■ 爆(笑)問題による、TRINITY 解説

タナカ


さぁ、昨今のトリビュートアルバム流行の波に乗って、我々もゴダイゴのトリビュートがあったら、ってことでちょっと考えていこうと思います。この企画全体の司会進行を受け持ちます、爆(笑)問題です。

オータ かの相澤葦信はこう言った・・・

タナカ 誰だ、アイザワアシノブって?

オータ 「人間は、賞賛の証、つまりトリビュートが増えることで快感を感じることができる、唯一の動物である」

タナカ トリビアだ、そりゃ! 相澤葦信じゃねーよ、アイザック・アシモフだ!

オータ へぇ〜へぇ〜へぇ〜

タナカ へぇ〜じゃないよ、まったく!

オータ しかしだな、いいのかねぇ・・・

タナカ

なんだよ、今ちょっとしたカバー曲ブームで、ユーミンとか、尾崎とか、トリビュートアルバムって結構売れてんだせ。 つい、この間も百恵ちゃんのトリビュートアルバムが出たところだし。

オータ なんかなぁ・・・時節柄、その、トリ・・なんとかってのはなぁ・・、やっと被害も収まったとこなのに

タナカ 被害って、関係ねーだろ、鳥インフルエンザとは! こじつけるにも無理がある!

オータ なんだよ、この曲? 「On SARS Now」? (注: EGO盤ご参照)

タナカ 「On Sale Now」だよ。 どこ見てんだよ!

オータ 布袋の「B.S.E.

タナカ


「M.O.R.」! 無理やり間違うな! とにかく、このコーナーは、いずれホンモノのトリビュートアルバムが出るといいなぁという願いを込めて、これまで出てるカバー曲のデータベースを作ることと、ファンとして勝手にリクエストして、この人にあの曲をってのを楽しく盛り上げていこうとう企画なんだから。

オータ そう、うまく行くかね?

タナカ 分かんねーけどさぁ、ファンのそういう気持ちが広がっていけば楽しいじゃん。

オータ そうだな、蔓延するといいな。

タナカ だから、そういうややこしい言葉を使うなって。

オータ じゃ、伝染するといいな。

タナカ よけー悪りぃよ!

オータ 猛威ふるうると・・・

タナカ







もう、いいよ! とにかくだ、このコーナーでは、トリビュートアルバムの3つの可能性について考えていきます。 ひとつが「I盤」。 これは、もうすでに自分から、つまり“I”だ、ゴダイゴの曲をカバーして出してるアーティストの曲を集計してデータベースを作ろうというもの。 こっから選抜して、ひとつのアルバムに仕立てるという可能性もある。 ふたつ目は「EGO盤」っつーって、我々ファンが勝手に、この人にはこの曲歌って欲しいなぁってEGO丸出しで、リクエストしちゃう。 まぁ、これは実現しないだろうけど、じゃぁ実現したらどんなことになっちゃうかを考えるって試み。

オータ く〜っ、切ないな〜、妄想の中で遊ぶのって。

タナカ






切なかぁねぇよ。 けっこう、ハッとするよな楽しい提案が出てるんだぜ。 そんでもって、最終的には、いつの日にか、ゴダイゴをリスペクトするアーティストによる本当のトリビュートアルバムが、ここの企画で言うところの「GOD盤」ってのが出ますようにって願いを込めて、いろいろ楽しんでいこうという企画なわけ。 「GOD盤」のコーナーでは、ゴダイゴ・ファン著名人を紹介していこうと思います。 どうだ、夢があんだろ、いつか「ゴダイゴ・トリビュート」CDが出ますようにって願いを込めて。

オータ そして、大手CDショップHIVの店頭に並びますように!

タナカ HMVだ!  もういいよ!

[GOD][ I ][EGO]



■ Godiego Tribute[TRINITY] って?!
ゴダイゴのトリビュートアルバムが実現したら? どんなアーティストが、どんな曲を? いったいどんなアレンジで? いろんなことを考えて楽しもうと言う試みです。
皆さんの希望や妄想をお寄せください。 だから、どーこーするわけではありませんが(笑)、ほんのひと時、一緒に楽しみましょう。


■ Godiego Tibute [TRINITY] 解説
本企画は「GOD」 「I」 「EGO」の3本立てとなっています(各コーナーへは画像をクリックしてください)。 企画内容を、爆(笑)問題のふたり(架空)が、解説してくれます。 先ずは下記をご覧ください。


Back to Y's G TOP