ジャンパーズ・ニー  腸脛靭帯摩擦症候群
オスグット病(オスグット・シュラッター病)
 
☆腸脛靭帯炎 (ランナー膝)摩擦症候群
膝の外側の痛み 
 
☆<腸脛靭帯炎 (ランナー膝)> 膝の外側の痛み
腸脛靭帯炎はマラソンランナーに多い
スポーツ障害のひとつです。
マラソンランナー(長距離ランナー)に多発するので
「ランナー膝」とも呼ばれます。自転車競技、スキーヤー
なども。
<原因>
膝の曲げ伸ばしの反復による過剰な刺激で発症する傾向にあります。
ランニング中に膝を曲げる動作を(屈伸)を繰り返す事によって腸脛靭帯が大腿外側上顆部で擦れ、摩擦による炎症が起こります。とくに男性に多い。
膝にO脚(内反膝)がある人やランニングの時に足の回内が過剰になり走る人、腸脛靭帯の緊張の強い人に多く発生します。足の縦アーチの減少(偏平足)、骨盤の歪みにより脚の長さに違いがある場合も関係します。その他、股関節の外転拘縮、膝内旋なども関係します。
<腸脛靭帯炎の症状>
膝の外側に痛みや違和感、緊張症状が徐々に強まる。
ランニングしている時やランニング後に膝の外側に痛みを感じます。
痛みが強い場合は、ランニングを続けられません。止まると楽になります。
再び練習をすると痛みがでてくる。
腿外側上顆部を押すと痛い(圧痛)とNoble compression test、Grasping testがプラスとなります(腸脛靭帯を外側上顆部で強めに押し、膝を伸ばすと痛みが出る。腸脛靭帯の短縮にはオバーテストがあります。
<病院では>
ランニングを中止。、薬物療法(非ステロイド系抗炎症剤)
。リハビリテーショ温熱療法、電気療法、
再発を繰り返す場合は足底板など。
<予防法>
腸脛靭帯のストレッチや筋力運動。
ウォーミングアップを行わせ、運動後には膝をアイスマッサージを行う。
<カイロプラクティックでは>
靭帯の緊張を高めている原因を特定しそれを除く施術を行います。
O脚がある人ではO脚の改善。足の回内足が過剰になって射る場合は回内足の改善。足の縦アーチの減少(偏平足)、骨盤の歪みにより脚の長さに違いがなども改善していきます。
そのために、背骨、膝、骨盤、足などの骨格のゆがみを矯正します。
☆鵞足炎
 膝の内側の痛み
<特徴>
鵞足炎は
鵞足部を中心に痛みがあり大腿骨の遠位内側部まで
痛みが広がることもあり、鵞足部が炎症を起こした状態を
言います。(骨膜炎)
膝の不安定性や半月板など、その他の損傷は基本的には
ありません。また、鷲足の下には鵞足滑液包があるため、
鵞足滑液包炎も同時に起こります。(骨膜炎と滑液包炎)
鵞足(ガソク)は縫工筋と薄筋と半腱様筋の3つ腱から構成され、
脛骨粗面の内側部付近に付着しています。この部分は鵞鳥の足に似ている事より鷲足と呼ばれます。
スポーツ活動では、陸上競技やサッカーの選手に多く、ランニング足を後ろに蹴り出す時や脚を減速させる時などに、過度の負荷がかかったり、
鵞足と内側側副靱帯との摩擦で炎症が起こる。
それ以外では、膝の変形(変形性膝関節症、O脚、X脚)や腫瘍(脛骨外骨腫、ガングリオン)、外傷(打撲など)がありますね。
運動では柔軟体操などウォーミングアップの不足や、急に筋肉に負担がかかったこつぴゃ、使いすぎたりということが関係しています。回内足などの踵のゆがみや固い場所での練習(コンクリート、アスファルト、)などにも関係しています。
<症状>
鵞足部の痛みや腫れです。痛みは運動にて強まります。
<病院での治療>
運動作を控える
非ステロイド系抗炎症剤
リハビリテーションては温熱療法や鷲足のストレッチング
ステロイド腱内注射
足底板
 
<カイロプラクティックでは>
筋肉のの張を高めている原因を特定しそれを除く施術を行います。
縫工筋と薄筋と半腱様筋の緊張を緩めるために骨盤や膝、足などの歪みを矯正します。
足の回内足が過剰になっている場合は回内足の改善。足の縦アーチの減少(偏平足)、骨盤の歪みにより脚の長さに違いがなども改善していきます。
膝関節機能障害・膝蓋大腿関節機能障害
<原因>
運動などで膝を捻ったことが原因で関節の働きが
悪くなったり、足首や腰を傷めたために代償的に、
膝に負担がかかりそれに加えスポーツなどで捻ったり
するなどして痛みがでることもあります。
ほとんどのばあい、内側広筋斜走線維の機能低下により
膝蓋骨のバランスが崩れています。
 
<症状>
・膝を曲げ伸ばしすると痛む
・単純な曲げ伸ばしだけでは痛みはないが捻りながら
 曲げ伸ばしすると痛い
・階段の登り降りが痛い
・歩いていると痛い。
・膝崩れが起こる
・運動すると痛い
・関節の機能障害の状態によっては、側副靭帯や半月板が刺激を受けるので、靭 帯や半月板が損傷したような痛みがある。
 
<カイロプラクティック>
大腿骨、脛骨、膝蓋骨まどに膝関節の機能を阻害している骨があれば
矯正していきます。また、運動している人では過去に足首を捻ったりして傷めている場合が多いので、足に問題があれば矯正します。また腰が関係していることも多いですので、体全体のバランスを整えていきます。