ミュージカル『モーツァルト!』関連解説


 ここでは主要キャスト以外の、04年12月帝劇公演プログラムに名前が出てくる人を紹介してます。
 情報不足等で、推測部分もありますので、ご了承下さい。



◆第1幕◆
第1場 プロローグ 1809年11月18日 ウィーン 聖マルクス墓地

◇メスマー Mesmer 磁気治療の創始者
 ウィーン版CDのページ参照


第7場 1777年11月 マンハイム ウェーバー家の居間兼台所

◇フリードリン(セシリアの夫) Fridolin 写譜家
 Franz Fridolin Weber  (1733-1779)
 セシリア・ウェーバーのページ参照

◇ヨゼファ(長女) Josepha 上記に同じ

◇アロイズィア(次女) Aloysia 上記に同じ

◇コンスタンツェ(三女) Constanze 上記に同じ

◇ゾフィ(四女) Sophie 上記に同じ


第9場 1178年7月3日 パリ コンサートホール〜パリの宿

◇マリア・アンナ(ヴェルフガングの母) Maria Anna
 Anna Maria Mozart (1720 - 1778)
 レオポルト・モーツァルトのページ参照

 「アンナ・マリア」と書かれている方が多いのですが、「マリア・アンナ」と言われるようになったのは最近のようです。
 ザンクトギルゲンの地方管理官の娘として生まれ、4歳で父を亡くし、母と共にザルツブルグに移り住んでいます。
 1747年11月21日(27歳)にレオポルトと結婚。3男4女が生まれましたが、育ったのはナンネール(四女)とヴォルフガング(末子)の二人。
 ヴォルフガングとパリで旅行中に、病の為亡くなります。


第13場 ウィーン プラター公演の見世物小屋

◇ト−アヴァルト (一般にはトールヴァルトとも表記されます)
 Johann Thorwart
 ミュージカル中ではセシリアの再婚相手になっていますが、ウェーバー家の後見人で、劇場の衣装預かり係の監督官を務めていたようです。



◆第2幕◆
第1場 1781年10月 ウィーン カジノ・ツア・メールグルーベ

 くわしくはウィーン版CDのページ参照。
 ここでは曲の中で、モーツァルトに対してどちらの派に属したか挙げていきます。ウィーン版CDの歌詞を元に判断しているので、若干違いはあると思います。またミュージカル中での立場と史実とは違います。職業については推測が入ってますのでご了承ください。

◇アフリジオ Affligio 劇場興行師 否定派

◇サリエリ Salieri 宮廷作曲家 否定派

◇アルタリア Artaria 楽譜専門出版社業者 否定派

◇ヴァーゲンザイル Wagenseil 作曲家 擁護派

◇ツィンツェンドルフ伯爵 Gräf von Zinzendorf ウィーンの高官 否定派

◇カヴァリエリ Cavaleri オペラ歌手 否定派

◇ヴァーゲンザイル夫人 Fr.Wagenseil 作曲家の妻 擁護派

◇ルンベケ伯爵夫人 Gräfin Rumbeck 音楽愛好家 否定派

◇アウエルンハンマー Auernhammer ピアニスト 擁護派

◇ホーファー Hofer 否定派


第4場 ウィーン ヴォルフガングのピアノ室

◇フランツ Franz 
 『魔笛』でザラストロを歌ったフランツ・クサヴァ・ゲルル Franz Xaver Gerl (1764-1827)かと思われます。
 シカネーダー一座の一員として、モーツァルトの葬式に参列しています。

◇ベネディクト Benedict
 シカネーダー一座の作曲家ベネディクト・シャック Benedikt Schack (1758-1824)かと思われます。『魔笛』でタミーノを歌ってます。
 この人も、モーツァルトの葬式に参列しています。

◇ヨハン Joann 
 『魔笛』のリハーサルと3回目以降の本番を指揮したヨハン・バプティスト・ヘンネベルク Johann Baptist Henneberg (1727-1791)かと思われます。


第6場 1785年3月 ザンクト・ギルゲン ナンネールの新居

◇ベルヒトルト(ナンネールの夫) Berchtold ナンネールのページ参照。
 ヨハン・バプテスト・フランツ・ベルヒトルト・ツー・ゾンネンベルク
 Johann Baptist Franz Berchtold zu Sonnenburg (1736-1801)

 ザンクトギルゲン(母マリア・アンナの出生地)の地方貴族です。マリア・アンナの生家にナンネール夫婦が暮らした模様(もしかして…甲斐性無し?)。
 バイエルン選帝侯カール・テオドールに男爵の爵位を与えられています。ということは、代々続いた貴族の家系というわけでもなさそうです。
 現在、そのナンネール夫婦が暮らしたマリア・アンナの生家は、モーツァルト記念館になっているようです。


第12場 1789年7月のある日 ウィーン グラーベン広場

◇ ゾンネンフェルス(高級官吏) Sonnenfels ウィーン版CDのページ参照
 この方、大学教授なんですが、ミュージカルでは全く別で、お役人になっています。
 まぁ枢密顧問官もしていたようなので、そのあたりの繋がりのようですが…。
 劇場・演劇の改革者としても知られ、オーストリアの啓蒙期を代表する最初の法学者だそうです。



戻る  

04.04/13UP
05/01/10一部補筆