。
小玉な梨ですが甘さは一番!!
まさに小さな巨人です♪

※直売所店頭限定販売

あきづき梨

9月中下旬
『新高梨』×『豊水梨』×『幸水梨』という主要品種3つの優れたところを併せ持っています。
果肉は緻密で糖度が高く、果汁も豊富な梨です。
現在ある梨の完成形だと思います!

福水梨(ふくすいなし)

9月下旬
濃厚な風味と味わいが魅力的な梨です。
歯ごたえもしっかりしていて水分量も多いです。
独特の形をしているのが特徴的。
新高梨(にいたかなし)
10月上中旬
サイズは平均450〜500g 程度で、大きなものでは1kgにもなる
ビッグサイズの赤梨です。
酸味が少なく、みずみずしく風味豊かな甘さを持ちます。
かなり日持ちがするという点もこの梨の特徴です。

愛宕梨(あたごなし)
11月下旬
冬に収穫する大きな晩生梨です。
果肉は柔らかめで、甘みと酸味が調和し瑞々しい食感が味わえます。
甘さの中にほどよい酸味があり、ジューシーでとてもおいしい梨です。

たねなし柿
10月中旬
渋柿ですが出荷時に渋抜きをする事で甘くなり果汁が多く、やわらかい肉質でまろやかな口当たりが人気の柿です。
種がないので剥きやすく食べやすいという、お母さんにやさしい柿です。
その上、干し柿にしたりといろんな楽しみ方ができます。

富有柿(ふゆがき)
11月
言わずと知れた柿の王様です。
色の鮮やかさ。大きさ。甘味。みずみずしい歯ごたえ。と申し分のない品種です。
生産出荷数日本一の五條市が誇る名産品です。
海外では「赤いダイヤ」と称される味をご堪能ください。

貯蔵富有柿(ちょぞうふゆがき)
11月中旬〜
富有柿を1玉1玉、特殊な袋に詰めてほぼ真空状態にさせて貯蔵してある柿です。
保存方法は冷蔵庫の野菜室に入れて置いてください。
保管温度を一定に保つ事が1番重要な事で、それさえ守っていただけたら
長期間保存できます。

※完熟させた柿を袋詰めしているので味に問題はありません。
袋から出して常温で1日おいておくと、より美味しく召し上がっていただけます。



戻る
戻る