「陶」TOPページに戻る
 

★ 主な入賞、入選作品を紹介します。
作品 作品 展覧会名・賞年代
采 流 全関西美術展(2002)
富島賞


イメージは「割れた岩肌を流れる水」です。 ちなみに「富島賞」は協賛の運送会社さんの賞です。 後で審査をしていただいた先生方からお聞きしたところ、ご年輩の先生方にはウケが 悪かったと聞きました。


第12回工会展(2002)
日工会賞


昨年の日展の作品によく似たものです。 この作品(去年の日展のもです)が何故か先生方にはウケが良いのです。

彩 刻


第11回日工会展(2001)
日工会賞

太古から存在している岩の表面を清らかな水が流れキラキラと光を放つ。 そのような積もり重ねられた年月と現在の一瞬の対比と調和をテーマに制作された存在感のある作品である。(審査員評)
彩 云* 第32回日展(2000)
入選
★入選のことば

※「云」はサンズイのついたものです
祈リノ天秤 第8回日工会展(1998)
新人賞
想 祭
第30回日展(1998)
入選
祭 花 器 第6回 「花の陶展」(1998)
京都新聞社賞
想 云−「春」 日工会展(1997)
新人賞

※「云」はサンズイのついたものです
黒化粧研出
文祭土器
第4回 「花の陶展」(1996)
奨励賞
想 云 第28回日展(1996)
入選