■2016年スケジュール[新着順]


●porcelain&glass
透明な花
平成28年11月29日(火)〜12月18日(日)
AM11:00-PM5:00(月曜日定休)

西垣 聡(ガラス)/片瀬有美子(磁器)

磁器とガラスによる美しく可憐な融合。
花に水を与えるように、磁器にガラスを組み合わせることで生まれる
新たな花を、是非ご高覧ください。


●脈脈と伝う 転転と巡る
百瀬 玲亜 漆 展
平成28年11月5日(土)〜26日(土)
AM11:00-PM5:00(月曜日定休)

草木が刻々と姿を変えて次へ繋ぐ様子を、形体と漆の質感で表しています。
その植物は端々しく拡がっていき、空間を装飾します。


ウエダ キヨアキの世界
平成28年10月15日(土)〜30日(日)
AM11:00-PM5:00(月曜日定休)

金沢初の個展です。
一度見たらわすれられない。
独自の価値観と世界観で見る人を惹きつける不思議な作品です。
まるで物語をみているように静かに語りかけてきます。


●時の欠片
松永 安正 展
平成28年10月4日(火)〜9日(日)
AM11:00-PM5:00

スペインの風景を超えた新しい境地の油画と、穏やかな気持ちにさせる
水彩スケッチを展示します。


化現−漆二人展−
平成28年9月27日(火)〜10月2日(日)
AM10:00-PM6:00

漆に具体的な姿を与える、生命感を持ったものとして表現する。
そういう意味を込めて「化現」という言葉を用いています。
二人の感性によって化現した漆の姿をご高覧ください。


朝間 名海(金沢美術工芸大学工芸科 漆、木工コース4年)


小島 康加(金沢美術工芸大学工芸科 漆、木工コース4年)


●視点
小坂 未央 ガラス展
平成28年9月6日(火)〜24日(土)
AM11:00-PM5:00(月曜日定休)

繊細で儚い気泡の模様で「包む」という奥ゆかしい所作で表現された作品です。
器、茶道具、オブジェ等異なるアプローチから凛とした美しさをお楽しみください。


澤谷 由子−青絲遊−
平成28年8月17日(水)〜9月4日(日)
AM11:00-PM5:00(月曜日定休)

染付とイッチンという技法を使い、糸を編み込んでいくような感覚で制作しています。
青絲(あおいと)が織りなす世界を楽しんでいただければと思います.


藤田 有紀の楽しい金属たち
平成28年7月26日(火)〜8月14日(日)
AM11:00-PM5:00(月曜日定休)
作家在廊日○初日7/26・7/31・8/7・8/14

どこかまぬけで、でもあいらしくて。
ずっとそばに置いておきたくなるような、金属のオブジェたち。
自分だけの物語を紡いでくれるいきものたちに、
ぜひ逢いにきてください。


●雪の器 水のかたち
保木 詩衣吏 ガラス展
平成28年7月6日(火)〜22日(日)
AM11:00-PM5:00(月曜日定休)

ガラスに 陶芸用の釉薬を使い描く作品は、うつりゆく
留まることのない自然、雪、落葉、泡などをモチーフにしています。


●際遭〈さいぐう〉
アジアで結ぶ作陶二人展
平成28年5月31日(火)〜6月19日(日)
AM11:00-PM5:00(月曜日定休)

張 蕙 敏(チャンフェイミン)
種はタイムカプセルのような物や植物の命が入った器といえます。
種の収集や型作り、複製の過程は自然と私と個人的な関係を確立することを
可能にしています。
1983年シンガポール生まれ
2014年金沢卯辰山工芸工房

李 岱 容 (リダイロン)
陶土の柔らかい性質を生かしながら、手びねりによる形成表現を通じて、
感情の膨張や圧迫、束縛を可視化しています。
人の皮膚を「膜」のようにすることで、自らの感情の視覚化を試みました。
1988年 台湾生まれ
2015年 金沢卯辰山工芸工房


着れなさそうで着れる服
使えなさそうで使えるカゴバック

平成28年5月17日(火)〜5月22日(日)
AM11:00-PM5:00

漆畑美智子(服)・小澤明子(籐)


葉桜の風に揺られて
平成28年4月17日(日)〜4月27日(水)
AM11:00-PM5:00

西尾賢一(木工)・山崎貞明(漆)
山崎文子(版画) ・小林真由美(ステンドグラス)


●宇宙とインディアン・夢の世界
小野木 裕 宇宙を旅する水彩画展
平成28年4月5日(火)〜4月14日(木)
AM11:00-PM5:30(月曜日定休)

100歳を迎える記念すべき、夢の世界をお楽しみください。


●山の上の春を弾く
垣田 堂 ギター演奏会
平成28年4月2日(土)①18:00開演 ②21:00開演
入場料/1,000円(珈琲付)

桜サク、卯辰山を上がる坂にはギター弾き。
山ノ上ギャラリーの「2つの部屋」にて、皆さまのお越しをお待ちしております。


●ゆったりと流れる時間とステキな作品
山ノ上デ、春ヲ楽シム。
平成28年3月10日(木)〜4月1日(金)
PM12:30-PM5:30(月曜日定休)

春一番恒例、今年も開催します!
いろいろなジャンルの作品が春を楽しんでます。