過去のToday's HOME
Today’s Comment    ←拍手頂けると嬉しいです。


 昨日は義姉と一緒に松本へ空中キャバレーに行ってきました。
 前日までバタバタしてたけど、何とか行けてよかった。義姉も行けるのか不安でしたが、ぎりぎり調整した模様。




 夕食はフレンチを予約してあったので、ランチは和食。
 生ゆば丼をいただきましたが、以前よりなんかサラダは小さいし、湯葉も少なくなってました…。
 美味しいのに残念。




 義姉が頼んだ生ゆば丼&山賊焼きのハーフのボリュームがすごかった。
 山賊焼きの方がリーズナブルなのか…。


 ランチのあとにちょっと散策してまつもと市民芸術館へ。
 参加型の舞台で、会場入り口はなんと舞台裏の搬入口からでした。



 「空中キャバレー」の門をくぐると、そこからはもう舞台の一部で特設マルシェになってまして、飲み物やら食べ物やら、舞台を盛り上げるためのおもちゃやグッズなどなどが売られてました。
 なんちゅーかあれですよ、
現代型サーカスって感じ。


 様々な売店が並ぶ中、アコーディオン奏者のcobaさんがバーテンダーをしている
cobarというBarを発見。
 cobaさん自ら作ってくれたカクテル頂きました。
 cobaさんって長野県出身だったんだね、知らなかったよ。

 そーして、なんとなくそうかなと思っていたんですが、そこでライオンのコスプレをしていたキャストが吉野圭吾さんだった…。
 結局、気遅れして、最後のお見送りでもハイタッチも出来ず…。
 だって!普段観に行くミュージカルじゃ、こんなに近くで観ることないじゃん!!!!吉野さーん!!素敵でしたよ!!面白かったです!!(ここで言うな)
 この舞台、
キャストとの距離が近過ぎ(褒めてます)





 マルシェで買った、アイシングクッキーとか紅茶とかポストカード。




 これもマルシェで買ったバルーンのバラ。3日くらい保つらしい。
 実は駅からの帰り道、大雨で歩いている途中に落としてしまったのだけど、翌朝偶然義姉が見つけて拾ってくれました。もうあきらめてました。ありがとー!


 舞台はですね、客席もあるんですが、観客もステージの床に直接座って観るようになってまして、私等は床に座りました。
 cobaさんが長野県歌の信濃の国を弾きながら登場したときは感動しましたよ。
 空中ブランコあり、綱渡りあり、歌ありダンスあり、小芝居あり、で、くるくる舞台の位置が変わるもんですから、立ったり座ったり観てる方も忙しいですし、最前列の人はキャストに引っ張られて一緒にダンスしたりといった場面もありました。

 二幕で、「はーい、この白線まで来てねー」と導かれて、舞台の奥の緞帳の前で座ると、するすると緞帳が引かれて現れたのは、
大ホールの客席でした。
 私達がいたのは、大ホールのステージだったんですよ!!!
 ご存知の方もいるかと思いますが!まつもと市民芸術館の大ホールって馬蹄型なんですよ!!最上階までくまなく灯りが灯されるとこんなに美しいとは!!

 カヴァレリア・ルスティカーナの静かな曲が流れる中、客席の遥か上にピンと張られたワイヤーに足をのせて、長身の男性がゆっくりとバーでバランスを取りながら歩いていきました。
 なにかこう…、切なくて幻想的な場面でした。夢のような場面でしたよ。

 ちょっと冗長な場面もあったのですが、あー、串田さん(館長兼芸術監督)はまつもと市民芸術館でこういうことがやりたかったのかー。と得心しました。
 観ながらの移動が結構大変なので(笑)、今度観る機会があったときには客席に座りたい。でも臨場感やキャストとの距離感が近いのはやっぱ床。





 ディナーはちょっと奮発してフレンチですよ!! ヒカリヤニシに行ってきました。




 美味しかった美味しかった美味しかった(大事なことなので三回言いました)。


 フレンチをいただいたあとは、Barに行って、松本市内のBarで今回の公演にちなんで提供している「空中キャバレー」という名前のカクテルを頼みました。
 Barのオーナーも空中キャバレーを観に行ったらしく、cobarのcobaさんに「私もバーテンダーなんですよー。アコーディオンは弾けませんけど(笑)」とお話したとのこと。

