top>my bike > フルパワー

CBR1000RRフルパワー化

〜眠れる獅子を起こしまくれっU  2004-6-25〜


<概説>
うんちくは どうあれ前回同様、フルパワーはすばらしい!感動ぅー。
海外仕様は買えないケチで はあるが、技術はともかく どうしてもスピード狂な私です。
DIY好き & スペックふぇち であれば盛り上がりまくりだ!
以下の情報はあくまで参考情報!すべては自己責任のもとに!! では はじめます!

1.  必要部品は 
   ・チェーン(国内仕様はサイレントチェーン仕様)
   ・エアクリのセパレーター  17228-MEL-000 × 2個(一個 ¥368)
   ・ファンネル左       17225-MEL-000 × 1個(一個 ¥1980)
   ・ファンネル右       17215-MEL-000 × 1個(一個 ¥1980)

  ↓ こちらが、チェーン以外の必要部品 私は金がないのでチェーンはかいませんでした・・・・トホホ
        


  1. 作業開始!   STEPは 6つ!
  2. インプレ

LESSON 1 (セパレーターの交換)
フルパワーにはまったく関係ないが・・・
とりあえずオイル交換のために
アンダーカウルをはずしてみました。
どうでもいいんですが・・・
エレメント交換オイルの交換と
もついでに行い

同時にドレンボルトを
磁力付きのやつに変えました。
必要なのか???
アルミエンジンには必要ないのでしょうかぁ・・・・
ミドルカールもはずしてしまいました。
プラスチックの
タンクカバーをはずすと・・・
 ちょっと恥ずかしい裸状態

ダサイです。
954とは違い
タンクがちゃんとここまで上がる!
作業性が抜群です。
日々改善されてますなぁ・・・
すばらしい。

このままタンクを固定するように
糸を用意すると便利でしょう。
さて エアクリが登場。
まずはフタを取ります。
でたっ。
 湿ッ式 エアクリーナー。
 こやつにも パワー封印の加工がっ!

エアクリを外すと・・・・
みてください。これ。
セパレーターの違いをっ
右が輸出仕様のもの。
左が国内仕様のもの。

穴の大きさが違います。

さっさと交換してしまいましょう。

17228-MEL-000
で ヨークみくべても。。。この差はひどい。
やっぱり パワーの違いは一目瞭然!?かっ

LESSON2 (ファンネルの交換だぁ)


エアクリは置いといて・・・
さて どんどんすすみましょう。
次はファンネルの交換です。
BOXのフタをはずして・・・
ファンネルを はずします。

これも簡単。
でたっ! これも この差
右が輸出仕様のファンネル。
左が国内仕様のファンネル。

えらいこっちゃ。
左は梅干レベルの穴の大きさ。
さて ファンネルを外したら・・・・
エアクリ自体をはずしてしまいましょう。

次は 吸気口の確保です。


LESSON3(吸気口の確保)

ボルトは 6本ではずれてしまます。。。
BOXはばっちり外れました!
ボルトの紛失、
気をつけましょう。
吸気のフタ!
これだ! 見つけたっ!


 この写真の真ん中の でかい穴の中の
 ちっちゃい穴のこれっ!
どうでしょう。
なんて 忌々しいフタでしょう。。。
彼が 私の愛車を眠らせていたのです。。。。
うほー
 はずしました。。。。
 あれ? まだなんか 奥に壁が・・・
 フタされているみたいです。
吸気口の
この部分から長い棒で力を加えて・・・・

ペンチで 引っ張ると・・・
すると・・・
 こやつら がペアで フタをしていたことが
わかりました。。。。
取り除き後が こちらですっ。
すっきりです お通じが良い感じっ 
感動。

LESSON 4(CPUの加工)

あとはCPU加工です。
CBR1000は 右ミドルカウルの中に
CPUが存在っ。
配線も いたって簡単! 
緑をCUTし、 アースの(黒/白)へバイパスするだけ!

私は はんだゴテを利用し しっかり着圧しました!!

インプレッション

 やばいっす。 速い。 954は確かに速かったが、、、1000はもっと速いって 当たり前か・・・
  まだ 使いこなせないが。。。フルパワーにしたら音がかなり変わりました。素敵やんっ。

  しかし・・・

絶対的な速さを手入れた代償なのか・・・・


  熱い! フルパワーにしてから 水温系が 100℃を いったりきたり。。。。日中はずーっとファンが回ってる。。。
  太ももから下、足が焼ける。まじ熱い!

  このバイクは人を乗せるための設計なのか? と疑いたくなる・・・市街地走行 この時期はまさに地獄。