Live History #10
1981
PLATINUM


CG : thanks to Buku Buku Cargo





 新曲のプロモートでなく、アルバム制作の一環でもなく、もちろんタイアップのためでもない。 ただただ”今”の自分たちの音楽に対する欲望(Desire)をストレート表現したかのようなライブ演奏。

 ”desire”という単語の原義は「星がもってくるものを待つ」だそうだが、星々が天空を巡り運んで来るものは、夜明けであり(「Promise At Dawn」)、それは新しい一日の始まり、未来にほかならない(「The Future's Calling」)。 そこまでの流れを意識していたかどうかはうかがい知れぬが、公式未発表の2曲を核に見事に構成されたドラマティックなセットリストの中で繰り広げれらる至高(Platinum)のパフォーマンスである。
 
 新たな”僕らの時代”としての80年代を築けるか?! 開かれた未来(Future)は混沌としているが、確かに呼びかけて来ている。 そう、”The world is changing rapidly”と。




●SET LIST

1. Desire 6. Laughing In The Sunshine
2. Promise At Dawn 7. Leidi Laidi
3. The Future's Calling 8. The Road Of Silk And Spice
4. Final Show 9. Portopia
5. Good Morning World ライナーノーツ(各曲解説)


★ DATA

Aired as :  「Denon Live Concert」  Aired in:  1981.May.10.
Recorded at: Unknow  Source: FM



※ ライブのデータについては高崎さんのSTUDIO-Gの情報も参考にさせていただいています。
同ライブに関しての演奏メンバーや解説についてはSTUDIO-Gもご参照ください.


TOP Live 1 Live 2 Live 3 Live 4 Live 5 Live 6
Live 7 Live 8 Live9
Live11 Live12 Live13 Live14



Back to INDEX
Back to Einstein's Dilemma