 その時は私は思ったのですよ。
 cobaさんはご存知だったのだろうか。
 その「私もバーテンダーなんですよー」と話したその人は、バーテンダーコンテストで一位になったこともある
バーテンダー協会の長野支部長さんだということを…!
 なんかすごい話聞いちゃったなーという夜でした(笑)。


 そんな感じでよい一日を過ごせたことだし、また改めて日々頑張りますわ。

(7/30)




 ちょっとこの数日の間にいろいろなことがありまして、書き記しておくために臨時更新。

 実は先週の月曜日夜からゴンちゃんが出て行ったままだったんですが、今日の朝、11日振りに帰ってきました。

ちょっと痩せたかな?

 出入り自由にしている手前、こういうことは想定しておかなくてはならないんですけど、やはり堪えました。
 去年の今頃は慣れてないこともあって、脱走して2日くらい帰ってこなくなることもあったんですが、触れるようになってからは、毎日ちゃんと帰って来てましたしね。
 きっと戻ってくる。とは思ってましたが、事故とか怪我とかあり得ますし。
 無事帰って来てよかったです。

 たまたま叶姉妹のブログを見たら、猫に引っかかれた美香さんに対して「猫ちゃんとは そういう生き物だから ネィチャーなの」と書いてあって、猫はネイチャー、そうでしたな…とか改めて思った次第ですよ。


※※※


 少々ヘヴィな話になります(時系列で書くので取り留めないですがご了承ください)。

 今週の月曜日に会社から帰ってきましたら、父がいきなり「事件じゃ。」と言いました。また蜂か何かに刺されたのか…(=_=)と思ったんですよ。
 でも、私の考えた事件とは全く違いました。

「××(母の旧姓)のおばさんがいなくなった」
「“〇〇(旦那さんの名前)さんと一緒になって幸せでした。阿寺渓谷へ行ってきます”って書き置きが残ってた」
「今日一日消防で探したが見つからなかった」

 ××のおばさんっていっても、母の親類は多く、どのおばさんかわからない。
 聞けば、母の従弟の奥さんでした(三親等以上の親類はあまり把握していないですわ)。
 失踪したのは昨日の晩とのこと。もう日が暮れたので、消防の探索は打ち切られたとのこと。

「あんまり知らんかったけど躁鬱病だったらしい」
「阿寺渓谷が思い出の場所だったらしい」
「この間メロンを持ってきてくれたときは、躁状態だったんだわ…」

 あぁあのメロンね…。完熟で二個もあって食べきるのが大変だった…。

 翌朝。
 父と母と私で朝ご飯を食べながら、ポツポツ話す。
 どういうわけかその日の朝は母が聞いているラジオのスイッチが入っていなくて、無音状態。
 ラジオ聞くような気分じゃない感じ。
「どんな形でも見つかればいいけどね…」
「林道から外れて奥に入られるとわからんからな…」
 母は黙ってました。

 夕方。
 母から××さん宅に行ってくるというメールが入りました。
 何か進展があったか、様子を見に行ったのかなと思ったわけですよ。
 私が帰宅してからしばらくして、母が戻ってきました。

「金曜日に葬式になった。それでその日はお父さんが病院に行かなくちゃならないから…」
「ちょっと待って。見つかったんだね?」
「見つかった」

 阿寺川の河口にある橋から飛び降りて、木曽川のダムで見つかったとのこと。橋に靴の跡があったらしい。
 飛び降りる際に、頚椎を強打したのが致命傷になったとのこと。CTスキャンもして死亡原因が確定した模様。

