Home

海外版「MOZART!」CDの紹介

ここでは、モーツァルト!の海外版CDを紹介しています(現在出ているのは2枚のみ)。

曲名、キャスト名は日本初演(2002年)に準じています(全部はとても訳せないです…:笑)
日本初演でカットされた曲、その後の新曲については適当に訳してありますが、参考程度にしてください。

どのCDもそれぞれのカラーがあってとても興味深いですので、是非お聴き下さいませ。


◇ウィーン版

 MOZART! DIE HÖHEPUNKTE DER WELT - URAUFFÜHRUNG (1999年)

※ウィーン版のCDはこちらで購入出来ます(国内サイト)

→ Original Cast/Mozart(HMV Japan)
→ Mozart(Amazon.co.jp)
→ 「MOZART!」 DIE HOHEPUNKTE DER WELT-URAUFFUHRUNG(宝塚アン)


1. Prolog
  (Doktor Mesmer, Constanze Nissen)
プロローグ
 (ドクトル・メスマー、コンスタンツェ・ニッセン)
2. Was Für ein Kind!
  (Ensemble, Leopold, Nannerl, Baronin von Waldstätten)
何て子供だろう!
 (アンサンブル、レオポルト、ナンネール、
  ヴァルトシュテッテン男爵夫人)
3. Der rote Rock
  (Wolfgang, Nannerl, Leopold)
赤いコート
 (ヴァルフガング、ナンネール、レオポルト)
4. Wo bleibt Mozart?
  (Ensemble, Graf Arco, Colloredo, Leopold, Wolfgang)
何処だ、モーツァルト?
 (アンサンブル、アルコ伯爵、コロレド、レオポルト、ヴォルフガング)
5. Ah, das Fräulein Mozart!
  (Ensemble, Nannerl, Graf Arco)
まァ、モーツァルトの娘さん
 (アンサンブル、ナンネール、アルコ伯爵)
6. Schliess dein Herz in Eisen ein
  (Leopold)
心を鉄に閉じ込めて
 (レオポルド)
7. Eine ehrliche Familie
  (Aloysia, Cäcillia, Fridolin, Josepha, Sophie, Constanze, Wolfgang)
マトモな家族
(アロイズィア、セシリア、フリードリン、ヨゼファ、
 ゾフィ、コンスタンツェ、ヴォルフガング)
8. Was für ein grausames Leben
  (Wolfgang)
残酷な人生
 (ヴォルフガング)
9. Ein bissel für's Herz und ein bissel Für's Herz
  (Schikaneder, Ensemble)
チョッピリ・オツムに、チョッピリ・ハートに
 (シカネーダー、アンサンブル)
10. Gold von den Sternen
  (Baronin von Waldstätten)
星から降る金
 (ヴァルトシュテッテン男爵夫人)
11. Niemand liebt dich so wie ich
  (Leopold, Nannerl, Wolfgang)
私ほどお前を愛するものはいない
 (レオポルト、ナンネール、ヴォルフガング)
12. Sauschwanz von Drecken
  (Wolfgang)
汚いざわざわ(南京)虫
 (ヴォルフガング)
13. Der Prinz ist fort
  (Nannerl)
プリンスは出て行った
 (ナンネール)
14. Ich bleibe in Wien!
  (Graf Arco, Wolfgang, Colloredo, Ensemble)
僕はウィーンに残る!
 (アルコ伯爵、ヴォルフガング、コロレド、アンサンブル)
15. Wie wird man seinen Schatten los?
  (Wolfgang, Ensemble)
影を逃れて
 (ヴォルフガング、アンサンブル)
16. Hier in Wien!
  (Ensemble, Baronin von Waldstätten)
ここはウィーン!
 (アンサンブル、ヴァルトシュテッテン男爵夫人)
17. Dich kennen heißt dich lieben
  (Wolfgang, Constanze)
愛していれば分かり合える
 (ヴォルフガング、コンツタンツェ)
18. Mummenschanz/Rätsellied
  (Ensemble, Wolfgang, Leopold)
誰が誰?/謎解きゲーム
 (アンサンブル、ヴォルフガング、レオポルト)
19. Irgendwo wird immer geranzt
  (Constanze)
ダンスはやめられない
 (コンスタンツェ)
20. Warum kannst du mich nicht lieben?
  (Wolfgang)
何故愛せないの?
 (ヴォルフガング)
21. Wie kann es möglich sein?
  (Colloredo)
神よ何故許される
 (コロレド)
22. Der Mensch wird erst Mensch durch den aufrechten Gang
  (Ensemble, Joseph von Sonnenfels)
フランス革命チェイサー
 (アンサンブル、ヨーゼフ・フォン・ゾンネンフェルス)
23. Mozart, Mozart!
  (Ensemble, Baronin von Waldstätten)
モーツァルト,モーツァルト!
 (アンサンブル、ヴァルトシュテッテン男爵夫人)
24. Finale
  (Ensemble, Baronin von Waldstätten, Leopold, Cäcillia,
   Schikaneder, Constanze, Nannerl, Colloredo, Wolfgang)
フィナーレ
(アンサンブル、ヴァルトシュテッテン男爵夫人、レオポルト、セシリア
 シカネーダー、コンスタンツェ、ナンネール、コロレド、ヴォルフガング)



