Live History #07
1980
DISCOVERY





 スティーブが去った後もゴダイゴの旅は続く。 日本に留まらず、その活動範囲は海外へと広がっていく。 17世紀、新大陸や世界一周を目指して大海に乗り出していった冒険家(PATHFINDER)達のように、ゴダイゴのPIONER精神は衰えることを知らない。

 ライブは、ネパール、タンザニア、インド、ギリシャ、トルコ、タイ、スリランカ、セイシェル島、イギリスはロンドン、そしてニューヨークと世界中を飛びまわった後、1980年5月10日にNHKホールで行なわれた“久しぶり”の東京でのコンサート。 スティーブの後任の吉沢洋治加入前なので、ベースは助っ人の富倉安生である(公式放送音源として吉沢の加入、およびライブ演奏は、この年8月31日の24時間テレビなどで確認できる)。

 この年の第1弾シングル「Return To Africa」で、我々をいきなり赤道直下のサバンナに連れて行ったかと思うと、「兼高かおる世界の旅」のテーマ曲「Sights And Sounds」で、見知らぬ土地、新たな出会い、DISCOVERY(新発見)に満ちた旅路へと我々を誘(いざな)う。 「A Good Day」の最高にハッピーな演奏に、日本を飛び出し、新しい世界を見て触れてきたことの喜びと驚きが溢れている。
 いつか彼らのように旅に出たい、世界に向かって羽ばたきたい。 ライブを聞きながら目を閉じると、そんな思いに駆られた若かりし日々が蘇る。

 1977年の「ゴダイゴ号の冒険」が空想の世界だとしたら、1980年のこのライブは実写版「ゴダイゴ号の冒険」であろうか。
 さぁ、新しいスタートを切ったゴダイゴ号と共に、その音楽の翼に乗って、翔べ、世界へ!




●SET LIST

1.RETURN TO AFRICA 7.THE GALAXY EXPRESS 999
2.SIGHTS AND SOUNDS 8.WHERE'LL WE GO FROM NOW
3.Coming Together in KATHMANDU 9.BEAUTIFUL NAME
4.GANDHARA 10.A GOOD DAY
5.SO HARD TO LEAVE 11.PORTOPIA
6.JUST BE YOURSELF ライナーノーツ(各曲解説)


★ DATA

Aired as :  「ゴダイゴ ライブ スペシャル」  Aired in:  1980.Aug.05.
Recorded at: NHKホール(1980 May.10)  Source: NHK FM



※ ライブのデータについては高崎さんのSTUDIO-Gの情報も参考にさせていただいています。
同ライブに関しての演奏メンバーや解説についてはSTUDIO-Gもご参照ください.


TOP Live 1 Live 2 Live 3 Live 4 Live 5 Live 6
Live 8 Live 9 Live10 Live11 Live12 Live13 Live14



Back to INDEX
Back to Einstein's Dilemma