五十肩(肩関節周囲炎)
<症状>
肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動の制限。
腕を挙げる時にズキっと痛みが走る。
急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになる
着替えなどでTシャツを脱ごうとするときに痛む。
肩が痛くて、頭洗えない
背中に手を回そうとしても痛くて届かない。
寝ている間に痛くて目が覚めたり、寝返りがつらかったり、腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへはほとんど動かせない。
睡眠の妨げになる。
<概要>

五十肩(肩関節周囲炎)
五十肩は、中高年に多く見られる。
肩関節の運動障害と、肩・首筋・上腕などの鈍痛を愁訴とするものの通称。いぜんは四十肩と呼ぶのが一般的であったが、現在は「五十肩」と呼ぶことが多い
腕を動かすと激痛が肩に。
江戸時代、平均寿命は五十歳と短命で、人生五十年と言われていた。
五十歳前後になると肩や腕が痛むので、当時より五十肩と呼ばれた。

<原因>
原因は不明とされていますが、40〜50歳によく認められることより、退行変性(老化現象)、微細な外傷や血行障害が加わり腱、筋膜、関節包に炎症が起こり関節包炎や滑液包炎が発生している。
<類似疾患>
腱板損傷
腱板断裂
上腕二頭筋長頭腱炎
石灰沈着性腱板炎

初期には肩の痛み、肩の運動制限があります。手が腰に回らない(結帯動作)、外旋(肩を外に捻る動作)が制限され次第に肩の外典が困難となります。
夜に痛みのため(夜間痛)にて目を覚ますことも多。
肩関節を構成する筋肉群(回線筋軍)が損傷した結果肩が動かなくなる。
靱帯・関節包が炎症が起こり痛みがでる。

右肩だけの場合と、右の肩が発症してしばらく経つと左肩にも発症してしまう場合とがある。
初期の症状が始まってからマックスペインになうまで、数ヶ月経過、その後和らいでくることがおおい。
1年前後で痛みは通常消えます。

<施術>
カイロプラクティックの施術を行うと症状が改善が、はやくなります。
上部頚椎、胸椎にT1、3、12などに歪みが発生していることが多いですね。
筋肉では広背筋、腸肋筋、回旋筋群、など。
カイロは再発予防にもなりますね。
また、肩の痛みの回復には、肘や手、頚部に関わる機能調整も必要になる場合が多いようです。
アイロン体操などは、痛みが和らいだ後のリハビリには有効ですが、痛みを軽減する効果は全く不明です逆に痛いのに無理をすると痛みが増します。
急性期や、じっとしていても痛むとき、痛みが激しい時は、冷却をするとよいが冷やした後は暖めたほうがよい。
そのほか、整体、鍼治療、指圧、外科なども効果あり。

何もしないと腕の可動範囲が狭まったままとなる可能性があるので痛みがなくなればすこしづつうごかしていく。
東京都西東京市 西武柳沢駅
モアヘルスカイロプラクティック
五十肩(肩関節周囲炎)
痛みのため腕が上がらない、