「だから水もほとんど飲んでなくて綺麗な遺体だったよ」

 おおよそのことは分かったので、話を打ち切って母のご飯を用意をし始めました。が、親類から次々と電話が入ってきます。

「うん、金曜日に葬式になったから。綺麗な顔してたわよ。それでいいじゃないの」

 もう母は気持ちを切り替えていて、ショックを受けている親類たちを励ましてました。
 まぁそうすることであまり深く考えすぎないようにしているのかもしれない。

 父の通院やお葬式の時間等々で、当日私は有休を取って車で母たちの送迎をすることに。
 そんなわけで今日はお休みしてました。



 それにしても。
 70歳過ぎても尚、苦しんで自死という選択をすることもあるのか、と思いました。
 躁鬱病という病であったとしても。

 阿寺川の河口に私も夜に行ったことがあります。夏の暑い夜に何人かとでワイワイと行ったんですけどね。
 外灯の光で道路は照らされていたけれど、昼間とても綺麗な川は真っ暗で何も見えなかった。
 橋から水面まではかなり距離があって。ごうごうと水の流れる音しか聞こえない。
 まさしく深淵を覗きこむ感じですよ。

 お前が深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ

 というのはニーチェの言葉だそうですが。
 おばさんも橋の上から己の深淵を見たんでしょう。そして深淵に取り込まれてしまった。

 人生を深く美しく生きるのは難しい。
 己の深淵に取り込まれないようにするにはどうすればいいのか。
 私自身も試行錯誤が続きます。

(7/28)




 本日は~、コーラスのメンバーからお勧めされたお店へ服を買いに多治見へ~。

 とりあえずはランチということで、多治見市内にあるバーム・ド・フォレストへ。



 駐車場からお店に向かいます。森の中!!




 お店の外観も内装も素敵でしたー。
 やっぱ多治見までくると、カフェも洗練度が違う…。




 ランチはビーフストロガノフをいただきました。まずまずのお味!




 ここはもともとケーキ屋さんが開業したカフェらしいんですが、別注で頼んだデザートがとっても美味しかったです。
 ↑これはプリンセス・ペッシュというケーキ。多分、期間限定。
 ペッシュはフランス語で桃という意味らしいんですが、それならプリンセスじゃなくて、全部フランス語でプランセス・ペッシュにするべきなのでは。と思ったけどどうでもいい(笑)。
 お店の名前もなんかドイツ語なのか英語なのか混合になってるし。まぁいいか(笑)。




 デザート断面。カスタードクリームが詰まってます。
 口に入れると桃の果実とカスタードクリームがあっという間に溶けてなくなります。
 
大変美味しゅうございました。





 そーして今回の目当てである服屋さんへ。
 サイズ展開も豊富で、値段も安い。大体1,000円未満から3,000円程度。
 お勧めだけあって、いい服があったんですが…。残念ながら欲しい服はサイズがなかった!!
 サイズが豊富っていっても、やはりMサイズが多いんだよな~。
 でも安かったし、せっかくなので、カットソーを二着買っていきました。





 多治見から移動して土岐のアウトレットへ。
 雨なので人出は少なめ。それでも日曜日とあって結構いましたけど。




 フランフランやらルピシアやら、あちこちひやかした後、コールド・ストーンでアイスをいただきました。
 写真に二つありますが、一つは連れの頼んだアイスです。
 ここは注文するとお姉ちゃんお兄ちゃん達が英語歌詞の歌を歌ってくれますが、一人だけいたお兄ちゃんがなかなかのイケボでした。



 そんで帰りに恵那の本屋さんに寄ったんですが。
 そーいやここって恵那寿やの支店がすぐそこにあったじゃん!

 今の時期の恵那寿やと言えば。
かき氷。

 今日はすでにケーキとアイスを食べている…。どうする?
 まぁかき氷なんて、そんなにカロリーないよねっ!




 
頼んじゃいました。

 食べてきたよ!!桃フレッシュ!!友達は宇治ミルク頼んだよ!!
 桃フレッシュ!!桃のペーストとカットされた桃が入った超美味なかき氷!!
 かき氷を食べた後、冷えた体に沁みる暖かいお茶までついてサービスいいよね!