赤い文字は日本初演にはない曲です。
ちなみに12番目の
「汚いざわざわ(南京)虫」は、東宝版の「並みの男じゃない」で一部同じメロディが出てきます。

22番目の曲の、Der Mensch wird erst Mensch durch den aufrechten Gang は、「人は直立歩行を始めた時に人となった」という意味です。
なんで、日本語タイトルは「フランス革命チェイサー(chooser:選択者)」になったんでしょう。なんとなく微妙(笑)。
ウィーン版の「プリンスは出て行った」は、ナンネールのソロです(東宝版はレオポルトとのデュエットになってます)。

私的には、アルコ伯爵の声がダンディで素敵♪(しかも上手い)で惚れこんでます。
ヴォルフがすごいロックシンガー系の声で、「影を逃れて」ではシャウトした声がヴォルフの心情を率直に表現していて素晴らしいです。
ウィーン版の「星から降る金」は必聴です。これぞ、ご本家!というヴァルトシュテッテン男爵夫人ですね。
ちなみにコロレド役は、エリザベートでトート役もしているウーヴェ・クレーガーさんです。


参考:クラウン独和辞典(三省堂)



◇ハンガリー版

 MOZART! A Budapesti Operettszínház sikermusiccalje (2003年)

※ハンガリー版のCDはこちらで購入出来ます

→ Original Cast/Mozart ! - Original Budapest Cast(HMV Japan) *現在廃盤


1. Prológ
  (Mesmer, Frau Constanze Nissen)
プロローグ
 (メスマー、コンスタンツェ・ニッセン夫人)
2. Micsoda kincs
  (Leopold, Nannerl, Ensemble)
何て子供だろう!
 (レオポルト、ナンネール、アンサンブル)
3. A zene,az vagyok én...
  (Wolfgang)
僕こそ音楽
 (ヴァルフガング)
4. Vasba zárd a szíved
  (Leopold)
心を鉄に閉じ込めて
 (レオポルト)
5. Csillagok aranya
  (Walgstätten bárón
星から降る金
 (ヴァルトシュテッテン男爵夫人)
6. Jobb nekem Bécs
  (Wolfgang, Colloredo, Arco, Ensemble)
僕はウィーンに残る
 (ヴォルフガング、コロレド、アルコ、アンサンブル)
7. Ámyékdal
  (Wolfgang, Ensemble)
影を逃れて
(ヴォルフガング、アンサンブル)
8. Szeret mind,ki ismer
  (Wolfgang,Constanze)
愛していれば分かり合える
 (ヴォルフガング、コンスタンツェ)
9. Forog a tánc
  (Constanze)
ダンスはやめられない
 (コンスタンツェ)
10. Miért nem fogadsz el engem?
  (Wolfgang)
何故愛せないの?
 (ヴォルフガング)
11. A gyzedelmes zeneszó
  (Colloredo)
神よ、何故許される
 (コロレド)
12. A Herceg másutt jár
  (Nannerl, Leopold)
プリンスは出て行った
 (ナンネール、レオポルト)
13. Az egyszer út
  (Colloredo, Wolfgang)
偽らざる道
 (コロレド、ヴォルフガング)
14. Mozart,Mozart!
  (Mindenki)
モーツァルト、モーツァルト!
 (オールキャスト)



赤い文字はハンガリー版の新曲です。
は特殊文字で、HTMLタグがありませんので画像処理しました。ブラウザによっては文字列がズレてるかもしれませんがご容赦下さい。

プロローグは、「モーツァルト、モーツァルト!」の主題が入って、よりシリアスな雰囲気になっています。
2曲目の「なんて子供だろう」はウィーン版と同じですが、最後のメロディーの和音進行が若干違います。

「僕こそ音楽」を直訳すると「音楽、僕は熱望する…」です。ウィーン版の直訳は「僕は、僕は音楽」となります。
それぞれ微妙にニュアンス違いますね。

コロレドの「神よ、何故許される」で、東宝版で歌われた増音程のメロディーは、ハンガリー版も同じ音程で歌われています。
新曲の「偽らざる道」は、4ビートのロック調の曲で、ピアノ伴奏の入ったコロレドとヴォルフガングのデュエットです。

全体的に若い声のように感じますね(写真を見るとそうでもなさそうな人もいるんですが)。
ヴォルフからは純朴で真摯な雰囲気が感じられます。
ヴァルトシュテッテン男爵夫人の声が柔らかく、「星から降る金」では、昔話を優しく語り掛けてくるようです。しかし、「モーツァルト、モーツァルト!」の跳躍音程で上がっていくソロのメロディはちょっとキツそうかも。やはり難曲ですね。


参考:ハンガリー語辞典(大学書林)



別窓でご覧ですので、このウィンドゥを閉じてお戻り下さい。

04.05/08UP
06.07/12追補