本文へジャンプ
本文へジャンプ
各楽器案内


●ピアノ科 (Piano)


 ピアノ科の教本1巻は「キラキラ星変奏曲」から始まり、 「ちょうちょう」「むすんでひらいて」「ロングロングアゴー」などメロディがきれいで、しかもピアノの基礎を学ぶのに最適な曲が集まっています。

 お茶の水センター支部では、毎年6月頃にピアノ・ヴァイオリン・チェロ・ フルート科の生徒によるコンサートがあり、今年のコンサートではピアノ科 の小さい生徒さん達が弦楽伴奏で演奏する機会もありました。

 個人レッスンなので、ひとりひとりに合わせたペースで レッスンを進められます。ピアノは鍵盤を押すと誰でも音を出せますが、 美しい音、音楽を感じられる心を育て、演奏する楽しさを味わって ほしいと願い、指導しています。 どうぞ一度、見学にいらして下さい。




●フルート科 (Flute)


 軽量幼児用フルートを使用することで、3歳からお稽古ができます。

 親しみやすい曲目を教本付属のCDを聴きながら楽しく繰返し練習することにより、美しい音色と音楽的なフルート の吹き方を身につけること、またひとりひとりの生徒さんと向き合い個人レッスンで、きめ細かい丁寧な指導をを心がけています。

 使用する楽器のタイプは3種類あります。従来から使用されている楽器に続き、子供用U字管(写真 右)これは小学1年生位〜身長145センチくらいまでの生徒が使用します。幼児用U字管(写真一番下)これは年齢3歳〜7、8歳くらの生徒が使用します。子供用のU字管に比べ軽量で手の小さい幼児でもキーをおさえられるように補助キーがついているのが特徴です。  





●ヴァイオリン科 (Violin)


  音楽は心を豊かにし、1人1人の個性を伸ばします。ヴァイオリンを演奏する事は、まっすぐ立つ美しい姿勢を保ち、手や指先を繊細に動かす事、想像力を働かせイメージを作る事・・・などの相互作用によって、体と脳、そして心の発達に大変役に立ちます。そして、皆と合奏する事で、協調性も養われます。

 また、ヴァイオリンの曲には皆様がよくご存知の名曲がたくさんあります。スズキ・メソードの教本は誰もが知っている〈キラキラ星〉から始まり、〈モーツアルトのコンチェルト〉まで、素晴らしい曲が詰まっています。

 小さなお子様や全く触れた事のない方でも無理なくおけいこできます。憧れの曲を目標に、レッスンを始めてみませんか。




●チェロ科 (Cello)


 分数楽器と呼ばれる小さなサイズのチェロが6種類あり(1/10, 1/8, 1/4, 1/2, 3/4, 7/8)、現在では3歳ぐらいからおけいこができます。

 全世界共通のスズキ・メソード の指導曲集で、無理なく楽しくチェロ演奏技術を習得できます。 早くから合奏の機会が多く、かつ求められる楽器でしょう










◎各楽器とも受講される方の年齢制限はありません。
現在、当センターでは幼児から大人まで楽しく学ばれています。