 そんなわけで今日は肝心の服の収穫はなかったんですが、美味しいスイーツを食べられたので、とっても満足☆☆☆だったのでしたよ。

(7/23)




 先日、会社での健康診断の結果が来たんですけどね。

 判定で
『血液一般検査で貧血の傾向を認めます。数ヵ月後の再検査をお勧め致します』とありました。

 結果をよく見たら、ヘモグロビンが下限
12.1g/㎗のところ、12.0でした…。下回ってるじゃん!!( ゚Д゚)
 そんでよくよく見たら、昨年は12.7で、一昨年は12.4なんですよ。そんなに高くないんですよ。
 
13くらいはないとキツイよね、と会社でも言われました。

 なんだよ…。朝いっつも身体がダルかったり、すぐ息切れしてたり、夏場でも足やらなんやら冷えたりしてたのって、もしかしてコレのせいだったんかよ…。
 血圧は正常値なのにおかしいと思ってたけど、ヘモグロビンのせいだったのか…。
 低血圧じゃなくて貧血だったとは…。

 だって、今まで何回も血液検査してるけど(生理中に倒れたこともある)、貧血なんて言われたことなかったから、問題ないと思ってたよ!
 
下限ギリギリだったんじゃん!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

 
鉄分摂らねば。

 あと先月から生理不順なので、市販の漢方薬を試そうと思ってます。なかなか夜は寝付けないし。足の冷えもキツイ。鬱気味な時もあるし。倦怠感ハンパない。きたよ更年期。

 でもなんかこれで、あーもーやる気ないなーとダラダラしたりする時の免罪符ができてしまったような気がする。
 貧血だから仕方ないよね。←ダメ人間。





 私が出掛けようとする気配を感じて、つまんにゃい顔をするゴンちゃん。
 このまま私が立ち上がると、『ダメ!オレと!一緒に!寝てるの!!』と訴えてくるので、とてもツライ(笑)。




 ゴンちゃんのおひげは白と黒が混じっていて面白い。

(7/16)




 お暑うございますね~…。
 今まで自室では暖かい紅茶を淹れて飲んでいたのですが、昨日からは水出し紅茶作り始めました。

 そういえば、南木曽の土砂崩れからちょうど今日で3年。新しい橋も出来てだいぶ整備されてきました。
 今、九州が大変な状況ですが、他人事でないですわ…。


※※※


 そうそう、このページのカラーがちょっとグレーっぽかったので、色を変えました。爽やかに。
 このページって3色くらいを季節ごとにローテーションで使いまわしているのですが、数年振りに色変えました。

 今、フラメンコ教室の先生からホームページ作成を頼まれているのですが、先生がスペインから帰ってきたので、ようやく本格起動。
 8月のコーラスのコンサートに向けて、チラシや歌詞カードを作ったりもしなきゃだし、なんだかいろいろ忙しいゾー!!

 仕事のダメダメっぷりに反して、プライベートでは人にいろいろ頼まれたりなんだりで、更年期なのかなんなのか鬱気味っぽくても、わりとそういうことで切り替えが出来るので乗り越えてる感じですわ。
 そしてゴンちゃんが私の癒しになっている(笑)。


 さて、今日は父たちを連れて、村内の睡蓮を見に行ってきました。




 うーん、年々ちょっと数が少なくなってきているかなー。手入れ大変なんだろうな。

 岐阜県関市にモネの池と言われてるところがありますが、ちょっと遠いですけど隣県でもありますし、そのうち行ってみたいです。




 睡蓮は好きな花のひとつですね。
 でも自宅で育てるにはちょっとハードル高いな。


※※※


 最近DIYに頑張る私ですが、
焼き網リメイク第二弾。キャベツボックス。




 アンティークワックスごりごり塗った!塗りこんだ!!
 しかし!出来は悪くないのですが、強度が…。やっぱ支柱あった方がいいかー!

 この他に100均フレームで作るショーケースに挑戦しているのですが、二つ作って二つ共失敗してます。
 どこで失敗するのかっていうと、今回は
サイズ
 ほらショーケースって立方体だから…。平面感覚で寸法を取って、組み立てている途中で、外寸と内寸の差を考えてなかったことに気付いたりするわけですよ。
 ネットでアップされてる作り方ってわりと大雑把だし。
 次回はかならず成功させてみせる…!キャベツボックスも!!

(7/9))




 はやも7月。一年の半分が過ぎちゃったゼ!!

