Live History #03
MONKEY
1978



 1978年FMラジオで放送されたCharとのスタジオライブ。 ゴダイゴ最大のヒットとなるアルバム『Magic Monkey』発売の数ヶ月前のことである。 まだ“Magic”を手にする一歩手前の我らがゴダイゴは、その勢いにおいて若干Charに圧倒される感も否めない。 ゴダイゴがその“Magic”を持ってして全国を手玉にとるのは、もう少し後のことである。

 Charは後年(1989年)、石田長生とアコースティックギターによるデュオBAHOを結成する。 そのジャケットのイラストを江口寿史が担当している。 4コマ漫画も付いていて、Charを「馬」(彼の愛器“MUSTUNG”(暴れ馬)からの連想か?)、石田を「呆」(爬虫類ともなんとも云えぬ架空の生き物)として描いている。ふたり合わせて「馬呆」(BAHO)というわけである(「馬」のCharがギターの上手い「鹿」を見つけてコンビを迫るが、それでは「馬鹿」になると「呆」である石田に止められるというオチが付いている)。

 まだ魔法を知らず『Magic Monkey』になる一歩手前のゴダイゴは、この時は、まだ単なるMONKEYであったと言っておこうか。「馬猿」(ばえん?まえん?)ならば「馬鹿」にもならず、セッション出来たということかもしれない。

 当時「馬」は「猿」の群れの中から、太ったのと、背の高いのと、毛むくじゃらの3匹とのコンビ結成を熱望していたが、「猿」のリーダーが群れを尊重したお陰で分裂を免れた。

 が、「猿」にヒットが生まれなければ「馬」の願いは叶っていたかもしれない。ここで演奏された曲が、その後の「猿」のブレイクにつながることを思うと「馬」にとっては、歴史の皮肉ともいえるライブでもある。

 Charと組むか?、ゴダイゴで行くか? さまよえる(PILGRIMAGE)ブレイク寸前のゴダイゴの姿がここにある。 揺れるメンバーの思惑があったことにも思いを馳せながら聴くと、いっそう感慨深い演奏ともいえる。



●SET LIST #01
1. STEPPIN' INTO YOUR WORLD
2. TOMMOROW IS COMING FOR ME
3. THRILL
4. GANDHARA
5. YOU GOT THE MUSIC
6. MONKEY MAGIC
7. WONDERING AGAIN
ライナーノーツ(各曲解説)

★DATA #01
   Aired as : Studio Session w/Char      Aired in:1978
   Recorded at :Studio              Source:FM


●SET LIST #02

8. MONKEY MAGIC
9. UNDER UNDERGROUND
10.STEPPIN' INTO YOUR WORLD
11.GANDHARA
12.CELEBRATION
ライナーノーツ(各曲解説)

★ DATA #02
 Aired as : TV LIVE(「24時間テレビ 愛は地球を救う」) Aired in:27-Aug 1978
  Recorded at :Concert                  Source:TV


※ ライブのデータについては高崎さんのSTUDIO-Gの情報も参考にさせていただいています。
同ライブに関しての演奏メンバーや解説についてはSTUDIO-Gもご参照ください.

TOP Live 1 Live 2 Live 4 Live 5 Live 6 Live 7
Live 8 Live 9 Live10 Live11 Live12 Live13 Live14


Back to INDEX
Back to Einstein's Dilemma