Live History #06
1979-80
CROSSROADS



ゴダイゴにとっても、我々ファンにとっても大きな分岐点(CROSSROADS)となった、1980年。

 3月19日の神戸文化大ホールで行なわれた「ポートピア開催1年前記念式典ライブ」を最後に、スティーブがゴダイゴを脱退することとなった。

 これからはキリスト教伝導、十字架(CROSS)の道(ROAD)を歩むと決意したスティーブに、誰もが惜しみない祝福の拍手と応援のエールを送った。 ミッキーによる熱い贈る言葉と、その後に続く「威風堂々」のイントロが、万感の思いを伴って胸に響く。 互いに互いのこれからのJOURNEY(旅路)に幸あらんことを願って。

 そのライブに先立ち、同年(1980年)2月、メンバーがネパールへのツアーで留守の間に、レギューラー出演するラジオ番組『アブラカダブラ』の中で放送された前年末の武道館ライヴを中心に、別れ行くスティーヴ・フォックスにスポットをあてながら、当時の演奏を振り返ってみたい。




●SET LIST

1.HOLY & BRIGHT 10.LIGHTING MAN
2.CELEBRATION 11.PURPLE POISON
3.PEACE LIKE A RIVER 12.MAGIC MONKEY
4.TRY TO WAKE UP TO A MORNING 13.THE GALAXY EXPRESS 999
5.LEAVING FOR THE BETTER DAYS 14.YES, IT CAME
6.TAKE IT EASY 15.IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN
7.MAGIC CAPSULE 16.POMP AND CIRCUMSTANCE
8.PROGRESS AND HARMONY 17.GANDHARA
9.DRAGON'S COME ALIVE  ライナーノーツ(各曲解説)


                            
                               ★ DATA
     
            Aired as :  「アブラカダブラ」  Aired in:  1980.Feb20,27.
            Recorded at: 日本武道館(1979 Dec.19)  Source:AM

※ ライブのデータについては高崎さんのSTUDIO-Gの情報も参考にさせていただいています。
同ライブに関しての演奏メンバーや解説についてはSTUDIO-Gもご参照ください.


TOP Live 1 Live 2 Live 3 Live 4 Live 5 Live 7
Live 8 Live 9 Live10 Live11 Live12 Live13 Live14



Back to INDEX
Back to Einstein's Dilemma