グロインペイン症候群(スポーツヘルニア・鼠径部痛症候群)
サッカー競技で発症が多く、病院での治療では治癒には時間がかかることが多い痛みです。
本当の原因を特定しにくいため鼠径部痛症候群と呼ばれます。
サッカーや陸上競技によく見られます。
<特徴>
グロインペイン症候群(groin pain Syndrome)
鼠径部痛症候群・スポーツヘルニア
グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群・スポーツヘルニア)は、
スポーツ選手、中でもサッカー選手に多い症候群です。
80%以上が原因を特定できなと言われています。
サッカーが7割程度と圧倒的に多く、そのほかにもラグビー、
アメリカンフットボール、長距離走(駅伝)、野球など
<症状>
症状は、脚の付け根(股関節前面)、特に鼠径部周辺に運動痛や圧痛。
大腿内側部(内転筋の腱付着部分)と鼠径管部のあたりに痛みを訴える青少年が約7割、
下腹部が3割、大腿前面が2割程度の割合で症状を訴えます。
恥骨結合部の訴えは数%.程度。坐骨部、睾丸の後・子宮に痛みを感じる人もいます、これは筋膜痛からの関連痛です。(大内転筋筋膜痛) (図1)
大腿前外側に放散する痛みの広がりがある場合や、ひどい場合はひりひりピリピリすることも。
可動域が減少していますね、股関節に関わる筋の過緊張や筋力低下もみられる人もいます。
筋の萎縮などがある場合も。
<原因>
痛みの発生原因は、過度の使用や繰り返しの反復動作による肉体的過度なストレスで恥骨結合周辺や股関節、骨盤、鼠径部にストレスが加わって股関節周辺の筋力や筋緊張のバランスが崩れ、炎症が生じ、痛みとなります。
左右の脚の長さの違い、筋肉の硬直、足首の捻挫、脚の肉離れ、腰痛などがありつつも無理に運動を続て、股関節周囲に痛みがでます。
グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群・ヘルニア)は大腿内転筋群の付着部炎、大腿直筋炎、腹直筋付着部炎、腸腰筋炎、鼠径ヘルニア(スポーツヘルニア)、鼠径部周囲にある筋の付着部に炎症が発生している症候群です。内転筋腱炎・損傷、剥離・疲労骨折など、鼠径のヘルニア。
片方の足が怪我していて、プレーをすると他方の脚に負担がかかり、
股関節周辺の筋力のバランスが悪くなり痛みが生じることもあろう。
大腰筋の機能低下や過度な短縮緊張も痛みが出やすくなります。
 
1)サッカー選手
インサイドキックが関係している。
全力疾走のあと大きな振幅でインサイドキックをしてはいけない。
2)陸上選手(長距離ランナー)
 
アキレス腱が固くなっていることが多い。これには理由がある。

<治療>
@病院・西洋医学
西洋医学的なアプローチは基本的に、保存療法です。
薬物療法。
筋肉の拘縮に対するマッサージやストレッチ、
筋力低下を補う筋力回復トレーニング。
ヘルニア修復術ー潜在性ヘルニア(スポーツヘルニア)として。
内転筋腱・腹直筋腱付着部炎として腱切離術も。
恥骨結合炎は主に保存療法が行われている。
A民間療法
西洋医学的見方の限界により痛みの軽減を民間療法に求めることも多い。
骨盤や背骨の歪みを矯正することにより、
筋腱の柔軟性と股関節周囲筋力が回復し、筋バランスが回復する。
内転筋やハムストリングスの腹部や背、硬く緊張をゆるめ、
股関節周囲筋力低下では、筋力を強化する。
カイロプラクティックの骨の矯正は疼痛を軽減して、
硬く緊張した筋膜や腱の柔軟性を回復させ、
低下した股関節周囲の筋力が改善します。
カイロプラクティックはとても優れた施術法
グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)、
スポーツ障害でお困りの方、ぜひご相談下さい。]
 
膝までの痛みが走る場合は右図をクリックしてください。
グロインペイン症候群(スポーツヘルニア・鼠径部痛症候群)