>
【鎖骨の痛み 肩や胸の痛み】
この部位の痛みは、内臓からの関連痛の場合と、
筋肉や骨格の問題から痛む場合があります。
以下は筋肉・骨格からのケースです。

<特徴>20〜30代の女性に多い。細めの体で、冷え症、
ストレスを受けやすい女性に多い。
<症状>
鎖骨の辺りの痛みが常に気になる。
痛みは片側の場合がほとんどですが両側の場合もあります。
片側の首〜鎖骨の上部、鎖骨の下部から胸にかけての
痛みや苦しみを訴える。
デスクワークの女性では左側に症状が出ることが多い。
腕や、指先、肩甲骨に痛みが広がることも多い。
病院などでは、胸郭出口症候群、頚肩腕症候群などと
診断されることが多いが、
典型的な症状は示さないし改善も思わしくない。
また天候や季節によっても痛みが変化する場合も多い。

<原因>
鎖骨を触って痛みがある場合は、鎖骨下筋の障害の事が多い。
鎖骨本体ではなくて、鎖骨の上や鎖骨の下あたりの鎖骨周囲の痛みでは、
胸鎖乳突筋、斜角筋や大胸筋、小胸筋、肋間筋などから痛みが出ています。

肩周囲の筋肉は、肩から下がっている腕の重みを支える為に常に緊張した状態です。そのために同じ姿勢でいると肩への負担は大きくなります。
腕の重みを支える状態が長く続いたりすると、肩の関節、筋肉は血行不良を引き起こしてしまいます。
それに加えてデスクワークの女性の場合では、肩と背中を少し丸めた姿勢になっているため、肩の前方の大胸筋・小胸筋は常に短く収縮した状態になっています。
また菱形筋などの背部の筋肉は、前方に伸張されつつ肩と、姿勢を安定させるために常に収縮しています。 腕を常に使うので、回旋腱板筋が疲労を起こしいます。
首では胸鎖乳突筋、斜角筋などの筋肉が関わっています。
この筋肉は首や後頭骨から、肋骨、鎖骨へとつながっています。そのため鎖骨の下や上に痛みが起こります。

痛みが強いため、痛みが起こる動作を避けるので、肩、首の筋肉をできるだけ使うことをさけます。そのため筋肉が弱くなり、腕の重さを支えることができなくなります。
痛みに敏感です。
肩甲骨の裏側にある肩甲下筋、前鋸筋などの筋肉が機能低下します。そのためこのこの筋肉での血行が悪くなっていて、肩甲骨付近に痛みを感じます。酸素不足の状態ですね。

<カイロプラクティック対処法・施術方法>
急性期と慢性期では対応が少し異なります。
急性期の症状が強い場合は常に首〜肩、鎖骨周囲、肩甲骨に痛みや違和感があります。首を動かすと痛みが強くなります。。
そのためカイロプラクティックでも慎重な対応が必要です。
急性期は、炎症を抑えるために冷却することもありますが、冷えると痛みが増すケースが多いので、急性期であっても温める場合もあります。
但し、カプサイシン入りの温湿布は、皮膚の弱い人は痛み増す事が多いのですすめられない。
関節へのマニピュレーションは可能であれば行ないます。

マニピュレーションはやるとしても細心の注意が必要だし、首を捻ったり、前後に衝撃を与えるものはできません。
やさしく痛みがないように行います。
また筋肉への施術も行いますが、強すぎる刺激は痛みを増すことになるため、小さな力で行います。
筋肉や靭帯の損傷を回復させル必要がありますが、痛みに敏感なため無理はできません。
。背骨の矯正が可能であれば比較的回復は早い。
但し、日常生活、仕事などが原因に関係しているので、可能な限りそれらも同時に改善していく必要があります。
鎖骨の付近の痛み・鎖骨の痛み(首の痛み、肩甲骨の痛み、胸の痛み)
背中の痛み
⇒胸郭出口症候群
⇒胸郭出口症候群 クリック