 先週は地震でワインワミット行きを断念しましたが、今週は大雨でレジン教室がお休みに…Σ( ̄ロ ̄lll)
 空梅雨でも梅雨末期には大雨が降る定説!!
 だからさー、そんなに一気に降らなくてもいいんだって!!


 そんなわけでレジン教室はお休みになりましたが、それじゃつまらんねーということで、友達と近場のお店でランチ。

 お店に入ると、「昨日はお母さんが来ていただいて…、ありがとうございます」と挨拶される。
 まぁ村内だと利用できるお店が限られてますし、母がこのお店のオーナーさんと昔から懇意なので、その流れで顔を覚えられた模様('ω')
 (ちなみに昔、妹がバイトもしていた)

 しばらく休業していたのですが、新たにシェフが入られてリニューアルしたんですわ。
 イタリアンのシェフですが、地元の需要に合わせて和食の定食とかも出していて、好評です。
 駐車場が狭いのがちょっと難なんですが、頑張って続けていって欲しいなー。




 私はグラタン、友達はスペアリブ定食をいただきました。美味しかったです。
 道の駅よりお店は洗練された感じで、ちょっと近くで外食したいねーって時にいい感じ。

 お昼は定食しかやっていないんですが、夜に来るといろんなメニューがあるので、夜に行きたいですねー。


※※※


 昨年の今頃、ゴンちゃんは脱走を繰り返していて、私は100均の焼き網で脱走防止ガードを作ったのですが…。
 ご存知の通り、ゴンちゃんはネコ窓から出入り自由になってまして、脱走防止ガードは解体され現在は絶賛放置状態。

母:「あの焼き網なんとかしなさいよ」
私:「ちょっといろいろ考えているので待ってクダサイ」


 焼き網なんとかしなさいよっても十数枚あるんですよ。
 アレしかないですよ、
DIY


 
焼き網リメイク第一弾。



 
棚作ったった!!初めてのワイヤークラフト。
 100均でワイヤー買ってきて、ネットの画像を参考にしながらグルグル巻いたわけですが!
 ちょっと太めのワイヤーを買ってきちゃったので、硬くて曲げるの大変かも?と思ったら、
素手で簡単に曲がった( ゚Д゚)
 作業が楽でよかったんだけど、棚の両サイドの補強的な役割は期待できない…。まぁいいか。

 曲げるのは楽だったんですが、繋げるのにグルグル巻くのがちょっと面倒。
 あと一個くらい作ってワイヤークラフトは終了したい。これってグルグルを左右対称に作るのが難しい。不揃い不格好でも手作りの味ってことでいいんだけど。

 しかしまだ焼き網いっぱいあるんだぜ…。
 あとの焼き網はキャベツボックスを作ろうと構想中。すのこ買ってこなきゃー。


※※※




 地震にビビリ、雷にビビるゴンちゃん。

 名前を呼べば高確率ですり寄ってくるし、夜は一緒に寄り添って寝てるし、ちょっと抱き上げて膝に乗せることも出来ますし、すっかり私には慣れてるんですが、
私限定でして(´・ω・`)
 母たちにも結構慣れたものの、まだ完全に警戒心をといたわけではないんですねー。やっぱ逃げちゃうことの方が多い。
 でも名前を呼べば、母たちにも「にゃ!にゃ!」と返事はするので、「まぁこんなもんだわ」と父母、ゴンちゃん、お互いの存在を受け入れている様子です。

 しかし、昨日兄がやってきて、「こんな猫つまらん!!」と散々悪態をついていきました(どうもストレスが溜まって機嫌が悪かったらしい)。
 兄が来ると姿を隠すゴンちゃん…。

 兄はなー。先代のノンちゃんに私らが見ていないところで酒のつまみの裂きイカとかやってたみたいだからなー。
 「ダメじゃん!」と抗議したら「大丈夫だ!」と全く取り合わなかったという出来事があったりしましたし。
 自分の機嫌の悪い時とか八つ当たりしそうだし、あんまり動物を飼うには向いてない人だと思う。

 ゴンちゃんの平安のためには、兄は家にこな…(以下略)。

 まぁしかし、母たちや妹家族にはもうちょっと慣れて欲しいなー。

(7/2)



過去のToday's HOME